ホーム
> 情報誌 > 隔月刊誌 エンドオブライフケア > 11・12月号目次


 

 11・12月号 目次

特集1

看護の力が試される
終末期の全身倦怠感へのケア


がん関連倦怠感の病態・評価・症状緩和の実際
がん研有明病院 血液腫瘍科担当部長
がん化学療法センター 臨床部 担当部長
照井康仁


「だるさ」と「鎮静」の考え方
医療法人愛知会 愛和病院(長野県) 副院長/緩和ケア医師
平方 眞


倦怠感のある終末期がん患者への看護ケア
神奈川県立がんセンター 看護教育科 がん看護専門看護師
塩澤 綾 ほか


その人らしさを支える全身倦怠感のケア
社会福祉法人恩賜財団 済生会湘南平塚病院 看護課長
緩和ケア認定看護師
小崎川佐智子


看護師としてどう対応するか
がん患者の倦怠感へのアプローチ

埼玉石心会病院 がん看護専門看護師/診療看護師(NP)
中澤健二 ほか


看護師としてどう対応するか
在宅終末期患者の倦怠感へのケア

医療法人社団プラタナス 桜新町アーバンクリニック 在宅医療部
ナースケア・ステーション 所長/看護師
片山智栄 ほか


心と体に寄り添う“手当て”で,
倦怠感をやわらげるセラピューティック・ケアの実践

認定NPO法人 日本セラピューティック・ケア協会 理事長
秋吉美千代 ほか


 

新連載

がん川柳
患者や患者を支える人の思いを川柳を通して

国立病院機構 大分医療センター がん相談支援センター
医療社会事業専門職 社会福祉士(医療ソーシャルワーカー)
岡江晃児 ほか


死の臨床に向き合い,受けとめるために
高野山大学 文学部 教授(スピリチュアルケア)
井上ウィマラ


 

連載

家族も参加する
エンゼルケア&エンゼルメイク 第5回

株式会社 桜 代表取締役/復元納棺師
笹原留似子


注目! がん看護における最新エビデンス 第20回
東北大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 緩和ケア看護学分野 教授
宮下光令


死を語ることは,愛を語ること 第5回
北海道介護福祉道場 あかい花 代表
菊地雅洋


高齢者における自然な死の過程をベースとした
看取りケア
 第3回
東京有明医療大学 看護学部 教授
川上嘉明


最前線の現場から。 第5回
在宅ケアと家族支援と看取りの日々

大坪医院(在宅緩和ケア充実診療所) 看護師
大坪よし子


苦手克服!がん化学療法 第3回
神戸市立医療センター西市民病院 外来看護師長
がん化学療法看護認定看護師
大路貴子


介護施設における看取りケア 第4回
株式会社誠心 代表取締役
吉松泰子 ほか


共にいさせていただくこと 第4回
痛みや問題と共に生きている人への
スピリチュアルケア

社会福祉法人聖嬰会 イエズスの聖心病院
地域連携室 パストラルケア部 臨床カウンセラー
加藤理人


尊厳ある看取りを実現する
支援の組み立て方
 第5回
国立病院機構 別府医療センター
がん相談支援センター
地域医療連携室 医療ソーシャルワーカー
井上祥明


診療所・訪問看護が取り組む
在宅療養患者へのエンド・オブ・ライフケア
 第4回
山口診療所 院長
山口竜司


実践施設に学ぶ!
診断時からの緩和ケアを
提供するためのノウハウ
 第11回
国家公務員共済組合連合会 浜の町病院 緩和医療内科部長
永山 淳


 


 
 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671