1977 財団法人日本総合研究所 名古屋事業所(略称:日総研)を開設し、
医療看護に特化した研修・出版事業を開始。
1983 出版部門を分離独立し、株式会社日総研出版を設立。
日総研グループとして看護分野の研修・出版事業を全国展開。
1986 編集・デザイン・印刷・製本業務を担う株式会社日総研印刷を設立。
1987 東京・大阪に事務所を開設。
デジタル情報化時代に向け電子組版編集システムを導入。
1988 福岡・仙台に事務所を開設。
1989 物流業務を担う日総研グループ商品センターを開設。
1990 広島・札幌に事務所を開設。
1993 介護分野の出版・研修事業に参入。
社団法人 日本マネジメントスクールが日総研グループに参画。
1994 通信教育事業を開始。
会員制広報紙『日総研通信』を創刊。
日本初、看護師の就職説明会「病院展」を延べ20都市以上で開催。
1995 社内ネットワークシステムを構築。
(グループウェア・ロータスノーツを導入)
1996 経営支援会社として株式会社縁(えにし)が日総研グループに参画。
会員制受託研修事業に本格参入。
米・英・豪の先進医療・看護を学ぶ海外施設視察研修事業を開始。
1997 豪州公立グリフィス大学と事業提携し、
「通信制看護学士・修士コース」を開講。
米国アロマテラピー&ハーバルスタディ研究所と事業提携し、
「アロマセラピスト米国資格取得コース」を開講。
1998 日総研グループ縁ビル竣工。本社を移転。
インターネット時代に対応し、Web制作部門を設立。
ホームヘルパー2級養成事業に参入。
2000 豪州公立ラ・トローブ大学と事業提携し、
「通信制看護学士・修士コース」を開講。
2001 財団法人日本総合研究所・社会福祉士養成所
(厚生労働大臣指定・一般養成施設)を開校。
2004 日総研ビル竣工。本社を移転。
顧客サービス向上のため、日総研グループお客様センターを開設。
2009 執行役員制度を導入。
財団法人社会開発研究センターが日総研グループに参画。
2010 優良申告法人として名古屋西税務署から表敬を受ける。
2011 日本セラピューティックケア協会と事業提携し、
「セラピューティック・ケアセラピスト認定資格講座」を開講。
2012 制度改革に伴い一般財団法人日本総合研究所に移行。
2014 社会貢献プロジェクトをスタート。
一般社団法人看護&介護ひとづくり協会を新たなグループ法人として
設立し、「日総研 接遇大賞」を創設。
2015 第1回「日総研 接遇大賞」に全国12病院・介護施設を認定。
2016 優良申告法人として2回目の表敬を名古屋西税務署から受ける。
第2回「日総研 接遇大賞」に全国7病院・介護施設を認定。
2017 一般財団法人日本総合研究所・社会福祉士養成所(一般養成施設)の
短期養成コース(愛知県指定)を新規増設。
日総研グループ40年を迎える。
創業者の卒寿、創業メンバーの喜寿を祝う有志の会を開く。

経営陣 グループ6社の紹介 │ 日総研グループの歩み│ 連絡先