ホーム > 情報誌 >季刊誌 継続看護を担う体質強化 外来看護  
 
商品番号【2018年 夏号】1780500
商品番号【2018年 秋号】1780800


季刊誌 継続看護を担う体質強化 外来看護


外来における診療報酬
加算を取って経営にプラスを!

2018年度診療報酬・介護報酬ダブル改定の確定情報より、外来看護に与える影響と
”何をどう対応すべきか”を読み解く。また、外来で加算が取れる情報を生かし、
「準備すべき事」「実際の運用をいかにすべきか」など、解説します。

 

相手に安心感を与える
外来での電話対応・電話相談

外来は何かと電話対応の多い部署です。ただでさえ忙しい中、電話口の方が
要領を得ない話し方だとどうしてもイライラしてしまうものです。しかし、
多忙に流されうっかりと口調が荒くなってしまったりすると、それがクレームにつながって
しまったりする事もあります。本特集ではイライラしないため、日頃何気なくできる
トレーニングなど、セルフコントロールの方法から、不安を抱えている患者に寄り添った
看護師ならではの電話対応の方法について解説します。

 

困ったドクターと上手に働く
外来ナースの知恵

「言うことが変わる」「特定の看護師を手元に置きたがる」
「診察で患者に向かって横柄な言葉遣いをする」など看護師が
外来で一番気を遣う相手は”実は医師である”という声をお聞きします。
本特集では、患者からのクレームが多い医師の診察において、ベテラン看護師による
患者の視点に立ったうまいフォローテクニックなど、”外来ナースの知恵”を紹介します。

※2018年夏号の目次はこちら

 

 

 秋号

いざという時にどう動く?外来における防災対策
世界有数の自然災害大国と言われる日本では、いつ、どこで、どのような災害が起こっても
不思議ではありません。災害時に外来で求められる対応やマニュアル整備など、
いざという時にスムーズに動ける体制づくりを紹介します。


経営的視点で考える!当院の今後の外来のあり方
2025年を見据えた医療機能の分化・強化・連携が進む中で、外来の役割はますます重要性を
増しています。診療報酬・介護報酬の同時改定を踏まえ、激変する時代に取り残されないために
外来管理者としてどのような経営的視点が求められるのかを考えます。


“在宅の看護”と“病院の看護”をつなぐ!
慢性疾患患者の看護記録・情報共有の具体策
地域包括ケアの時代に求められる外来看護の役割は、在宅療養の要として患者が在宅で
質の高い生活を維持するための支援を行うことです。在宅サービスと病院の医療をつなぐための
重要なツールとなる外来看護記録の書き方・活かし方を紹介します。


 冬号

検査・内視鏡・化学療法における
看護業務の効率化と安全な運用
多数の患者が診察を受ける外来の各部署において、安全に滞りなく看護業務を遂行するためには
何をすべきか、働きやすさを求めた業務改善や、外来ならではの忙しさを緩和する体制整備、
安心・安全を追求した環境整備などの事例を紹介します。


外来におけるリソースナースマネジメント
専門看護師や認定看護師など、各領域における熟練した看護技術や知識を持つ看護師を外来で
積極的に活用することで、患者・家族のニーズにきめ細やかに対応することが可能になります。
本特集ではリソースナースの配置・活用について様々な事例を取り上げます。


病棟・外来の一元化による入退院支援の充実
患者の外来診療から入退院までを一連の流れで継続して行えるシステムは、
多角的な視点から患者の生活を支える上で有効であり、患者の安心にもつながります。
本特集では病棟と外来の一元化における切れ目のない看護の実践を紹介します。


 2019年春号以降

業務の効率化と能率化でコスト意識を高める!


継続看護を充実させる記録整備の具体策


スタッフの負担軽減!
ローテーション・リリーフ体制の強化


外来看護師に求められる「説明力」の高め方


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 



   読者の声

 ・外来では今何が求められているのか、どんな動きがあるのかを知りたくて購読しています。
  全国の様々な病院の取り組みを知ることが出来るのでとても助かっています。

 ・患者指導に役立つ内容が載っているのが気に入っています。

 ・大病院だけでなく、中小規模の病院の事例も載っているので参考になっています。

 ・外来独自の目標管理やパートスタッフへの教育など、外来部門における
  スタッフ教育に役立てています。

 ・いつも全国の各病院の外来の取り組み、業務改善事例が紹介してくれているので
  参考になっています。



 

 

★この商品の内容に関するお問い合わせは東京事務所 お急ぎの場合は、TEL(03)5281-3721におかけください。
※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせはお客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。

 

 



 


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671