ホーム > 情報誌 > 季刊誌 継続看護を担う外来看護 > 今後の特集予定

特集ラインナップ


2016年
冬号

11月配本
新人・パート職員の早期戦力化
教育体制・マニュアル

子育て世代も多い部署である外来では、他科の外来での急な欠勤にもすぐに対応できるように、スタッフ一人ひとりが複数の診療科の業務ができるよう求められます。本特集では、そういった独特のニーズを踏まえた上で、新人・パートスタッフを早く一人前に育てるための教育体制や教育マニュアルを紹介します。

 年上の部下への教育・指導と専門職としての就業意識の高め方
   株式会社グローバル・シフト・コミュニケーション(G・Shift)
    代表取締役社長 彦田友治
    副社長/コミュニケーションプロデューサー 彦田美香子

 新人・外来未経験クラークの早期戦力化を実現する教育・フォロー
   市立函館病院 医療情報企画課 医療クラークマネージャー 西根加奈美

 ブランクのある看護師が安心して働ける体制・教育・マニュアル整備
   神奈川県立足柄上病院 外来 主任看護師 原 こずえ

 ●外来看護のジェネラリストを育成する仕組みの構築と活用
  〜スタッフと共に取り組んだ活動の紹介

   横浜市立大学附属市民総合医療センター 副看護部長 梅津晶子

 ●医師事務作業補助者に対する教育の第一歩
  〜教育担当看護師の配属と臨床教育の取り組み

   社会福祉法人康和会 久我山病院 看護管理室 吉 紀三 ほか

 ●在宅支援・患者のニーズに応じた看護を
  提供する力を育てる「外来実践能力評価表」

   株式会社麻生飯塚病院 外来看護主任 原口敦子 ほか


「住み慣れた地域での生活」を支える!
外来における在宅療養支援の具体策

在院日数の短縮化により在宅に療養の場が移行する中、在宅療養支援の重要性がますます高まっています。外来-入院-在宅と患者の療養生活をシームレスにするためには、外来受診患者の中から支援が必要な患者を抽出し、多職種での情報共有が必要です。煩雑な外来看護業務の中でこのシステムを実現するための取り組みや、地域との連携・協働による「住み慣れた地域で暮らし続ける」ことの支援について、各施設の実践例から学びます。

 「在宅療養支援委員会」「看護外来・療養指導室」
  地域の患者を支える看護の役割

   公立森町病院 地域医療連携室長 巧 麻理 ほか

 糖尿病患者の抱える「困難」を解きほぐす“看護の力”
   豊橋市民病院 看護局 外来看護師/日本糖尿病療養指導士 石井美穂

 「看護外来」における患者・家族への療養指導の実践
  〜痛みの看護外来について

   社会医療法人きつこう会 多根総合病院
   緩和ケア病棟 看護主任/がん性疼痛看護認定看護師 小鷹康代

 継続看護を強化する外来看護記録充実の取り組み
   八王子山王病院 看護部長 牛丸良子 ほか

 「手稲渓仁会患者支援システム」による在宅療養支援の実際
   医療法人渓仁会 手稲渓仁会病院 副院長
   渓仁会統括看護部長 樋口春美 ほか

 外来におけるがん患者の療養支援
   八戸市立市民病院 外来看護師長 小笠原圭子

 看護専門外来(がん相談・ストーマ外来・リンパ浮腫)で行う在宅療養支援
   富山県立中央病院 看護部 上席看護師長
   乳がん看護認定看護師 酒井裕美 ほか

特別企画

 外来・病棟で連携する退院支援システムの構築
   金沢医科大学氷見市民病院 看護部 外来総括師長 長井絹子

2016年冬号の目次はこちら


2017年
春号

2月配本
スタッフの看護の質向上・モチベーションUPにつなげる
外来独自の目標管理

目標管理は、モチベーション向上の対応策として代表的な手法ですが、外来看護師は、その雇用形態などを鑑みて、より細やかな視点で管理を行う必要があります。パートでも時短勤務者でも、専門職としての自覚を促すためには、どのような目標の設定と管理の運用が効果的なのかを解説します。

 パート職員の目標管理と目標面接の進め方
   大阪人材育成センター 主宰 蔭久晴彦

 ●コンピテンシーを目標管理に活用!パート看護師の人材育成・支援
   沼津市立病院 看護部 外来課長 服部美千代

 病棟−外来が一元化された病院における“外来看護の目標管理”
   福岡大学病院 看護部 整形外科病棟 看護師長 前田知恵美

 ●「北海道勤医協クリニカルラダー」による外来看護師の
  キャリア開発・目標管理

   北海道勤労者医療協会 勤医協中央病院 副看護部長 久保田良子

 「院内認証制度」におけるやりがい・モチベーションの高め方
   聖隷佐倉市民病院 外来係長 高林菜穂子

 キャリアパスによる外来看護師のキャリア開発・目標管理と人材育成
   筑波メディカルセンター病院 外来看護師長 菊池里子


手術・治療を受ける患者への看護支援

手術を受ける患者の術前検査などが外来で行われるようになって久しいですが、その一端を担う外来看護師に求められる、検査業務・介助業務や患者の抱える“不安への気づき”や、不安を表出される患者への“寄り添い”や”心を支えるケア”をさまざまなケース・実践例で紹介します。

 なぜ術前外来が重要なのか? ERAS
   市立池田病院 外科主任部長 太田博文 

 術後肺合併症の予防は術前外来から
   聖マリアンナ医科大学 リハビリテーション部 主任/理学療法士 渡邉陽介

 術前の口腔ケアはとても重要・プラークフリー
   兵庫医科大学 歯科口腔外科学講座 主任教授 岸本裕充

 外来で行う疼痛管理
   亀田医療大学 講師/急性・重症患者看護専門看護師 古賀雄二

 周術期における栄養評価と栄養管理
   近森病院 臨床栄養部 主任 宮島 功

 がん化学療法を受ける患者へのケア・支援のポイント
   東北公済病院 外来化学療法室 がん化学療法看護認定看護師 管野真貴

 入院・手術に対する不安を軽減する術前オリエンテーション
   大阪市立総合医療センター 副院長兼看護部長 高丸賀子

特別企画

 どうすればうまくいく?外来での看護カンファレンスの導入と定着
   大阪府立成人病センター 看護部 看護師長 山田眞佐美


2017年
夏号

5月配本
外来独自の目標管理と面接の進め方
看護の質向上につなげる

外来における医療安全
「転倒転落」「感染」のリスクを減らす

 

2017年
秋号以降の

特集・連載
記事
病院の印象は外来から!
外来接遇力向上の取り組み

クリニカルラダーによる
外来看護師のキャリア開発

継続看護に生かせる「外来看護計画」の立案
検査・内視鏡・化学療法における
看護業務の効率化と安全な運用

医師事務作業補助者「業務連携」と「人材教育」
患者からのハードクレームへの対応
 

※ラインナップは変更になる場合がございます。ご了承ください。

 

 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671