ホーム > 書籍 > 心不全看護 早見ガイド
表紙
 
 
新書判 オールカラー
160頁

定価 2,857円+税


ISBN
978-4-7760-1656-4

 
お申し込みフォームへ
目次をよむ
ページ見本をみる
 

 

商品番号601656

心不全看護 早見ガイド

監修/高岡勇子 
   
北海道大学病院 ICU・救急部ナースセンター
看護師長/集中ケア認定看護師
編集/石川幸司 
   
北海道科学大学 保健医療学部 看護学科 助教
急性・重症患者看護専門看護師

 呼吸・循環・症状のアセスメントに強くなる!
 うっ血所見の判断
 尿量やSpO2の異常
 重症度・悪化サインの把握
 ME機器装着中の注意点 …など

腕利きナースのポケットブック!

 
医師への報告、重症度に基づいたケアを現場で迷わずできる。

ページ見本をご覧下さい

主な内容
 【基礎知識編】心不全を理解しよう
 「急性・慢性」「左心・右心」「収縮・拡張」の見分け方
 前負荷、後負荷、収縮性の要点
 急性心不全の6つの病態
 心不全の症状
 左心不全、右心不全、低心拍症状のチェック

 
【アセスメント】
 うっ血所見は何で判断?脈拍はどこを触知しどう判断?
 多様な情報の中でどれがアセスメントに必要な情報かわかる
 情報収集(呼吸状態/循環動態/意識/X線、心電図などの検査所見)
 重症度把握


 
【治療】
 薬物の作用・副作用は?機器装着中どこに注意?
 行われている治療の意味と必要な観察点がわかる
 薬物療法(薬剤の作用・副作用と内服薬管理上の注意点など)
 非薬物療法(ME機器使用時の管理と安全確保のポイントなど)



 
【ケア】
 酸素化の方法は?苦痛緩和の体位は?精神的ケアは?
 重症度に合わせた呼吸,循環管理,水分出納などのケアがわかる
 重症度に基づいたケア
  (呼吸/循環管理/安静の保持/水分管理,精神的ケア)



 
【患者教育】
 日常生活の注意点は?心リハのプログラムは?
 生活する患者の視点でよりよい退院支援がわかる
 セルフケア
  (再発、再入院を防ぐための教育内容/服薬管理/日常生活指導など)
 「包括的心臓リハビリテーション」の進め方
  (運動療法の効果、プログラム、観察、注意点など)

 【看護レベルアップ編】観察したことの根拠を知ろう
 「起座呼吸」「頸静脈怒張」がなぜ起きる
 心不全患者の「腹水」「胸水」のメカニズム
 「吐き気」がなぜ起きる


目次をご覧下さい




★この商品の内容に関するお問い合わせは札幌デスク
 お急ぎの場合は、TEL(011)272-1821におかけください。  
※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。







 

前のページへ戻る このページの最初へ

前のページへ戻る Copyright (C) 2003-2013 nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671