ホーム > 書籍 > 自己理解・対象理解を深める プロセスレコード
表紙  
 

4月10日刊行
B5判 80頁

定価 1,900円+税


ISBN
978-4-7760-1834-6

 
お申し込みフォームへ
 
ページ見本をみる
※見本は第1版のものです

 

 

商品番号601834

自己理解・対象理解を深める プロセスレコード

プロセスレコードが書ける,読める,評価できる本

編著/長谷川雅美 金沢医科大学 看護学部 精神看護学 教授



プロセスレコードの分析・考察のポイントが理解できる!
「評価の視点」がわかる!
精神看護学や基礎看護学のサブテキストに最適。


主な内容

第1章 プロセスレコード入門
 1.プロセスレコードとは何か
 2.プロセスレコードと看護場面の再構成
 3.プロセスレコードの活用目的・方法
 4.プロセスレコードと看護記録の関係
 5.プロセスレコードの諸様式

第2章 プロセスレコード記述・評価の方法
 1.プロセスレコードの記述方法
 2.プロセスレコードの評価方法
 3.自己評価のための7つの視点
 4.プロセスレコードの評価と活用における注意点
 5.プロセスレコードの教育的効果

第3章 プロセスレコード記述事例集
 事例1 どうしてこのような結果になってしまったのだろう
 事例2 あの時の患者の言動が気にかかる
 事例3 私は十分に患者の思いを受け止めていただろうか?
 事例4 うまくコミュニケーションが展開したのはなぜ?(1)
 事例5 うまくコミュニケーションが展開したのはなぜ?(2)
 事例6 突然の思いがけない発言に戸惑ってしまった(1)
 事例7 突然の思いがけない発言に戸惑ってしまった(2)
 事例8 患者の病的体験にどうかかわったらよかったのか?
 事例9 私のかかわり方はこれでよかったのだろうか?
 事例10 なぜ患者の思いに気づけなかったのだろう
 事例11 患者が初めて心を開いた応対をしたのはなぜ?
 事例12 かかわりのきっかけがつかめなかった自分を反省したい
 事例13 病識のない人に,どうかかわったらよいのだろう?

ページ見本をご覧下さい
※見本は第1版のものです





★この商品の内容に関するお問い合わせは大阪デスク
 お急ぎの場合は、TEL(06)6262-3215におかけください。
 
※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。



 

前のページへ戻る このページの最初へ

前のページへ戻る Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671