ホーム > 専門誌 > 隔月刊誌 臨床看護記録 > 今後の特集予定



特集ラインナップ
 
2019年
2・3月号

 

PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム®
における記録の実際と記録指導の取り組み

 PNS運用の確立とベッドサイドでの
  タイムリーな記録に向けた活動展開

   岡崎市民病院 看護局次長 眞野志乃ぶ

 PNSにおける記録委員の取り組み
   富山県リハビリテーション病院・こども支援センター
   療養介護病棟 副師長 織田幸子
 ほか

 PNSだからこそできる!
  臨床での“即時”記録監査による看護実践の充実

   福岡大学筑紫病院 看護部 小児病棟 看護師長 山下千波 ほか


看護の質向上につなげる記録監査の見直し

 多職種で共有する看護記録を目指して
  ―看護記録委員会の監査と取り組み

   新小山市民病院 看護師長 田熊明子

 診療録管理室と看護記録委員会の連携による記録監査の実際
   山口県済生会山口総合病院 集中治療部 看護師長 藤本千歌恵 ほか

 多職種連携による重症度,医療・看護必要度評価精度向上の取り組み
   社会福祉法人恩賜財団済生会 千葉県済生会習志野病院看護部
   病床稼動担当師長 横井久枝

 看護記録質監査による看護実践力の評価方法
  ―スタッフ個々人の看護実践力の軌跡がわかる評価の観点から―

   川崎市立看護短期大学 教授 滝島紀子


目からウロコの記録見本市

 「評価記録テンプレート」「多職種カンファレンス」の
   活用のプロセスと成果
   群馬県立がんセンター 看護師長
   記録委員会 委員長 岡部栄美子
 ほか

 リハビリテーション病棟における
  個別性に合った看護計画・ケアの実践
   公益社団法人群馬県医師会 群馬リハビリテーション病院 看護主任
   脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 蜂須賀伸昭

 業務の標準化・効率化につながる即日入院看護パスの作成と活用
   熊本機能病院 主任看護師 満汐裕子

特別企画

 未来の成長に向けた大きなチャンス!
  記録委員会活動を豊かな生活のきっかけに

    株式会社オドック 代表取締役
    組織活性プロデューサー 岡 晴雄

2019年2・3月号の目次はこちら


2019年
4・5月号

 

看護過程・記録の階層別現任教育

クリティカルパスの有効活用による記録の効率化

2019年
6・7月号

 

実践で役立つ! 正しい看護診断の活用

重要情報が理解できる
「退院サマリー」書き方のコツ

2019年
8・9月号

 

看護記録にかける時間短縮の実際

第三者からもわかりやすい記録について考える

 

※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。




 

         
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671