ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 主任看護師 管理・教育・業務 > 今後の特集予定

特集ラインナップ
2017
3・4月号

 
主任も管理者としての
“ぶれない基軸”を持とう
どうしてもスタッフ目線・立場から抜け出せない…それは主任の誰もが陥る事です。そうならないためには“主任としての自分”を意識して活動することが大切です。「管理者時々スタッフ」というぶれない基軸の持ち方について考えます。

 軸がぶれないリーダーシップとは〜ぶれないって何?
   医療法人社団福寿会 副看護部長 深澤優子

 軸のぶれない管理的活動はPDCAサイクルを意識すること
   埼玉医科大学 保健医療学部 看護学科 講師 大森美保

 主任の管理観の持ち方とぶれない基軸としての使い方
   山梨県立中央病院 循環器内科・内分泌内科病棟 副看護師長 本田理恵

 ぶれないが変化は好む!
  現状を打破する変革型リーダーシップで部署全体の自主性を伸ばす!
   兵庫県立加古川医療センター 内科系混合病棟 看護師長補佐 西尾美保

 初志貫徹! 部署目標の達成・継続のために
  ぶれずに歩み続けるリーダーシップ

   社会福祉法人 恩賜財団大阪府済生会吹田医療福祉センター
   大阪府済生会吹田病院 手術室 看護主任 松本 実

 思い・意見を尊重する!
  改革・ビジョン達成には,賛同者・動ける人から巻き込む

   医療法人健康会くにもと病院 病棟係長 奈良昭子



主任がすべき目標管理
目標管理で大切なのは個々のスタッフが主体的に業務に取り組み、その中で自己成長することです。スタッフのそばにいる主任が個人目標設定や評価において、スタッフや師長を支援するための方法を多くの主任さんの成功例から学びます。


 目標管理における主任の立ち位置
  〜実践者として,管理者として
   一般財団法人太田綜合病院附属 太田熱海病院 主任看護師 安部寿美 ほか

 スタッフの成長・自己実現を重視した目標管理
   三井記念病院 18階病棟 師長 佐藤登貴江

 係長が行う中間評価面接と病棟目標達成に向けたフォローの進め方
   昭和大学病院 看護部 C9A病棟 係長 菅田典子

 部署での役割を意識し,主任として成長するための目標管理
   地方独立行政法人奈良県立病院機構 奈良県総合医療センター
   看護部 4階北病棟 看護主任 濱田明日香

※2017年3・4月号の目次はこちら



2017
5・6月号

 
聞いてない、知らない、誤解、わからないをなくす主任力
部署内・外への“情報伝達・
周知徹底”をうまくやる
交代制勤務、忙しくてバタバタしている…看護現場では情報が正しく伝わらないことが多々あります。部署内での周知はもちろん、スタッフ間の伝達、多職種や師長に対してのホウレンソウなど、伝達・周知徹底のルールを解説します。


 主任は受け手・送り手両方のエキスパートになろう
  スタッフにどうホウレンソウをしてもらうか
   株式会社日本看護サービス 代表取締役 餅田敬司

 情報伝達・浸透がうまくいく部署にする“空気”の作り方!
  スタッフが情報を大切にするための“空気変革”と
  伝わらない“NGワード”
   メディカルアートディレクター 佐藤和弘

 患者情報・看護情報をしっかり伝達
  申し送り・カンファレンスの正しいやり方
   三重県立総合医療センター 5西病棟 副看護師長 西島美紀

 正しく伝わらないと意味がない!
  短時間で的確に伝える「説明力」を高めよう

  仕事の情報は発信者責任!わかりやすい人になるためのコツ
   一般社団法人教育コミュニケーション協会 理事 池田絵里

 業務改善における情報伝達・周知徹底
   新潟市民病院 4東病棟 副看護師長 坂上さゆり

 チーム医療・多職種協働・緊急時の報告…
  短時間で必要事項を漏れなくダブりなく報告するツール!
  SBAR(I-SBAR-C)の現場での上手な使い方
   麻生総合病院 主任看護師
   日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)
   コメディカル部会役員 中村康雄


一番の戦力なのに一番辞めやすい時期…
卒後3〜5年目スタッフの支援・指導・協働
ケア実践の要であり、新卒の指導的役割でもある卒後3〜5年目。ようやく1人前に育っても、さまざまな理由で辞めやすい層でもあります。主任として部署として、どうかかわり、育て、支援するか? を事例で紹介します。


 自身も若く未熟なのに先輩扱いされるプレッシャー!
  「いまどき3〜5年目」の心のもろさと支援のあり方を理解する
   兵庫県立大学 看護学部 生涯広域健康看護講座 精神看護学 助教
   兵庫県立姫路循環器病センター 看護部(非常勤)
   精神看護専門看護師 竹原 歩

