ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 看護人材育成 > 今後の特集予定


特集ラインナップ

2016
12・1月号

 

病院規模と課題,実務レベルで考える
新入職者育成プランと支援システム

各病院の看護体制を踏まえた最適な新人・キャリア採用者の育成方法を模索します。それぞれの病院の規模、課題などを前提とし、職場適応、適正配置、離職防止や業務量調整、負担軽減といった目標や効果という観点から紹介します。

 既卒採用者の職場適応を促す取り組み〜支援体制の見直しとPNS(R)活用例
   社会福祉法人親善福祉協会 国際親善総合病院
   副看護部長 志村由美子 ほか

 地域ニーズに根ざす病院づくりを実現する
  「地域調査」による新人育成の試み

   横浜旭中央総合病院 看護部長 高橋佐代子

 「ガイド」と「フレキシブルローテーション制度」による育成実践例
   新東京病院 統括看護副部長 乾 久美子

 「プリセプターシップ+ペアワーク」による育成体制と実践例
   国家公務員共済組合連合会 三宿病院 看護部長
   認定看護管理者 斉藤支奈子 ほか


価値観の共有を実現する
ルーブリック作成・活用例

「真正な評価」を目標としたルーブリックの導入が活発化しています。一人ひとりの学習進度、達成度を見極めるための評価基準作りと活用実践例について、領域別に紹介します。

 ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)におけるルーブリックの活用

 看護学教育におけるルーブリックの活用―質をアセスメントするICEモデル
   防衛医科大学校 医学教育部 看護学科 精神看護学講座 准教授 北川 明

 母性看護学におけるルーブリック作成・プロセス・活用と実践
   新潟医療福祉大学 健康科学部 看護学科 母性看護学・助産学 教授
   中山和美 ほか

 小児看護学におけるルーブリックによる評価
  〜「小児発達保健論」グループワークでの実践例と演習・実習への試み
   新潟医療福祉大学 健康科学部 看護学科 教授 松井由美子 ほか

 成人急性期看護学演習におけるルーブリック活用例の実際
   新潟医療福祉大学 健康科学部 看護学科 成人看護学 講師 金子佳世 ほか

 基礎看護学におけるルーブリック作成・活用
  〜看護技術と看護過程の理解度評価の取り組み
   中部学院大学 看護リハビリテーション学部
   看護学科 准教授 林 由美子 ほか

特別企画

 看護基礎教育で学んだ「看護管理」を土台にした
  「新人オリエンテーション」の考え方

   川崎市立看護短期大学 教授 滝島紀子

 看護・介護の動向や教育に関連した情報を周知徹底!
  看護部教育新聞の効果と作り方

   医療法人社団三喜会 鶴巻温泉病院 看護部
   教育担当事務局 看護師 古矢香里

 特定行為を実践するNPの教育と看護倫理
   大分県立看護科学大学 成人・老年看護学研究室 教授/RN Ph, D 小野美喜

 看護スタッフの早期育成とやる気を引き出すコーチングの進め方
   株式会社ブライソン経営研究所 代表取締役 山田和宏

2016年12・1月号の目次はこちら



2017
2・3月号

 

現場で使える!
研修立案と評価に役立つ
分析手法とデータ活用の具体策
組織活性化に向けた教育体制の再構築、研修担当者に必要な研修評価や改善に活かすアンケートや集計データ分析、Excel活用に関する具体的な手順を紹介します。

 ●すぐにできるデータ集計と統計的仮説検定
  「分析ツール」活用術
   新潟県立看護大学 看護学部 教授 橋本明浩

 ●研修アンケートの作り方と集計データの扱い方
   松蔭大学 看護学部 看護学科 教授 大堀 昇

 ●看護倫理教育の進め方と効果・到達度評価の分析,教育活動の実践例
   愛知医科大学病院 看護部 教育担当副部長 井上里恵

 ●授業評価の基礎知識と“取りっぱなし”にしないアンケート活用例
   石川県立大学 教養教育センター 教授 澤田忠幸

 ●SWOT分析を用いた部署教育体制の分析と見直しの手順
   名古屋医療センター 救命救急センター 副看護師長
   集中ケア認定看護師 枡田ゆかり


眠くならない授業設計・講義法と教材の工夫
講義法の工夫、事前学習とアクティブラーニングの取り入れ方、グループワークでの主体的な学びを促す授業とそのかかわり方について実践例をまとめます。

 ●学生の主体性を育む参画型看護教育を取り入れた授業案と進め方
  ラベルワーク導入・実践事例を通して
   山陽看護専門学校 学校長 大屋八重子

 グループワークの効果的な取り入れ方と教育への生かし方・工夫
   四日市医師会看護専門学校 教務主任 青木智子 ほか

 「学ぶ力を育てる」ためのアプローチ事前・事後学習の出し方・生かし方
   四條畷学園大学 看護学部 看護学科 准教授 西山ゆかり

 効果が上がる授業・演習の組み立て方と教材の工夫・活用法
  
「母性看護学援助論」の実践事例を通して
   摂南大学 看護学部 看護学科 講師 福山智子


2017
4・5月号

 

ムラのない中堅育成の要!
教育・指導・介入効果を高める“面接力”

面接は管理職から常に上位の課題として挙げられるコミュニケーション上の難題です。教育・指導者に求められる基本的な態度や姿勢を基に、効果的な振り返りを促し、目標共有を実現する面接の具体策を押さえます。

 ●中途採用面接、フォローアップ面接による適性配置と職場適応促進
   特定医療法人美杉会 佐藤病院 看護部長 高須久美子

 ●面談前に知っておきたいコーチング理論とタイプ別コミュニケーションの基礎
   コーチングルーム Osawa 代表 大澤貴子

 ●中堅を上手に育てる!目標管理と定期面接による動機づけのポイント
   株式会社サフィール 代表取締役 河野秀一

 ●人事考課制度と連動する教育体制を成功させる面接の進め方とコツ
   清和会長田病院 看護部長 江崎宣子

 ●メンター制度・面談による次期リーダー、
  管理候補者育成のポイント(昇格昇進支援)

   日本看護コーチ協会 副代表理事 河井葉純


思考力・判断力を育てる
学習過程の見直しと実践トレーニング

実践力に結びつく看護過程の意義を問い、個々人にあった思考力・判断力を伸ばすために、学習過程やステップアップの枠組みを見直します。

 ●看護過程の知識の定着と思考過程育成につながる学習方法
 ●経験学習の正しい理解と適切な介入・支援のポイント
 ●メタ認知を強化する方策
 ●実習における看護過程思考チャート活用の実際


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

 


 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671