ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 臨床看護記録 > 今後の特集予定



特集ラインナップ
2017年
2・3月号

 

現状に合った使いやすい
看護記録記載基準に修正しよう

 PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)(R)導入・実践から
  得られたタイムリーな記録記載と看護業務への波及効果

   岐阜県総合医療センター 看護師長 久世美樹 ほか

 PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)(R)における
  ベッドサイドでリアルタイムに記録できる仕組みづくりと実践

   岡崎市民病院 消化器内科病棟 看護長補佐 柳沢亜也子

 変化に対応する記載基準の見直し、周知徹底とその評価
   龍ケ崎済生会病院 副看護師長 井上あや ほか


アセスメント力をもっと向上させる
指導、取り組み事例

 新人看護師のアセスメント力を高めるOJTのポイント
   日本赤十字看護大学 看護教育学 准教授 西田朋子

 アセスメント能力向上に向けたケースカンファレンスの実際と今後の課題
   長崎大学病院 救命救急センター 救急看護認定看護師 宮田佳之

 看護部記録委員会・倫理委員会の活動から導く
  アセスメント能力の強化とOJTの推進
  
〜委員会によるチームリーダー役割の支援
   昭和大学病院 看護部次長/認定看護管理者
   看護部記録委員長 田口美保 ほか

 “看護過程ギライ”を解消する講義のアクセント
   栃木県看護協会 教育研修課 主任 湯澤 淳 ほか

 アセスメント能力向上を意図した質的監査,
  看護過程教育とOJTでの指導の工夫

   白山石川医療企業団 公立松任石川中央病院
   看護記録委員会副委員長/副看護師長 森田美有紀 ほか

 アセスメント力を向上させるために効果的な院内研修の進め方
  
〜アクションリサーチ法を用いた取り組みの実際
   北海道科学大学 保健医療学部 看護学科 教授 福良 薫 ほか

特別企画

 看護記録の充実に向けた記録監査とテンプレートの活用
   徳島赤十字病院 看護係長 松田ひとみ ほか

 看護記録の分析から看護記録の現状と課題を考える
  〜転倒リスク状態の看護記録に着目して
   札幌市立大学 看護学部 看護学科 成人看護学領域 准教授 神島滋子 

 アンケート調査による患者用パスの「病院の言葉」を分かりやすくする検討
   恵寿総合病院 6階西病棟 看護師 境津佳沙 ほか

2017年2・3月号の目次はこちら



 


看護記録実践例をボリュームアップ!取り組み内容を深く掘り下げて紹介!
ケアの内容が伝わる、看護実践が見える記録に変わる!
アセスメント能力のレベルアップが実現。先を見越した次の看護につながる!
記録委員会活動,看護過程教育の充実で、看護記録の精度が向上する!
複雑で煩雑な記録業務をどのように改善すべきか、その方向性がわかる!

2017年
4・5月号

 

新たなしくみ作りと課題解決編
看護実践が見える記録を書く秘訣

日常のなぜ? 何? から導き出す
「臨床現場発」記録改善
看護部全体,各セクションごとで行っている記録改善に向けたプロセスや取り組み内容を日常業務の中に落とし込んだ視点をもとに具体的に紹介します。

 看護過程展開が見える看護記録、
  日々の看護を記録に残していくための取り組み

   聖隷三方原病院 看護部記録委員会 B5病棟課長
   がん性疼痛看護認定看護師 清原恵美

 効率性を重視した計画一体型テンプレートの作成
  業務負担軽減を目指しコンパクトにデザイン
   美濃市立美濃病院 看護局長 山中多美子

 記録改善の推進役を担う看護師の教育と部署別質監査の実施
   長岡赤十字病院 看護部 看護記録委員会 師長 目黒信子・田村晃子

 患者支援センターでの入院前アナムネ聴取の効果的活用の実践
   神奈川県立がんセンター 緩和ケア・患者支援部
   患者支援センター 後方連携担当科長 當房紀子 ほか

 「看護が見える記録」を書くために必要な記録改善の視点
   旭川赤十字病院 看護副部長 認定看護管理者 前田章子


アセスメント能力向上編
何を、どのように記録に残していくべきか
記録の経過から見直す
アセスメント能力を高めていくポイント
日々の看護実践の中で,観察した内容やアセスメントしたことを,どのように記録に残していくべきか,アセスメント能力の更なるレベルアップを図っていくアプローチ,取り組み実践例を具体的にご紹介します。

