ホーム > 書籍 > 記載例でわかる!重症度、医療・看護必要度 評価・記録・監査 > 目次
目次

第1章 診療報酬制度と重症度,医療・看護必要度
(小倉嘉子,庭田歩美)

 ●現在の社会保障制度と診療報酬改定
 ●重症度,医療・看護必要度導入の経緯
 ●DPC(診断群分類:Diagnosis Procedure Combination)と重症度,医療・看護必要度
 ●DPCと重症度,医療・看護必要度の今後の課題
 ●平成28年度の診療報酬改定のポイント

 

第2章 重症度,医療・看護必要度の改定内容と評価項目
(中尾麻美,庭田歩美)

 ●各項目の改定内容
 ●アセスメント共通事項の改定内容
 ●評価の手引き
  重症度,医療・看護必要度に係る診療報酬上の取り扱い まとめ
 ●アセスメント共通事項
 ●B項目及び日常生活機能評価票の共通事項
 ●日常生活機能評価票のアセスメント共通事項
 ●C項目共通事項
 ●評価項目別解説

 《A項目
  1 創傷処置 (1)創傷の処置(褥瘡の処置を除く)【一般】【HCU】
  1 創傷処置 (2)褥瘡の処置【一般】【HCU】
  2 蘇生術の施行【HCU】
  3 呼吸ケア(喀痰吸引のみの場合を除く)【一般】
  3 呼吸ケア(喀痰吸引のみの場合及び人工呼吸器の装着の場合を除く)【HCU】
  4 点滴ライン同時3本以上の管理【一般】【HCU】
  5 心電図モニターの管理【一般】【ICU】【HCU】
  6 輸液ポンプの管理【ICU】【HCU】
  7 動脈圧測定(動脈ライン)【ICU】【HCU】
  8 シリンジポンプの管理【一般】【ICU】【HCU】
  9 中心静脈圧測定(中心静脈ライン)【ICU】【HCU】
  10 人工呼吸器の装着【ICU】【HCU】
  11 輸血や血液製剤の管理【一般】【ICU】【HCU】
  12 肺動脈圧測定(スワンガンツカテーテル)【ICU】【HCU】
  13 特殊な治療法等(CHDF,IABP,PCPS,補助人工心臓,ICP測定,ECMO)【ICU】【HCU】
  14 専門的な治療・処置 (1)抗悪性腫瘍剤の使用(注射剤のみ)【一般】
  14 専門的な治療・処置 (2)抗悪性腫瘍剤の内服の管理【一般】
  14 専門的な治療・処置 (3)麻薬の使用(注射剤のみ)【一般】
  14 専門的な治療・処置 (4)麻薬の内服,貼付,坐剤の管理【一般】
  14 専門的な治療・処置 (5)放射線治療【一般】
  14 専門的な治療・処置 (6)免疫抑制剤の管理【一般】
  14 専門的な治療・処置 (7)昇圧剤の使用(注射剤のみ)【一般】
  14 専門的な治療・処置 (8)抗不整脈剤の使用(注射剤のみ)【一般】
  14 専門的な治療・処置 (9)抗血栓塞栓薬の持続点滴の使用【一般】
  14 専門的な治療・処置 (10)ドレナージの管理【一般】
  14 専門的な治療・処置 (11)無菌治療室での治療【一般】
  15 救急搬送後の入院【一般】

 B項目
  1 床上安静の指示【日常生活】
  2 どちらかの手を胸元まで持ち上げられる【日常生活】
  3 寝返り【一般】【ICU】【HCU】【日常生活】
  4 起き上がり【日常生活】
  5 座位保持【日常生活】
  6 移乗【一般】【ICU】【HCU】【日常生活】
  7 移動方法【日常生活】
  8 口腔清潔【一般】【ICU】【HCU】【日常生活】
  9 食事摂取【一般】【ICU】【HCU】【日常生活】
  10 衣服の着脱【一般】【ICU】【HCU】【日常生活】
  11 他者への意思の伝達【日常生活】
  12 診療・療養上の指示が通じる【一般】【ICU】【HCU】【日常生活】
  13 危険行動【一般】【ICU】【HCU】【日常生活】
  B項目及び日常生活機能評価の記録ポイント

 C項目
  C項目に共通する判断の手がかり
  1 開頭手術【一般】
  2 開胸手術【一般】
  3 開腹手術【一般】
  4 骨の手術【一般】
  5 胸腔鏡・腹腔鏡手術【一般】
  6 全身麻酔・脊椎麻酔の手術【一般】
  7 救命等に係る内科的治療 (1)経皮的血管内治療【一般】
  7 救命等に係る内科的治療 (2)経皮的心筋焼灼術等の治療【一般】
  7 救命等に係る内科的治療 (3)侵襲的な消化器治療【一般】

 《その他
  1 看護計画に基づいた専門的な指導
  2 看護計画に基づいた専門的な意思決定支援

 記載事例

 

第3章 重症度,医療・看護必要度評価者の育成(安藤泰子)
 重症度,医療・看護必要度に関する研修
 重症度,医療・看護必要度の評価者認定の要件

 

第4章 重症度,医療・看護必要度に係る記録監査
(山中真理,庭田歩美)

 ●監査体制の構築
 ●一次監査の体制
 ●二次監査の体制
 ●三次監査の体制
 ●監査の有効性

 

別冊 評価項目 解説ハンドブック


 

 

前のページへ戻る このページの最初へ

前のページへ戻る Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671