ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 介護チームマネジメント > 今後の特集予定



特集ラインナップ

2017
1・2月号

 

チームの士気を高める!
全員が主役になれるマネジメントアプローチ

人は誰しも、活躍することでそのモチベーションが高まります。では、介護スタッフの活躍の場はどこにあるのでしょうか?管理職として、どのようなアプローチが必要なのでしょうか?本特集では、「全員が主役になれる」をキーワードに、モチベーション向上の具体策を考えていきます。個々のスタッフが仕事に喜びを、楽しみを感じられるようなマネジメントを実践しましょう。

 あなたの一言がスタッフを変える! 活かす一言、潰す一言
   一般社団法人日本看護コーチ協会 副代表理事
   医療法人若草会横須賀中央眼科 看護部長 河井葉純

 〈年代・経験別〉 新しい仕事の頼み方
   ふくしえん社労士事務所 介護特化社会保険労務士
   人材定着コンサルタント 後藤功太

スタッフの役割づくりとモチベーションマネジメント実践例

  (1)委員会活動を通じてモチベーションの維持・向上を図る
    社会福祉法人あいの土山福祉会 エーデル土山 副施設長
    事務局長 廣岡隆之

  (2)季節イベントをチームで運営するメリット
    株式会社エルフィス 常務取締役
    エルフィス クリエイティブ マネジメント 代表 阿部功平

  (3)施設内研修「毎日勉強会」でモチベーションを高める
    社会福祉法人樹会 特別養護老人ホーム大井苑 施設長 岩渕英子

  (4)季節イベントの企画運営を若手スタッフに委ねる
    社会福祉法人八生会 法人本部 経営企画課 課長補佐 藤田将行

  (5)「自立支援介護」の実践
    社会福祉法人昭徳会 特別養護老人ホーム高浜安立荘 施設長 中村範親

  (6)「スタッフはファミリー!!」〜やる気アップの取り組みがスマイルに
    医療法人松田会 介護老人保健施設エバーグリーン・ツルガヤ
    通所リハビリテーション 主任 及川浩治 ほか


炎上させないテクニック
管理職に求められる
苦情・クレーム・トラブル対応

利用者・家族からの苦情・クレームは、早急に対応しなければなりません。しかし、初期対応を誤ると問題はさらに拡大し、その解決には多大な労力が必要となります。本特集では、「炎上させない」をキーワードに、苦情・クレーム・トラブルへの対応方法を考えていきます。管理職の責任や役割を踏まえ、適切な判断・対応のテクニックを学びましょう。

 苦情・クレーム対応における管理職の心得
   社会福祉法人うねび会 理事長/株式会社ひまわりの会 取締役 酒井宏和

 ●苦情・クレームに即対応するための心得
   有限会社ノバネットワークス 代表取締役 田中栄子

 ●やってはいけない!苦情・クレームを炎上させてしまう対応
   株式会社ケアジャパン 取締役・介護事業部 部長/社会福祉士 武市健治

 ●苦情・クレーム対応のイロハニホヘト
   あいリレー介護事業グループ 代表
   株式会社つくばエデュース 代表取締役 村上義孝


すぐに使える! ワンランク上の教育・研修ツール

救急対応編

 ●介護現場における急変予防と対応
   杏林大学 保健学部 看護学科 看護学専攻
   基礎・在宅看護学研究室 教授 山本君子 ほか

巻頭企画

 接遇大賞 受賞者訪問
   医療法人天百合会 教育・人事部長 藤原稔子

 特選! 地域で選ばれる取り組み・人づくり
   株式会社ケアジャパン グループホームハッピー ホーム長 西野和孝 ほか

特別企画

 要介護者の夢を叶える!トラベルヘルパーのお仕事
   特定非営利活動法人 日本トラベルヘルパー協会 理事 山村由美子

2017年1・2月号の目次はこちら


2017
3・4月号

 

入所者と職員を護る!
介護施設における防災・防犯の
アクションプラン

自然災害の発生を人の手で止めることはできません。また、施設に向けた悪意ある犯罪行為が発生しないと言い切れません。では、このような問題に対して、施設ではどのような準備をすべきでしょうか。本特集では、施設における防災と防犯をテーマに、入所者と職員の安全、安心確保の具体策をお伝えします。

 防災/防犯における管理職の責任と役割
 防災/防犯におけるネットワークづくりの具体策
 ●防災のアクションプラン
  ・防災マニュアル作成
  ・BCP作成の方法
  ・福祉避難所の運営と補助金の活用
  ・ 避難訓練の企画・運営
  ・防災意識を高める職員教育
  ・管理職はどう動く? 緊急対応シミュレーション
 ●防犯のアクションプラン
  ・防犯マニュアル作成
  ・セキュリティ実践の具体策
  ・利用者の情報管理
  ・不審者対応訓練
  ・防犯意識を高める職員教育
  ・どう対応する? 防犯シミュレーション


介護スタッフの学習意欲を高める!
OJT・集合研修の組み立て方と
指導テクニック

介護現場では、幅広い年代、多様な経験を持つ介護スタッフが働いています。介護知識やスキルの維持、向上に対するモチベーションも様々であり、その指導に悩むことも多いのではないでしょうか。本特集では、「学習意欲を高める」をキーワードに、OJTや集合研修における教育アプローチについて考えていきます。

 スタッフの学習意欲を刺激する管理職としてのアプローチと指導テクニック
 ●OJTの効果を高める「教育的アプローチ」の具体策
  〜今どきの若者/中途採用者〜
 ●施設内研修の工夫 職員が主体となって企画・運営する研修
  ・キャリアパス連動研修
  ・介護技術検定の企画・運営

特別企画

 介護施設における外国人雇用の実態と課題、そして展望


2017
5・6月号

 

態度・表情・言葉遣いがグンと良くなる!
介護スタッフの【接遇・マナー】
スキル向上大作戦!

介護に「サービス」の要素が求められるようになった今、「接遇・マナー」の重要性は高まっています。介護スタッフの接遇・マナースキルを底上げし、「いつでも」「どこでも」「誰でも」実践できるようになるための具体策を紹介します。


「実践知」を共有しよう!
介護スタッフを成長させる
認知症ケア指導&体験談

認知症ケアにおける、対応困難な場面の体験は専門職としての成長には不可欠です。管理職に求められる認知症ケアの指導や教育のあり方を踏まえ、「私を成長させてくれた」をテーマとした経験談を多数紹介します。

特別企画

 認知症高齢者と薬
  継続・中止・変更にかかわる観察ポイント&医師への伝え方


2017
7・8月号

 

「上司の無茶振り」「スタッフの反発」
「理不尽なクレーム」…あなたならどうする?!

「管理職の修羅場」切り抜け道場

介護現場の管理職は、上司と部下、組織と利用者など、板挟みの状態になりやすい立場と言えるでしょう。さまざまな実体験を基に、明日あなたに起こるかもしれない「管理職の修羅場」をシミュレーションしてみます。


介護現場の重度化に対応
「寝たきり利用者」のケア&
チームマネジメント

入所時点から「寝たきり」となっている利用者に対し、スタッフはケアの目標を見失うことも多いようです。このような寝たきり利用者のケアに焦点をあて、管理職に求められるスタッフのモチベーションマネジメントについて、学んでいただきます。

特別企画

 高齢者の足をもっと見よう!介護フットケアのススメ


※内容を変更する場合がございます。ご了承ください


 




前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671