 フィジカルアセスメントを記録する習慣と経過記録表から
  患者の変化に気づくポイント

   静岡県立総合病院 高度救命救急センター
   看護師長 集中ケア認定看護師 小杉一江

 記録からみえてくる、
  日々の臨床でアセスメント能力を高めていくための着眼点

   東京城東病院 看護師 田村一義 ほか

 新人看護師が直面するアセスメントの難しさと教育・指導の進め方
   呉共済病院看護専門学校 副学校長 山本真由美 ほか


記録教育・監査・委員会活動編
記録委員会運営ノウハウのレベルアップ
すぐにアクションができる“HOW−TO事例”
看護記録委員会の活動・運営プロセス、各部署担当者や他の委員会との連携・調整,看護過程教育の進め方など,すぐに改善・実行できる行動プラン、記録の質向上にむけた取り組み内容を具体的にご紹介します。

 看護記録委員会とクリニカルラダー委員会の協働による
  看護過程研修の実際

   一宮市立市民病院 看護師長 福崎洋子 ほか

 記録適正化部会で取り組んだ患者が見える看護記録へ向けた活動
   NTT東日本伊豆病院 看護長 小宮山由紀子 ほか

特別企画

 新人看護師への記録指導・教育の進め方と支援・アプローチ
  
〜実践例を中心に
   
群馬大学医学部附属病院 看護部 新人教育担当 看護師長 大谷忠広 ほか




2017年
6・7月号

 

部署・院内全体で取り組むべきこと
重症度、医療・看護必要度にかかる
評価の精度をどう高めるか

 看護必要度の根拠となる記録記載と必要度評価の精度を高める取り組み
   JCHO大阪病院 副看護部長 古田由美子

 看護必要度の根拠となる記録と監査基準見直しの取り組み
   仙台医療センター 副看護師長 高橋修二・日下由樹

 看護必要度評価の精度向上にむけた取り組みと記録の質との連動性
   愛知医科大学病院 看護部 人事・労務担当副部長
   認定看護管理者 黒田幸恵 ほか



看護実践能力UPにつなげていくために!
看護診断・看護過程・看護理論の徹底深堀り
臨床活用事例集

 NANDA13領域を活用した全体像の描写とカンファレンスの活用
   北里大学東病院 在宅緩和支援病棟 看護主任 玄海泰子

 看護理論を臨床で活用することで生まれた看護の変化
  〜実践事例の展開を通して
   聖隷佐倉市民病院 看護部 別宮尚美

 リフレクションを取り入れた看護過程の事例展開への取り組みの効果
   榛原総合病院 看護部 主任 黒木真紀


看護記録監査を、今よりもっと、ムリ、ムダなく、より的確に
監査準備と具体的な進め方はこうする!
現場実践事例

 監査者の育成に向けた教育研修体制の仕組みづくりと監査へのつなげ方
   獨協医科大学病院 看護部長 二戸部富江 ほか

 看護の質担保とケアプロセスが見える記録にむけた監査の進め方
  〜記録委員会と委員会リンクナースの連携・活動展開の事例から
   豊橋市民病院 看護局 人事科長 間瀬有奈
   豊橋市民病院 西3階師長・看護記録委員会 委員長 上野厚子

 看護記録監査に着目した看護記録の質向上への取り組み
  ”自己監査と他者監査を比較して”

   自衛隊福岡病院 看護部 小林由似

特別企画

 妥当性の高いアセスメントを行ううえでの困難要因と対策     
  −データベースアセスメントに焦点をあてて−
   川崎市立看護短期大学 教授 滝島紀子 


2017年
8・9月号

 

ケアのレベルアップにつなげていく! 部署ごとの特徴、
多職種協働チーム医療の中での記録のあり方

記録をもとにしたカンファレンスの活用と
アセスメント能力育成
患者情報の収集・分析を効果的に行うことができるために

ウィークポイントはどこ?
看護過程・記録研修の
プログラミングと到達度評価



2017年
10・11月号

 

電子カルテならではの記録上の課題解消法
困った事例、判断に迷うケースを抽出、
実践事例でリアルにわかる


看護記録のリフレクションと
アセスメント能力のスキルアップ
看護実践と記録の関連性を深める

成功例と失敗例の比較でわかる
地道な活動の継続で
活性化した委員会活動の実践報告



2017年
12・1月号

 

無駄な内容、重複の見直し、新たな視点を加える!
「患者が見える記録」に生まれ変わる
コツと看護計画の立案・修正

急がば回れ! 直ぐには身につかない
アセスメントができる
ナースになるための日々の心得

主任・リーダーが旗振り役! 
看護記録の質向上・効率化に連結するOJT



2018年
2・3月号

 

看護データベース・看護サマリーの改善事例集
〜患者・家族と看護のつながりがもっと見えてくる

看護師の感性、気づき、思考過程を
看護記録に表現する〜SOAP記載例で、わかりやすく解説

記録委員会と各部署リンクナースの
連携強化にむけた具体策



※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。




 

 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671