ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 エンドオブライフケア > 今後の特集予定



特集ラインナップ

創刊号
2017年
3-4月号

 

最期まで「口から食べたい」の
願いを叶える支援の実際

 “最期まで口から食べる”を支える人工的栄養療法
   横浜市立大学 総合診療医学 准教授 日下部明彦

 患者・家族が安心・納得する終末期の食支援のあり方
   山梨市立牧丘病院 院長 古屋 聡

 緩和ケア病棟でのチームで支える経口摂取への取り組み
   独立行政法人地域医療機能推進機構 湯布院病院
   緩和ケア認定看護師 田中淑子 ほか

 在宅看取りでの歯科の位置づけと口腔ケアの実際
   東京都健康長寿医療センター研究所 自立促進と介護予防研究チーム
   認知症とうつの介入の促進 研究員/歯科医師 枝広あや子 ほか

 在宅療養者への食支援の実際と訪問看護の役割
   原田訪問看護センター 代表
   コミュニティプレイス生きいき 施設長 原田典子



皮膚損傷と褥瘡を防ぐケア技術

 終末期がん患者における褥瘡ケアの考え方
   広島国際大学 看護学部 看護学科 老年看護学領域 助教 山田智子 ほか

 在宅でかかわるターミナル期における創傷・褥瘡ケアの考え方
   つるかめ訪問看護ステーション 管理者 井戸悦子

 高齢者の皮膚裂傷(スキンテア)の原因と発生に関する看護・介護行為
   医療法人杏園会 介護老人保健施設あんず 施設長/医師 大西山大

 緩和ケア病棟における褥瘡予防・治療
   佐賀県医療センター好生館 副看護師長
   皮膚・排泄ケア認定看護師 江口 忍

 苦痛軽減! 終末期における体位の考え方
  (ポジショニング・マット)とドレッシング材の理解

   福西会病院 がん看護専門看護師/皮膚・排泄ケア認定看護師 高木良重

2017年3・4月号の目次はこちら

 


2017年
5-6月号

 

看取りをつらい仕事にしない
ケアする人へのメンタルケア

患者の死がもたらす大きなストレスに職場として取り組むべき方策

 よりよい看護実践につなげるためのグリーフケア
   淀川キリスト教病院 緩和医療内科 主任部長 池永昌之

 職場内でサポートし合う職場環境づくり
   東京衛生病院 看護部長 平野美理香 ほか

 事例で学ぶ 看護師のこころのケア
   山口県立総合医療センター 緩和ケア認定看護師 小川佐知子

 医療者の燃え尽き防止とGRACEプログラム
   高野山大学 文学部 教授 井上ウィマラ

 臨床宗教師に学ぶ 死にゆく人をケアする人のケア
   臨床宗教師 高橋悦堂

 ケアをする人が使えるカウンセリングスキル
   帝京平成大学大学院 臨床心理学研究科 准教授 浅井真理子 ほか


2017年
7-8月号

 

終末期せん妄への向き合い方

安易な方法に頼らない! 看取りのプロとしてできること


2017年
9-10月号

 

がん患者の退院支援と地域連携

がん患者が望む場所で安心して最期まで暮らすための支援のあり方


2017年
11-12月号

 

看護の力が試される終末期の全身倦怠感へのケア

身の置き所のない倦怠感への適切な介入の仕方


2018年
1-2月号

 

がん患者の家族を支援する

患者・家族と医師の橋渡し、揺れる気持ちに寄り添う、
認知症・終末期での意思決定を支援する


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


◆バックナンバーはこちら