ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 高齢者安心安全ケア 実践と記録
 
商品番号【9-10月号】3360900
商品番号【11-12月号】3361100
商品番号【1-2月号】3370100

 

隔月刊誌 高齢者安心安全ケア 実践と記録





 ※別冊等の特典は,日総研に直接年ぎめ購読をお申し込みいただいている方のみになります。
  ※特典はなくなり次第終了させていただきます。




 
 17年1-2月号

春からでは遅すぎる!
新人職員を迎え入れる体制と
教育研修計画づくりのコツ

今年の春に新しく入職してくる新人介護職員を効果的に育成するためにも組織の体制や教育研修計画について早期に取り掛かることが望ましいと言えます。本特集ではそれらの取り組みについて具体的に紹介します。


利用者とその家族に寄り添う
看取り介護のステージ別の状態
アセスメントと介護介入

利用者とその家族の思いを尊重した看取りケアをするためには、最期までその人らしい人生を過ごしていただくことが必要です。一人の利用者の死に逝く過程の中でいかにアセスメントとアプローチをしていくかについて解説します。

個別性と安全性に着目した
エンジョイアクティビティ実践事例

利用者の心身機能に働きかける有効なアクティビティを実践していくためにも、介護専門職が利用者の個別性にも着目し、利用者がやる気を出て安心して取り組めるようなアクティビティの実践事例を紹介します。


 
 17年 3-4月号

介護職への医療的ケア指導
「何か変だな」に気づく視点の育て方

介護職が実施可能な医療行為(医療的ケア)が広がるなかで、介護職を育てる立場の人が、介護職に「何か変だな」と利用者の体調変化に気づけるようになるための指導・教育について、事例を通じて分かりやすく解説します。


認知症の人の「個性」「人生歴」「生活習慣」の
把握とケアプランへの反映方法

認知症の人の「その人らしさ」をアセスメントするには、その人の「個性」や「人生歴」や「生活習慣」などをしっかり把握することが大切です。それらを専門職として理解した上でケアプランへ反映させる方法について解説します。

利用者とかかわる時間を増やすために!
スタッフの残業を減らす業務改善4つの鉄則

利用者と直接かかわる時間を増やすためにも、介護職員の残業の原因になる間接的な業務を減らしたり、効率化を図ったりしていくことが必要です。さまざまな業務の見直し、改善、工夫の取り組みを紹介します。


 
 17年 5-6月号

ストレス軽減に向けた効果的なサポートを!
介護スタッフの「メンタルヘルス不調ゼロ」大作戦!

介護現場では、介護スタッフが人間関係に悩み、ストレスで離職したり、利用者に虐待したりするケースが少なからず見受けられます。そのような事態を防止するための介護スタッフへのメンタルヘルス対策の理論と取り組みを紹介します。


重大な介護事故への発展を防ぐ!
【場面別】リスクアセスメントのコツと記録のポイント

介護現場において、重大事故へ発展させないためにも、日常業務においていかにリスクアセスメントを施し、記録していくかが重要です。事故が起きやすい場面を想定しながら、それらのポイントを事例をまじえて分かり易く解説します。

「レビー小体型」「前頭側頭型」「若年性」…
認知症の原因疾患に応じた「良いケア」と「悪いケア」

認知症の原因疾患の中でも、増加傾向にある「レビー小体型認知症」と、ケアが難しいとされる「前頭側頭型認知症」、さらに最近社会問題化されている「若年性認知症」について、それぞれの原因疾患に応じたケアの事例と留意点を解説します。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。





◆その他のバックナンバーはこちら

 


★この商品の内容に関するお問い合わせは東京デスク
 お急ぎの場合は、TEL(03)5281-3721におかけください。

※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。





お申し込みの際は下記のボタンをクリックしてください 。
お客様情報入力画面に進みます。


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671