ホーム > 情報誌 >季刊誌 認知症介護
 
商品番号【秋号】2360900
商品番号【冬号】2361200
商品番号【春号】2370300

 

季刊誌 認知症介護





 ※別冊等の特典は,日総研に直接年ぎめ購読をお申し込みいただいている方のみになります。
 ※特典はなくなり次第終了させていただきます。



 
 2017年春号

やってはいけない! 認知症ケア
BPSDを悪化させる“べからず集”

潜在的なニーズの探り方とアプローチのコツ!

認知症の人のBPSDは、ケアする人を含めた周りの環境に大きく左右されます。もちろん意図的にBPSDを悪化させる対応をする方はいませんが、本人も知らずにBPSDを悪化させる対応をしてしまっているケースが多く見られます。本特集では、そのような失敗例を挙げながら、その人の潜在的なニーズの探り方とその思いに応えるアプローチ方法を学びます。

魅力ある認知症カフェの開設・運営
人が集まる拠点とするための工夫を伝授!

認知症の人やその家族、地域住民が集う場所として、認知症カフェが注目されています。既に認知症カフェの運営を始めたり、開設を検討されている方もいると思います。しかし実際は、「認知症カフェを始めてみたけどうまくいかない。人が集まらない」「開設にあたって何から手を付ければいいのかわからない」などの声も聞かれます。本特集では、認知症カフェ立ち上げ時の留意点から、人が集まる拠点とするための工夫について解説します。

特別企画
 今から行う夏場の感染対策!認知症の人の食中毒予防

 
 2017年夏号

認知症ケアに活かす“看護”のチカラ

介護施設に入所している高齢者は年々重度化し、医療的な処置を必要とする認知症の人も
増加傾向にあります。同様に一般病院においても、認知症患者が増加している状況で、
重要視される看護師の役割について解説します。

虐待・不適切ケアの予防とスタッフへの徹底のしかた

介護施設におけるスタッフによる虐待は、厚生労働省の調査によると
年間で300件に上るそうです。施設における虐待や不適切ケアを防ぐための、
スタッフ教育や現場での指導方法について事例を交え解説します。

いまさら聞けない! 認知症短期集中リハ

多くの施設で認知症短期集中リハビリテーション実施加算を算定していますが、
中には効果のあるプログラムが実践されているとは言い難いケースもあります。
リハビリプログラムの評価、見直し、実施のポイントについて解説します。


 
 2017年秋号

血管性認知症を極める!


グループホーム・小規模施設における
医療ニーズの高い利用者受け入れのポイント


認知症ケアで知っておきたい
薬の知識最前線


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。





◆その他のバックナンバーはこちら



 

★この商品の内容に関するお問い合わせは名古屋デスク
 お急ぎの場合は、TEL(052)569-5628におかけください。
 
※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。




お申し込みの際は下記のボタンをクリックしてください 。
お客様情報入力画面に進みます。


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671