ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 臨床助産ケア スキルの強化 >今後の特集予定

特集ラインナップ

2016年
11・12月号

 

症例で紐解く 産科出血の判断・対応
出血の徴候に気づくための観察力と緊急時の対応ポイントを解説!

 ●産科出血の基礎知識
   名古屋第一赤十字病院 総合周産期母子医療センター長 古橋 円

 ●産科大量出血に備えた心構え・準備と現場で求められる瞬時の判断・対応
  〜児娩出後出血多量の事例から

   社会福祉法人聖隷福祉事業団 総合病院聖隷浜松病院
   総合周産期母子医療センター 産科病棟 母性看護専門看護師
   助産師 爪田久美子 ほか

 ●常位胎盤早期剥離(1)
   岐阜大学医学部附属病院 東4階病棟(成育医療・女性科)
   看護師長/助産師 齋藤久美子 ほか

 ●常位胎盤早期剥離(2)
   千葉市立海浜病院 産婦人科病棟 助産師 粟倉朋枝

 ●弛緩出血(1)
   徳山中央病院 周産期センター 看護師長 岸川佳江

 ●弛緩出血(2)
   伊那中央病院 産婦人科病棟 師長/助産師 小椋悦子

 ●癒着胎盤
   高知県・高知市病院企業団立 高知医療センター
   すこやかB(産科)フロア 看護副科長/母性看護専門看護師 有澤良子


周産期メンタルヘルスの最新知識と効果的な支援
早期発見、介入を実践するために必要な具体策・情報収集のポイントを紹介

 ●周産期メンタルヘルスの基本知識
   兵庫医科大学病院 精神科神経科 講師 清野仁美 ほか

 ●家族背景が複雑な精神疾患を持つ妊婦へのかかわり
   獨協医科大学病院 総合周産期母子医療センター 産科部門 師長 佐藤君江

 ●周産期メンタルヘルスへの取り組みと産後うつ病既往のある妊婦へのかかわり
   地方独立行政法人 長野県立病院機構 長野県立須坂病院
   南3階病棟(混合病棟)助産師/副看護師長 高山美穂 ほか

 ●養育意思はあるが,統合失調症で,育児能力に不安のある妊産婦への支援
   東北大学病院 総合周産期母子医療センター 東6階病棟
   副看護師長/助産師 伊藤直子 ほか

 2事例の比較に見る妊娠中期のかかわり方と支援の重要性
   長野赤十字病院 地域周産期母子医療センター
   新生児集中ケア認定看護師/係長/助産師 澁澤美穂子

 妊娠・入院が契機となりメンタル不調となった妊婦の事例
   医療法人緑生会 あびこクリニック 臨床心理士/助産師 尾崎きよみ

特別企画

 母親の意思決定を重視した母乳育児支援
   群馬大学医学部附属病院 南3階(産科婦人科)病棟
   副看護師長/助産師 門屋恵美

※2016年11・12月号の目次はこちら



2017年
1・2月号

 

異常を見逃さない!
胎児心拍数モニタリングの観察ポイント
波形の見方のコツ、注意すべき点を症例と共に解説!

 胎児心拍数のモニタリングの基本
 ●胎児心拍数モニタリング判読のコツ
 ●症例で視る・診る・看る 胎児心拍数モニタリング
 
胎児機能不全の見極めと対応
   昭和大学 横浜市北部病院 産婦人科 助教 土肥 聡

 分娩時の異常の早期発見とその対応
   四国こどもとおとなの医療センター MFICU 副看護師長/助産師 岩田千恵


出産後の疲れた身体・心を整える!
“産後ケア”の今
「今求められていることは?」「効果的な支援とは?」の
疑問を先進施設の取り組みを基に解決!

核家族化などによる家族機能の低下、地域で子供を育てる意識の希薄化などにより、孤立して育児に不安を抱える親や子供への虐待件数も増加しており、大きな問題となっています。様々な施設で導入が始まっている産後(産褥)ケア入院の取り組みについて、導入〜実践のプロセスから実際のケア内容まで詳しく紹介します。

 自宅生活に対する不安を解消する「産褥入院」
   国立病院機構甲府病院 地域周産期医療センター 師長 加藤眞紀 ほか

 総合病院でもできる!産後ケア入院受け入れまでの取組み
   千葉県済生会習志野病院 3階西(産婦人科・眼科・内科)病棟
   看護師長 小島智子

 産後ケア入院・デイケアの導入プロセス
   中電病院 4階病棟(産婦人科) 看護師長 竹内良子 ほか

 助産師の専門性を発揮する産後ケア導入と運営
   公立西知多総合病院 5階東病棟(産婦人科を含むレディース病棟)
   看護師長 草 智美

特別企画

 「産まなきゃよかった」「おっぱいはやめたい」と
  泣きながら相談された高齢初産婦の事例

   新百合ヶ丘総合病院 産婦人科病棟 師長/助産師 児玉寿美子

 安全・安心な助産ケアへの取り組み 人材育成に焦点をあてて
   国際医療福祉大学病院 看護部 副看護部長/助産師 櫛田恵津子



2017年
3・4月号

 

“今どきの妊産婦”の特性を考慮した保健指導
現代の妊産婦の傾向や環境などを踏まえたアプローチ法を紹介!

〈総論〉
 現代の妊産婦の特徴と課題
   信州大学 医学部保健学科 小児・母性看護学講座 教授 金井 誠
〈各論〉
 パートナーがいない(問題のある)若年妊産婦
 ●精神疾患を持つ妊産婦
 不妊治療を経て妊娠した妊産婦・超高齢出産の妊産婦
 ●外国人妊産婦・食生活に問題のある妊産婦
 ●仕事を続けながらの妊娠、出産、育児に不安を抱えている妊婦 ほか

   医療法人社団石鎚会 田辺中央病院 3号病棟 助産師 矢形真由美
   国立病院機構 浜田医療センター 4階北病棟
   副看護師長/助産師 平藪朋子 ほか
   広島市立安佐市民病院 北3病棟 主任看護師/助産師 岡田美穂
   岡山済生会総合病院 産科病棟 看護師長/助産師 多田幸子


混合病棟における助産ケアの質確保
安心で安全な出産環境を実現するための方策を臨床事例から学ぶ!

   労働者健康安全機構 千葉労災病院 産婦人科・内科病棟 看護師長 貫井千絵
   地域医療機能推進機構 中京病院 27病棟 助産師 吉田京子
   大森赤十字病院 3階病棟(産科・小児科)看護師長 橘田久子
   高知赤十字病院 産婦人科病棟 看護師長 渡邉 文
   珠洲市総合病院 2階東病棟 助産師 新谷 望
   横浜南共済病院 産婦人科・小児科・外科 女性診療病棟 師長 山崎利枝

特別企画

 社会的ハイリスク妊婦の支援充実を目指した支援外来開設の実際
   医療法人社団向日葵会 まつしま病院 助産師 幸崎若菜


2017年
5・6月号

 

母体・新生児搬送における
判断・対応・チーム連携
“受け入れ側”“送る側”双方の視点と症例を掲載!


快適なマタニティライフを実現するための支援
各施設で人気のケアや教室などの効果的な取り組みを詳しく紹介!


2017年
7・8月号

 

東洋医学のエッセンスを取り入れた
助産ケア・管理のポイント
妊産婦特有の不定愁訴や悩みに有効な知識・スキルを!


産科領域における
施設・地域間連携の実際
切れ目のない効果的な体制を実現しハイリスク妊婦の産後を支援!


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671