ホーム > 書籍 >こうして減った! 転倒転落事故防止 リスクアセスメント&グループワーク
表紙  
 
A5判 256頁
+CD-ROM

定価 3,429円+税


ISBN
978-4-7760-1675-5

 
お申し込みフォームへ
目次をよむ
ページ見本をみる
 

 

商品番号601675

こうして減った! 転倒転落事故防止 リスクアセスメント&グループワーク


監修/大塚太郎 医療法人社団慶成会 理事長/医師/医学博士
執筆/中間浩一 医療法人社団慶成会 よみうりランド慶友病院
リハビリテーション室 室長/作業療法士/保健学修士

                      ※著者プロフィールはこちら

 事故件数の推移・過程の実際から導かれた
 具体的な対応策を紹介。

 現場の問題点と対応がわかる!


 防止策の討議に活用!


 すぐ役立つ!医療安全研修に効果大!


ページ見本をご覧下さい

 42項目の事故要因リストと
 予測に有効な12のリスクファクター
 顕在&潜在するリスクがわかる!


 第1部 こうして転倒・転落事故は減った
     〜ありのままの数字・実例で示す,改善への道のり
   第1章 転倒・転落事故防止の重要性
   第2章 実録「転倒・転落事故防止」への道のり
   第3章 転倒・転落事故のリスクファクター
   第4章 急性期病院における転倒・転落事故
   第5章 転倒・転落事故防止のための具体的な対策
   第6章 事故分析の重要性

 第2部 認知症ケアと気づきのチーム医療
     〜事故防止を根底で支え,促進するもの

   第1章 リハビリテーションとチームアプローチ
   第2章 認知症
   第3章 歩行補助具・車いす・トランスファー機器
   第4章 運動
   第5章 介護者の負担感
   第6章「気づき」を促すリスクアセスメント教育

目次をご覧下さい


 

  ケース1  歩行器は絶対に嫌だ
  ケース2 疲れたから押して
  ケース3 眠れないらしく、
ベッドで起き上がっている
  ケース4 自分でできますよ
  ケース5 ハンドバッグは必需品
  ケース6 風邪で寝込んだせい?
  ケース7 センサー対応を中止したら…
  ケース8 突然の大声に,周りの患者も落ち着きがなくなった
  ケース9 まだまだ自分一人で大丈夫!    →ページ見本をみる
  ケース10 「すぐに戻りますね」と言われたが…
  ケース11 あっちこっちで患者さんが立ち上がる…
  ケース12 ナースコールを押したけど,誰も来ないから…
  ケース13 いつもならすぐに横になるのに…  →ページ見本をみる
  ケース14 ひざかけに興味津々
  ケース15 退院後に何もできなくなると困るから,
自分でやります
  ケース16 「このまま待っていてください」
と言われたけど…。
  ケース17 おしゃべり友達が呼んでいる。
  ケース18 部屋に誰かがいる…
  ケース19 風邪で抗生物質内服中
  ケース20 面会に来た娘さんがそろそろ帰りそう
     
グループワーク演習シート&転落事故防止リスクファクターシート




★この商品の内容に関するお問い合わせは東京デスク
 お急ぎの場合は、TEL(03)5281-3721におかけください。

※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。

 



 

前のページへ戻る このページの最初へ

前のページへ戻る Copyright (C) 2003-2013 nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671