ホーム > 情報誌 > 季刊誌 継続看護を担う体質強化 外来看護 > 今後の連載予定

見本をみる 見本を見る
目標管理で質を高める仕組み・教育の実践例


外来看護管理者のマネジメント事例集【リレー連載】【2018年春号より新連載】
 

 

外来で再入院を防ぐ!高齢者のセルフケア支援【冬号より新連載】
   青木涼子 JA長野厚生連篠ノ井総合病院 外来看護師長 

外来で注意すべき感染症と感染防止対策【冬号より新連載】
   政本紀世 社会医療法人財団大和会 武蔵村山病院 感染管理認定看護師 
 

 

地域のニーズに応える! スタッフが輝く!
外来における継続看護の充実
【夏号より新連載】
 

 第1回 継続看護の充実を目指して〜取り組みの概要とねらい
 第2回 外来看護師が継続看護を実践するための「業務整理」と「業務改善」
 第3回 自主性を育てる「スタッフ教育」の充実
 第4回 地域のニーズに応える「継続看護の提供」

   塩田美佐代 NTT東日本伊豆病院 看護部長/認定看護管理者 
◆夏号の特集・連載はこちら

 

 

 

【好評連載中】

何が問題? どう解決する?
外来におけるディスコミュニケーション
【春号より好評連載中】
   外来は多忙な職場です。一定時間内に診療を終わらせなければならない中でのコミュニケーションには“短時間で伝えること”が求められます。そのような中、患者とのコミュニケーション齟齬=「クレーム」、医師など他職種とのコミュニケーション齟齬=「チームの不和」、そして看護師間でのコミュニケーション齟齬などに起因した問題や課題が生まれています。本連載では、「外来でよくあるコミュニケーションで困った場面」を基に、どう対応すればよいのか、どうすれば問題が発生しなかったのかを解説します。
   白石邦明 カウンセリングルームAcceptance 代表/高確率コーチングトレーナー
 白石邦明 発達障害コンサルタント

患者のメリットを第一に考えた外来・病棟の一元化
【春号より好評連載中】
   スタッフが外来への帰属意識を持たずに腰掛け程度にしか考えていない気がする…といった“病棟−外来”の一元化についてお悩みの声をお聞きします。本連載では、スタッフに外来への帰属意識を持たせ、外来と病棟の継続看護を充実し患者の安心につなげる“一元化システム”の構築から勤務表作り・スタッフ配置など実践レベルまで解説します。
   樋口靖子 福岡大学筑紫病院 看護部長/臨床看護教授/認定看護管理者 ほか

最新!外来業務事情 先進事例を全国から【リレー連載】
 

私たちの看護外来―専門外来の実際 【リレー連載】

外来復職ナース奮闘記! 【リレー連載】 
仕事と家庭の両立に奮闘するスタッフとそれを支える師長の取り組みを
具体的に紹介。

 

※ラインナップは変更になる場合がございます。ご了承ください。

 


 

 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671