ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 介護チームマネジメント
 
商品番号【3・4月号】3570300
商品番号【5・6月号】3570500
商品番号【7・8月号】3570700

 

隔月刊誌 介護チームマネジメント






 
 7-8月号

「上司の無茶振り」「スタッフの反発」
「理不尽なクレーム」…あなたならどうする?!

「管理職の修羅場」切り抜け道場

介護現場の管理職は上司と部下、組織と利用者など、いわゆる板挟みの状態になりやすい立場と言えるでしょう。しかし、そこから逃げることは許されず、管理職としての責任と役割をはたすべく、立ち向かわなければなりません。本特集では様々な実体験を元に、明日あなたに起こるかもしれない「管理職の修羅場」をシミュレーションしてみます。その時、あなたならどのように動きますか?

介護現場の重度化に対応
「寝たきり利用者」のケア&チームマネジメント

入所時点から「寝たきり」となっている利用者。反応も薄く、元気だった頃の姿もイメージできないため、スタッフはケアの目標を見失うことも多いようです。本特集では、このような寝たきり利用者のケアに焦点をあて、管理職に求められるスタッフのモチベーションマネジメントの方法について、具体的に学んでいただきます。

特別企画

 認知症高齢者と薬
  継続・中止・変更にかかわる観察ポイント&医師への伝え方
 ●
介護スタッフの哀しみを癒やす「グリーフケア」の具体策


 
 9-10月号

介護スキルの「見える化」&「標準化」で
スタッフの自己流ケアを予防する!

介護マニュアルは生かされていますか?使うのは新人職員へのオリエンテーションのときだけで、後は各先輩の「やりやすい」方法を教えていませんか?介護現場で自己流のケアが展開されると、介護の質が保てなくなるだけでなく、予期せぬ事故やクレームにつながる恐れもあります。本特集では、自己流ケアを予防するために必要なマネジメントとして、「見える化」と「標準化」の具体策をお伝えします。

待遇? 方針? 人間関係?
介護スタッフが辞めない職場づくりの好事例

今後さらに増加するであろう介護需要に対して、介護事業ではより一層の人材確保が必要となることでしょう。また、さまざまな加算取得においても人員要件があり、人材の有無は介護事業の方向性を左右する要因にもなります。本特集では、「介護スタッフが辞めない」をテーマに、先進施設の成功例からその工夫とアイディアを紹介します。


 
 11-12月号

ヒト・モノ・カネを確保する!
介護事業で使える補助金・助成金の総チェック

安心・安全な介護サービスを提供するには、人づくりおよび環境整備が重要です。しかし、介護報酬のマイナス改定や人材不足など、介護事業における不安要素が多くあるため、ヒト・モノへの投資が収益を圧迫してしまえば、事業の存続は危ぶまれてしまいます。そこで、目的にあった補助金・助成金を上手に活用し、事業の発展を見据えたヒト・モノの確保を目指しましょう。

職員の仕事ぶりを正当に評価できていますか?
不平不満を生み出さない
「人事考課」「目標管理」の工夫

いくら仕事を頑張っても、それが正当に評価されなければ仕事へのモチベーションは下がってしまいます。しかし、介護職の仕事は数字で評価できない部分が多くあるため、「何を」「どのように」評価するのか、不平不満を生み出さないための工夫が求められます。本特集では、「人事考課」と「目標管理」をテーマに、管理職に求められる支援や評価の具体策を考えます。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 




  ※特典「介護施設・事業所の人材確保 定着・獲得・育成 具体策」は終了いたしました。


◆その他のバックナンバーはこちら




★この商品の内容に関するお問い合わせは仙台デスク
 お急ぎの場合は、TEL(022)261-7660におかけください。  

※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。

 




お申し込みの際は下記のボタンをクリックしてください 。
お客様情報入力画面に進みます。


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671