ホーム
> 情報誌 > 隔月刊誌 エンドオブライフケア > 5・6月号目次


 

 5・6月号 目次

特集

どうする?終末期ケアの倫理的ジレンマ

監修:
昭和大学病院・昭和大学病院附属東病院 看護部長/認定看護管理者
城所扶美子

昭和大学病院 がん看護専門看護師
本間織重


「何か変」を大切に,患者の最善を考える
昭和大学病院・昭和大学病院附属東病院
看護部長/認定看護管理者
城所扶美子 ほか


緩和ケアにおける倫理的課題と
ケア提供者が感じるジレンマとは

昭和大学病院 がん看護専門看護師
本間織重


本人は意思の表出が難しく家族の判断に従うが,
そこに何らかの課題を感じるケース

昭和大学病院 ICU 急性・重症患者看護専門看護師
住永有梨


医療者が勧めないエビデンスの乏しい
「医療」を希望するケース

昭和大学病院 がん看護専門看護師
立場雅子


最期をどこで迎えるかをめぐる本人と家族の意向の相違
昭和大学病院 がん看護専門看護師
米村智子


患者の推定意思により
家族が延命治療を望まない患者・家族の支援と
医療者間の価値の相違から生じるジレンマ

昭和大学病院 看護師
舎利倉幸香


倫理カンファレンスの進め方
昭和大学病院 精神看護専門看護師
福宮智子


 

新連載

エンド・オブ・ライフを支える家族ケア
東京慈恵会医科大学附属病院 家族支援専門看護師
児玉久仁子


これだけは知っておきたい
葬送儀礼とエンディング

燦ホールディングスグループ
株式会社公益社 エンバーミングセンター
IFSA(日本遺体衛生保全協会)認定エンバーマー
看護師
亀井真由美


介護施設で実践する
デスカンファレンスとグリーフケア

社会福祉法人ひだまり 介護環境アドバイザー
山下総司


 

連載

死の臨床に向き合い,受けとめるために 第4回
昭和大学医学部 医学教育学講座 教授
高宮有介


AYA世代がん患者への精神・心理的支援 第3回
東北大学大学院 教育学研究科 教育心理学講座
臨床心理学分野 准教授
吉田沙蘭


実践施設に学ぶ!診断時からの緩和ケアを
提供するためのノウハウ 第14回

高槻赤十字病院 緩和ケア診療科 部長
岸本寛史


介護施設における看取りケア 第7回
NPO法人老いと病いの文化研究所
ホームホスピスわれもこう 代表
竹熊千晶


注目! がん看護における最新エビデンス 第23回
東北大学大学院 医学系研究科 保健学専攻
緩和ケア看護学分野 教授
宮下光令


死を語ることは,愛を語ること 第8回
北海道介護福祉道場 あかい花 代表
菊地雅洋


最前線の現場から。 第8回
在宅ケアと家族支援と看取りの日々

大坪医院(在宅緩和ケア充実診療所) 看護師
大坪よし子


高齢者における自然な死の過程を
ベースとした看取りケア
 第6回(最終回)
東京有明医療大学 看護学部 教授
川上嘉明


診療所・訪問看護が取り組む
在宅療養患者へのエンド・オブ・ライフケア
 第7回
さくら醫院 看護師
倉持雅代


 

特別企画

緩和ケア・看取りに関連する
診療報酬・介護報酬改定の要点

株式会社M&Cパートナーコンサルティング 取締役
酒井麻由美


 


 
 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671