ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 臨床看護記録
 
商品番号【10・11月号】2561000
商品番号【12・1月号】2561200
商品番号【2・3月号】2570200

 

隔月刊誌 臨床看護記録





 
 2-3月号
現状に合った使いやすい
看護記録記載基準に修正しよう
看護記録の的確な記載や効率化の実現のためには、現場の状況に合わせて看護記録記載基準を見直す必要があります。本特集では、様々な病院で取り組んでいる看護記録記載基準の見直しについて、資料を挙げながら解説していきます。

アセスメント力をもっと
向上させる指導、取り組み事例

的確な看護・記録の実践には、アセスメント力の向上が欠かせません。記録に生かすアセスメントのポイントや、日々の業務中にできるトレーニング法などを紹介します。

特別企画

 患者用パスの言葉を分かりやすくする取り組み〜アンケート調査の活用から
 看護記録の充実に向けた記録監査とテンプレートの活用
 看護記録の分析から看護記録の現状と課題を考える
  〜転倒リスク状態の看護記録に着目して


 
 4-5月号
看護実践が見える記録を書く秘訣
日常のなぜ? 何? から導き出す
「臨床現場発」記録改善

何を、どのように記録に残していくべきか
記録の経過から見直す
アセスメント能力を高めていくポイント

記録委員会 運営ノウハウのレベルアップ
すぐにアクションができる“HOW−TO事例”


看護必要度 シリーズ企画(4-5月号より毎号掲載)
 重症度、医療・看護必要度に関する記録への取り組み実践レポート
特別企画

 実例で具体的に! 新人看護師への記録指導・教育の進め方


 
 6-7月号
セクションごとの見直しと院内全体で取り組むべきこと
重症度、医療・看護必要度に係る
評価の精度をどう高めるか?

看護実践能力UPにつなげていくために!
看護診断・看護過程・看護理論の徹底深堀り
臨床活用事例集

看護記録監査を、今よりもっと、ムリ、ムダなく、より的確に
監査準備と具体的な進め方はこうする!
現場実践事例


 
 8-9月号
ケアのレベルアップにつなげていく! 部署ごとの特徴、
多職種協働チーム医療の中での記録のあり方

記録をもとにしたカンファレンスの活用と
アセスメント能力育成
患者情報の収集・分析を効果的に行うことができるために

ウィークポイントはどこ?
院内記録研修のプログラミングと
評価・到達度のチェック方法


 
 10-11月号
電子カルテならではの
記録上問題点の具体的解消法
困った事例、判断に迷うケースを抽出、実践事例でリアルにわかる

どうして見抜けなかったのか!
実は記録に残っていた患者急変のサイン

看護記録のリフレクションと
アセスメント能力のスキルアップ

成功例と失敗例の比較でわかる!
地道な活動の継続で、
活性化した委員会活動の実践報告


 
 12-1月号
無駄な内容、重複の見直し、新たな視点を加える!
「患者が見える記録」に生まれ変わる
コツと看護計画の立案・修正

急がば回れ! 直ぐには身につかない
アセスメントができる
ナースになるための日々の心得

主任・リーダーが旗振り役! 
看護記録の質向上・効率化に連結するOJT

 




※別冊等の特典は,日総研に直接年ぎめ購読をお申し込みいただいている方のみになります。
 ※特典はなくなり次第終了させていただきます。


◆その他のバックナンバーはこちら


 

 ★この商品の内容に関するお問い合わせは広島デスク TEL(082)227-5668
  ※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

 ☆ご注文に関するお問い合わせは、お客様センターフリーダイヤル 0120-057671




お申し込みの際は下記のボタンをクリックしてください 。
お客様情報入力画面に進みます。


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671