ホーム > 書籍 > 脳の看護 ポイントチェック
商品番号601849
 A6判 96頁 定価2,000円+税(ISBN 978-4-7760-1849-0)


 
       




★この商品の内容に関するお問い合わせは名古屋デスク
 お急ぎの場合は、TEL(052)569-5628におかけください。 

※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。



画像・観察ポイント“ここだけ”押さえる!
脳の看護 ポイントチェック

著者/池田 亮
名古屋第二赤十字病院 脳卒中リハビリテーション
看護認定看護師
A6判 96頁 定価 2,000円+税(ISBN 978-4-7760-1849-0)
初心者がサッと現場で大事なことを確認できる!
・機能解剖
・画像・症状の見方
・アセスメントツール
図解で観察ポイントがわかる!
機能解剖の図と照合して症状を確認!

主な内容

1.解剖と画像
 ●脳の構造
 ●脳のスライス画像
 ●ブロードマンの脳地図
 ●ペンフィールドの脳地図
 ●視床の解剖と機能
 ●大脳基底核
 ●脳幹の断面図
 ●脳12神経
 ●小脳
 ●スライスと錐体路

2.画像の見方と機能解剖と観察ポイント
 ●脳梗塞
  ・アテローム血栓性脳梗塞
  ・境界領域(分水嶺)
   梗塞(Watershed infarction)
 ●心原性脳塞栓症
 ●出血性梗塞
  ・ラクナ梗塞
  ・ラクナ症候群
  ・BAD(Branch atheromatous disease)
 ●脳出血
 ●くも膜下出血(SAH)
  ・最も重大な合併症:再出血
  ・他の合併症:血管攣縮(vasospasm)
  ・SAH発症後に続発する低ナトリウム血症
  ・水頭症
 ●脳浮腫
 ●頭蓋内圧亢進
  ・脳ヘルニアの症状進展
  ・障害部位と高次脳機能障害

3.MRA・3DCTA,DSAの見方
 ●血管の解剖
 ●脳動脈灌流領域

4.観察のポイント
 ●JCS/GCS
 ●AIUEOTIPS
 ●瞳孔不同
 ●対光反射
 ●眼球運動
 ●共同偏視
 ●離床時の観察ポイント
 ●肺血栓塞栓症の可能性予測

5.治療と評価スケール
 ●経静脈的血栓溶解療法(rt-PA)
 ●NIHSS
 ●rt-PA施行後の観察
 ●ドレーン
 ●MMT/BRS
 ●せん妄スクリーニング・ツール(DST)
 ●RASS(Richmond Agitation-Sedation Scale)
 ●CAM-ICU
 (Confusion Assessment Method for the ICU)
 ●日本語版ニーチャム混乱・錯乱状態スケール
 (J-NCS)

 

 

前のページへ戻る このページの最初へ

前のページへ戻る Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671