ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 臨床看護記録 > 今後の特集予定



特集ラインナップ
 
2018年
6・7月号

 

インシデント・アクシデント発生時
記録の書き方

 インシデント・アクシデント発生時の記録・急変時の記録を考える
   総合病院 聖隷浜松病院 看護部 診療情報委員会
   看護次長(副看護部長)  中村典子

 鳥転倒・転落発生時の記録と「転倒転落初期対応パス」の活用
   鳥取県済生会境港総合病院 看護師長/医療安全管理者 森 恵子


記録監査のフィードバックと活用

 記録委員会・リンクナース会の活動を中心とした
  看護記録監査とフィードバックの進め方の実際

   旭川医科大学病院 入退院センター担当副看護部長
   看護部記録委員会委員長  金田豊子 ほか

 ●質監査結果をタイムリーにフィードバックできる仕組みづくりと効用
   独立行政法人国立病院機構 大分医療センター
   看護部 看護師長  山本真由美 ほか


アセスメント能力育成の鍵!
患者情報 深く掘り下げ術

 リッチな患者情報の掘り下げから
  アセスメント・看護支援につなげていくための考え方

   いわき明星大学 看護学部 講師
   急性・重症患者看護専門看護師 樅山定美

 多職種カンファレンス,テンプレート活用にみる
  情報収集・アセスメント能力向上の取り組み

   群馬県立がんセンター 記録委員会委員長  細田晴美 ほか

 患者が抱える不安や悩みの本質に気づき共に対策を考える
   松山赤十字病院 地域医療連携室 看護係長
   がん相談担当看護師 三好真由子

特別企画

 2つだけの看護計画を立案することで看護が見える
  記録と記録時間短縮の両立が実現した取り組み

   蒲郡市民病院 入退院管理室 副室長 田中三千歳 ほか

 SOAP感覚を養おう
  
〜問題思考を磨くと記録がもっとラクになる
   日本医療科学大学 保健医療学部 看護学科 教授 石綿啓子 ほか 

 勤務病棟の特徴を踏まえた
  質の高い看護を提供するための看護師の教育内容
  
―一般外科病棟と整形外科病棟に焦点をあてて―
   川崎市立看護短期大学 教授 滝島紀子

2018年6・7月号の目次はこちら


2018年
8・9月号

 

重症度、医療・看護必要度の
適正な評価につなげる記録

 Takaya Corporation 病院経営アドバイザー 看護師
  保健師/心理相談員 上村久子
 東京医科大学病院 看護部 情報担当 主任看護師
  医療情報ケアプロセス研究会 世話人 本田裕美
 飯田市立病院 副看護部長 近藤世音子
 看護部兼医事課勤務 看護師 川手敬子


事例で解析 看護過程、アセスメント力
強化につながる指導の実際

 山口大学大学院医学系研究科保健学専攻 教授 伊東美佐江
 川崎医療福祉大学 医療福祉学部 保健看護学科 講師 中瀬雄大
 秋田大学医学部附属病院 看護部 副看護部長 今野笑子
 豊橋市民病院 東病棟6階 教育主任 川合明子
 豊橋市民病院 東病棟8階 教育主任 林きよみ


看護記録マニュアル・記載基準作成・
修正のコツとポイント

さらに現場で活かせる記録に向けて

 川崎市立看護短期大学 教授 滝島紀子
 高松赤十字病院 看護部 看護師長 古賀くみこ
 徳山中央病院 看護師長 森野直美


2018年
10・11月号

 

テンプレートの作成と現場での工夫

カンファレンスを活用した
記録・アセスメントの指導展開

IC(インフォームドコンセント)での
記録のあり方

特別企画

 アセスメントの視点とケア実施項目を関連づけた標準看護計画の開発
    鹿児島大学病院 医療情報部部長 宇都由美子


2018年
12・1月号

 

認知症、せん妄のケースの記録の表現方法

SOAP記録、現場事例でみる疑問解決策

効果が上がる 患者参画型看護計画の立案と活用


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。




 

 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671