 ●3〜5年目看護師の看護実践でのやる気・自信を高める!
  主任のかかわり

   三重大学医学部附属病院 救命救急・総合集中治療センター
   集中治療部門 看護師長 水谷典子

 ●どんな看護師になる? 何を目指す?キャリアを考える時期が卒後3〜5年目!
  キャリアの基本と主任ができる支援を考える
   NPO法人 看護職キャリアサポート 代表 濱田安岐子

 主任として日々リーダー(3〜4年目)をどう支え、育成していくか
   船橋総合病院 主任 中村晴香

 プリセプター(4年目看護師)のバーンアウトを防ぐ!
  主任としてどう支え、育成する?
   長野市民病院 看護部教育担当 看護主任 下条円華
   長野市民病院 看護部教育担当 看護主任 近藤奈美

特別企画
 看護計画に患者の個別性を!主任が自身の看護計画をプレゼン
   部署の看護計画が変わった! スタッフの立案する姿が変わった!
   九段坂病院 病棟主任 晝間慶子


2017
7・8月号

 
やっぱり超過勤務はダメ!
この残業はムダ? 減らせる? 何が原因?

主任が先導する“現実論”の業務整理と考え方
病棟で看護師が行う業務量は増える一方で、その負担感から”やりがい”どころではなく質低下も起きています。日々の忙しさに流されずに、冷静に業務・環境・思考を分析し主任として何ができるか? 何をすべきか? の具体策を提案します。

 超過勤務削減の対策に必要な現状分析の考え方と方法

 主任自身の業務整理

 看護記録に時間がかかるのが現実!
  主任・リーダーによる記録の指導
  記録様式の変更、申し送りの復活
  記載場所・時間の変更、など

  医師の指示出し時間やチーム医療による皺寄せの現実!
  じゃあ交渉・提案しよう

 入退院が多いのが現実!
  勤務時間変更、機能別のような方式変更、
  補助者の活用、当該業務専門に担当者の配置など

  時間を有効活用しよう!
  副師長会による申し送り廃止を目指した取り組み


主任が師長をリードする事も! 主任も師長を育てる?
主任目線の「師長との関係構築術」
師長次第で主任さんの業務や役割が変わるといわれますが「受け身・指示待ち」では、主任としてのやりがい感もなく、スタッフ達から信頼されることもありません。本特集では、主任の能動的な師長との関係構築や協働のあり方を学びます。


  上司=師長への反対意見、指摘、断りなど
  ネガティブコメントが必要な時どうする?

  上司のタイプ別のつきあい方
  どうも苦手、威圧的、はっきりしない、
  人の話を聞かない、スタッフから嫌われている、
  自分が嫌われている気がする

  お互いを高めあい、協働パワーが高まるパートナーシップって何だろう!?
  師長に前向きに提言

  3者3様のパーソナリティを持つ主任配置に学ぶ!
  臨機応変な師長とのかかわり
  (1)旗振り役 (2)次世代を担う若手 (3)師長にとっての野党

  師長と主任のナイスコンビネーションで苦境を乗り切る

特別企画
 実態調査で明らかになったことを行動に生かす!
  “スタッフが求める主任像”と“主任のスタッフへの関わり方”

  事例で見せる、理想の主任像への行動変化


2017
9・10月号

 
主任の現場変革力!
師長さんに任せっきりじゃダメ…
現場を変えるスキルを理論的根拠と実践例から学ぼう
解決すべき問題点が見えても、現場を変えるのは難しいものです。人は「変化を嫌う」のがあたりまえなのです。主任がリードする部署変革のスキルを理論的な知識+実行スキルの両側面から解説します。

モチベーションが下がっている
スタッフへのかかわり
主任が“やる気”を注入!
部署に悪影響を与える人、辞めそうな人、悩んでいる人

さまざまなタイプのネガティブなスタッフが、チーム全体や患者に悪影響を与えることがあります。スタッフの個性を尊重しつつ、やりがい感や所属意識を持たせることで、チームに馴染んでもらうかかわりを紹介します。

特別企画
 実態調査で明らかになったことを行動に生かす!
  “スタッフが求める主任像”と“主任のスタッフへの関わり方”

  事例で見せる、理想の主任像への行動変化


2017
11・12月号

 
ストレスがもたらす
スタッフの心身の不健康をどうする?
部署に潜む様々なストレス要因の察知・予防・対処の実践知識

いまどきの看護現場は非常にストレスフルなため、役割負担の大きな中堅ナースや不慣れな新人ナースなどの心身の健康が危険状態になりやすいです。主任さんならではの目配り気配りや、風土コントロール、不平不満のキャッチ&対処、”危ない状態のスタッフ”の見極めなどを学びます。


迷わず意思決定!主任さん、
それはあなたが決めよう
論理的に考える、データを使う、情報を集める、
問題の本質を見極める

部署の様々な案件は師長さんが意思決定することが多いですが、主任さんが自分の権限範囲で決めてよいこと、そして主任さんが決めるべきこともたくさんあります。いつでも師長さんに頼りっぱなしではもったいないですね。物事を決めるために、何が本質で、何をもとにどう考えて、どう決めるか? について学びます。


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671