ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 臨床看護記録 > バックナンバー

●バックナンバー


2018年
4・5月号

商品番号
(2580400)


 

在宅・連携施設につなぐ記録


記録の時短を本気で考える


やさしく理解 看護診断プロセス

◆2018年4・5月号の特集・連載はこちら


2018年
2・3月号

商品番号
(2580200)


 

看護データベース・看護サマリーの改善事例集


看護師の感性,気づき,思考過程,判断を
看護記録に表現する


記録委員会と各部署リンクナースの連携強化と活動実践

◆2018年2・3月号の特集・連載はこちら


2017年
12・1月号

商品番号
(2571200)


 

「患者が見える記録」に
生まれ変わるコツと看護計画の立案・修正


アセスメントができるナースになるための日々の心得


看護記録の質向上・効率化に連結するOJT

◆2017年12・1月号の特集・連載はこちら


2017年
10・11月号

商品番号
(2571000)


 

電子カルテならではの記録上問題点の具体的解決法


看護記録のリフレクション
とアセスメント能力のスキルアップ


地道な活動の継続で活性化した委員会活動の実践報告

◆2017年10・11月号の特集・連載はこちら


2017年
8・9月号

商品番号
(2570800)


 

部署ごとの特徴,
多職種協働チーム医療の中での記録のあり方


記録をもとにしたカンファレンスの活用と
アセスメント能力育成


看護過程・看護記録研修の組み立てと到達度評価

特別企画
看護記録・業務の効率化と統一化が図れるクリニカルパス作成への取り組み
〜クリニカルパス専任看護師の活動から
◆2017年8・9月号の特集・連載はこちら


2017年
6・7月号

商品番号
(2570600)


 

重症度,医療・看護必要度に
かかる評価の精度をどう高めるか


看護診断・看護過程・看護理論の徹底深掘り
臨床活用事例集


監査準備と具体的な進め方【現場実践事例】

特別企画
妥当性の高いアセスメントを行ううえでの困難要因と対策
〜データベースアセスメントに焦点をあてて〜
◆2017年6・7月号の特集・連載はこちら


2017年
4・5月号

商品番号
(2570400)


 

日常のなぜ? 何? から導き出す「臨床現場発」記録改善


記録の経過から見直すアセスメント能力を高めていくポイント


記録委員会運営ノウハウのレベルアップ
すぐにアクションができる“HOW−TO事例”

◆2017年4・5月号の特集・連載はこちら


2017年
2・3月号

商品番号
(2570200)


 

現状に合った使いやすい看護記録記載基準に修正しよう


アセスメント力をもっと向上させる指導,取り組み事例

◆2017年2・3月号の特集・連載はこちら

※2016年12・1月号は完売いたしました。

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671