ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 看護きろくと看護過程> 10・11月号 目次




 10・11月号 目次

特集1

重症度,医療・看護必要度の
適正な評価に導く記録・監査


監査結果の可視化でスタッフの
意識づけ・行動変容につなげる

〜看護必要度の精度向上を目指した効果的なフィードバックの検討

医療法人協和会 協立病院 看護課長
竹内さゆり ほか


チームで取り組む対策
重症度,医療・看護必要度の記録と監査

川崎医科大学附属川崎病院 看護部長
新 美保恵 ほか


評価漏れ,記録記入に効果あり!
重症度,医療・看護必要度の研修と監査の具体策

市立貝塚病院 病棟運営室長/看護局副局長
能口百合子


看護必要度チームの活動を基軸とした
重症度,医療・看護必要度の評価と記録,監査への取り組み

鈴鹿中央総合病院 看護師主任会看護必要度チーム
主任/皮膚・排泄ケア認定看護師
松原明美 ほか


重症度,医療・看護必要度に係る
記録の精度を上げるための取り組み

富山県立中央病院 脳外科・消化器内科病棟 上席看護師長
瀬山尚子


重症度,医療・看護必要度の
適正評価に向けた取り組みの工夫

名古屋記念病院 看護部記録委員会 委員長/看護師長
冨田かおり ほか


 

特集2

あわてず正確・適切に記載する
インシデント・アクシデント
発生時における看護記録


記録と報告の標準化を目指す
転倒・転落発生時における
記録テンプレートの導入と対応フローチャートの作成

JCHO北海道病院 医療安全管理室 室長
早瀬美香


委員会の連携・活動の強化にみる
転倒・転落発生時の記録の取り組み

芳珠記念病院 看護局 次長
東 栄美子


 

特別企画

平成28年度診療報酬改定における
重症度,医療・看護必要度に関する対応〈後編〉

徳島大学病院 記録・システム委員長/看護師長
金澤昭代 ほか


看護記録記載基準に基づいた
タイムリーな看護計画の評価・修正の実践

愛仁会リハビリテーション病院 スタッフ
松崎知穂 ほか


 

連載

診療科別の事例で学ぶ!
見える記録の誌上添削塾 〈第35回〉

名古屋大学医学部附属病院 看護部長/認定看護管理者
市村尚子


“スタッフあるある”
疑問に答える記録改善・指導 〈第2回〉

ONE FOR ALL 横浜 看護部長
螻川内亜也美


ダラダラ書かない!
明瞭簡潔な文章を書こう 〈第6回(最終回)〉

龍谷大学 社会学部 コミュニティマネジメント学科 准教授
築地達郎


領域別 IT時代の看護過程の考え方と教え方 〈第5回〉
名寄市立大学 保健福祉学部 看護学科 教授
永谷智恵


私たちの記録委員会活動
記録の指導・効率化の具体策〈第15回〉

福山医療センター 看護師長/看護記録委員長
日笠陽子


委員会活動を活発に! 効率的に!看護コーチがやさしく解説!
楽々 会議ファシリテーションのコツ〈第5回〉

日本看護コーチ協会 代表理事
島村優子 ほか


 



 
 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671