ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 臨床助産ケア スキルの強化 >今後の特集予定

特集ラインナップ

2017年
3・4月号

 

“今どきの妊産婦”の特性を考慮した保健指導
現代の妊産婦の傾向や環境などを踏まえたアプローチ法

 現代の妊産婦の特徴と課題
   信州大学 医学部 保健学科 小児・母性看護学領域 教授 金井 誠

 ●精神疾患を持つ妊産婦への保健指導
   医療法人社団 石鎚会 田辺中央病院 3号病棟
   周産期センター 助産師 増井周子 ほか

 特定妊婦ヘの妊娠中からの指導と母子支援
   地方独立行政法人 広島市立病院機構 広島市立安佐市民病院
   北3病棟(産婦人科病棟) 主任看護師/助産師 岡田美穂 ほか

 心身に障がいを持った妊婦への保健指導
   独立行政法人 国立病院機構 浜田医療センター
   4階北病棟(混合病棟) 副看護師長/助産師 平藪朋子 ほか

 ●社会的ハイリスク妊産褥婦に対する切れ目のない支援
   岡山済生会総合病院 産科病棟(混合病棟) 師長心得/助産師 多田幸子 ほか


混合病棟における助産ケアの質確保
安心で安全な出産環境を実現するための方策を臨床事例から学ぶ

 ●助産師の専門性の創出・病棟の強みを生かす工夫
   独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)中京病院
   27病棟(産科混合病棟) 助産師 吉田京子 ほか

 ●産科混合病棟での助産師の専門性を生かす取り組み
  
〜安全・安心な妊娠,出産環境の提供〜
   高知赤十字病院 産婦人科病棟 看護師長 渡邉 文

 ●合病棟における安全で満足度の高い支援の提供
  〜高齢化・過疎化が進む地域での連携と継続的な支援
   珠洲市総合病院 2階東病棟 助産師 新谷 望

 ●看護師との協働関係強化と助産師のモチベーション向上
   国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院
   産婦人科・小児科・外科・女性診療病棟 看護師長 山崎利枝

 ●他科患者と褥婦を同時に担当しない受け持ち制
   大森赤十字病院 3階病棟(産婦人科・小児科) 看護師長 橘田久子 ほか

特別企画

 「支援外来」開設の実際
  
〜社会的ハイリスク妊婦の支援充実を目指して
   医療法人社団向日葵会 まつしま病院 助産師 幸崎若菜

※2017年3・4月号の目次はこちら


2017年
5・6月号

 

母体・新生児搬送における
判断・対応・チーム連携
“受け入れ側”“送る側”双方の視点と症例

 ●搬送する側の施設から
   稲毛バースクリニック 看護課 師長 山崎えり子 ほか
   医療法人双藤会 産科・婦人科 藤東クリニック 助産師 玉原真美

 ●受け入れ側の施設から
   愛媛大学医学部附属病院 1号館5階病棟
   (周産期母子センター/産婦人科) 看護師長 笠屋千晶 ほか

   佐久総合病院 佐久医療センター 周産期センター 師長 深町京子
   半田市立半田病院 周産期センター 助産師
   新生児集中ケア認定看護師 家田美穂

   姫路赤十字病院 NICU 看護師長 大谷悠帆 ほか


快適なマタニティライフを実現するための支援
各施設で人気のケアや効果的取り組み

   公益財団法人 聖バルナバ病院 産科外来 看護師長 助産師 大西幸恵 ほか
   医療法人財団 足立病院 院内助産院担当 助産師 今村仁美・片山貴栄

特別企画

 自然妊娠と生殖補助医療(ART)後妊娠の母性不安の違いと助産指導の見直し
   ミオ・ファティリティ・クリニック 看護部 室長/助産師 飯塚敏子


2017年
7・8月号

 

東洋医学のエッセンスを取り入れた
妊産褥婦へのアプローチ
妊産婦特有の不定愁訴や悩みに有効な知識・スキルを!


産科領域における施設・地域間連携の実際
切れ目のない効果的な体制を構築し、ハイリスク妊婦の産後を支援!


2017年
9・10月号

 

産科合併症の管理とケア
発症から分娩までの観察・ケアのポイントを疾患別に事例と共に解説!


マタニティクラスの企画・運営の実際
各施設の取り組み実践から参加者の理解力・満足度アップの秘訣を学ぶ!


2017年
11・12月号

 

感染症の予防・ケア・対処法


母乳外来における
母乳育児・乳房ケアへの取り組み


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671