ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 看護きろくと看護過程> 2・3月号 目次




 2・3月号 目次

特集1

現状に合った使いやすい
看護記録記載基準に修正しよう


PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)(R)導入・実践から
得られたタイムリーな記録記載と看護業務への波及効果

岐阜県総合医療センター 看護師長
久世美樹 ほか


PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)(R)における
ベッドサイドでリアルタイムに記録できる
仕組みづくりと実践

岡崎市民病院 消化器内科病棟 看護長補佐
柳沢亜也子


変化に対応する記載基準の見直し,周知徹底とその評価
龍ケ崎済生会病院 副看護師長
井上あや ほか


 

特集2

アセスメント力をもっと向上させる
指導,取り組み事例


新人看護師のアセスメント力を高めるOJTのポイント
日本赤十字看護大学 看護教育学 准教授
西田朋子


アセスメント能力向上に向けた
ケースカンファレンスの実際と今後の課題

長崎大学病院 救命救急センター 救急看護認定看護師
宮田佳之


看護部記録委員会・倫理委員会の活動から導く
アセスメント能力の強化とOJTの推進

〜委員会によるチームリーダー役割の支援

昭和大学病院 看護部次長/認定看護管理者/看護部記録委員長
田口美保 ほか


“看護過程ギライ”を解消する講義のアクセント
栃木県看護協会 教育研修課 主任
湯澤 淳 ほか


アセスメント能力向上を意図した質的監査,
看護過程教育とOJTでの指導の工夫

白山石川医療企業団 公立松任石川中央病院
看護記録委員会副委員長/副看護師長
森田美有紀 ほか


アセスメント力を向上させるために
効果的な院内研修の進め方

〜アクションリサーチ法を用いた取り組みの実際

北海道科学大学 保健医療学部 看護学科 教授
福良 薫 ほか


 

特別企画

看護記録の充実に向けた記録監査とテンプレートの活用
徳島赤十字病院 看護係長
松田ひとみ ほか


看護記録の分析から看護記録の現状と課題を考える
〜転倒リスク状態の看護記録に着目して

札幌市立大学 看護学部 看護学科 成人看護学領域 准教授
神島滋子


アンケート調査による患者用パスの「病院の言葉」を
分かりやすくする検討

恵寿総合病院 6階西病棟 看護師
境津佳沙 ほか


 

新連載

成果を上げるたくましい組織を目指す!
部署,委員会の目標達成に導く
チームビルディングの考え方と実践

一般社団法人日本看護コーチ協会 副代表理事
医療法人若草会横須賀中央眼科 看護部長
河井葉純


 

連載

診療科別の事例で学ぶ!
見える記録の誌上添削塾 〈第37回〉

名古屋大学医学部附属病院 看護部長/認定看護管理者
市村尚子


“スタッフあるある”
疑問に答える記録改善・指導 〈第4回〉

ONE FOR ALL 横浜 看護部長
螻川内亜也美


領域別 IT時代の看護過程の
考え方と教え方 〈第7回(最終回)〉

名寄市立大学 保健福祉学部 看護学科 准教授
段 亜梅


 



 
 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671