ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 高齢者安心安全ケア実践と記録> 3・4月号目次


 

 3・4月号 目次

特集1

医療的ケア指導「何か変だな」に気づく
視点の育て方


介護職が実施可能な医療的ケアの現状と課題
社会福祉法人寿光会 特別養護老人ホーム天恵荘 看護部長
黒田美穂    


喀痰吸引等が必要な利用者の
「何か変だな」を指導するポイント

社会福祉法人クオラ 特別養護老人ホームマモリエ 生活サービス課 課長
藤田美香


経管栄養をしている利用者の
「何か変だな」に気づくための指導ポイント

社会福祉法人白寿会 特別養護老人ホーム白寿園 看護師
堂脇清美


入居者の異変に気づくことができる
介護職を育成するための研修体制

医療法人クオラ 介護老人保健施設クオリエ 施設サービス管理部長
宇治野由美子


 

特集2

認知症の人の「個性」「人生歴」
「生活習慣」の把握とケアプランへの反映方法


認知症の人のアセスメントに必要な視点と留意点
NPO法人ヘルプとサポート22 理事長/株式会社ケアアクセス 代表取締役
冨永和美


認知症の人の個性・人生歴・生活習慣を
ケアプランに生かすポイント

医療法人翼望会 介護老人保健施設あさひ 介護士長
半田英男


その人らしさを反映させた
認知症の人のケアプランの実際

株式会社照和 デイホーム照和 ホーム長/介護コンサルタント
齋藤和孝


認知症で意思の疎通が難しい人の
看取り期のケアプランの実際

社会福祉法人飯田福祉会 特別養護老人ホーム高砂荘新館 施設長
深町仁美


 

特集3

利用者とかかわる時間を増やすために!
スタッフの残業を減らす業務改善4つの鉄則


「利用者と一緒に行う」というコンセプトで
業務改善を実践し残業を減らすことにつながった取り組み

有限会社トッツ デイサービスセンター ふぁみりぃ 所長
橘高裕行


記録システムの簡素化・記録時間の
短縮を実践して残業を減らす取り組み

社会福祉法人幸尋会 特別養護老人ホーム養徳園 事務長
樺山貴士


無駄を省いた会議・委員会の
運営を実践して残業を減らす取り組み

社会福祉法人恵仁会 特別養護老人ホーム 鹿屋長寿園 施設長
林田貴久


施設内の多職種連携強化と
良質なコミュニケーションを行うための環境づくり

社会福祉法人美明会 特別養護老人ホーム義明苑 施設ケアマネジャー
水野直子


 

新連載

色のチカラで施設の環境を改善!
カラーセラピーのすすめ

一般社団法人日本ユニバーサルカラー協会(UNICA) 理事長
南 涼子


 

連載

スキンシップで寄り添う気持ちが伝わる
写真でわかるハンドセラピー 第2回

幸(高)齢者ハンドセラピスト 看護師
山本千鶴子


いつもと何かが違う!
高齢者の観察ポイントと急変時の対応
 第23回
阪和住吉総合病院 副院長
美濃良夫


介護職も利用者も
ハーブで癒やされて元気になる 第3回(最終回)

ハーブサイエンスアカデミー 学長
窪田利恵子


施設利用者と家族の肖像
ケアコーディネーター戦記 第7回

社会福祉法人信和会 特別養護老人ホームおきなの杜
ケアコーディネーター/看護師
小村一左美


 

 

 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671