ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 臨床看護記録
 
商品番号【2・3月号】2580200
商品番号【4・5月号】2580400
商品番号【6・7月号】2580600

隔月刊誌 主任看護師 管理・教育・業務
隔月刊誌 臨床看護記録

記録の見本を作り、看護必要度の評価と監査の強化を実現した事例
富山大学附属病院の看護必要度プロジェクトグループの活動例(2-3月号)

セル看護提供方式の導入で効率化が進み、記録時間を短縮した事例
 飯塚病院の看護部の取り組み実践例(4-5月号)

PNSでの記録と迅速な情報共有の進め方、記録改善の事例
 浜松医科大学医学部附属病院のPNSグループの取り組み例(2-3月号)

院内での看護診断研修の企画・実践のすすめかた事例
 大阪赤十字病院 看護診断委員会の取り組み例(4-5月号)

毎号、約16施設が実施した注目の効率UP成功例や参考例を紹介。

 12-1月号 特集・連載の成功例・参考例

篠ノ井総合病院 病態関連図、看護計画立案、看護診断過程を事例で明らかに
金山クリニック 慢性疾患患者のアセスメント、看護の展開を記録に絡めて事例で
北海道科学大学 臨床経験から紐解くフィジカルアセスメント能力向上につなぐ秘訣
四日市看護医療大学 日々の看護実践の積み重ねから導くアセスメント力アップのポイント 
島根県済生会江津総合病院 主任・リーダーが旗振り役!記録のOJTをどう進めていくべきか
岡山済生会総合病院 看護記録・看護診断の現場指導への記録委員会の関わり方
フェアネス法律事務所   裁判になった際、看護記録で注目されるポイントはどこか
聖隷浜松病院 患者の要望を反映する看護記録を導くために
佐賀大学 医学部 看護学科 どうすればクリティカルシンキングができるようになるか
東京都立広尾病院 看護必要度にかかる記録の評価と現場での指導展開例

 2-3月号 特集・連載の成功例・参考例

ひたちなか総合病院 多職種が情報共有できる退院支援記録とデータの活用事例
社会医療法人愛仁会高槻病院  改訂前・後のサマリーの比較で明らかに。継続看護の質向上はどこ
大阪市立総合医療センター  看護部委員会の変革と記録委員会・リンクナースとの連携活動例
土浦協同病院 看護記録検討委員会と現場をつなぐ小委員の役割明確化と活動例
鹿児島大学 医学部 保健学科 見たこと聞いたことをもとにアセスメント、看護実践を記録に残す
NTT東日本札幌病院  看護実践を記録に残すために留意すべき表現方法
偕行会リハビリテーション病院 回復期リハビリテーション病棟の特徴を捉えた看護記録の工夫事例
市立砺波総合病院 様々な角度からみた病院機能評価受審での看護記録のあり方
富山大学附属病院 重症度、医療・看護必要度の評価精度向上と監査機能の強化事例
浜松医科大学医学部附属病院 PNSでの記録と迅速な情報共有の進め方、記録改善の事例
常滑市民病院 各セクションのメンバーとの連携と記録指導の進め方の展開例
東京都立広尾病院 A項目の評価の視点と記録監査のポイント

 4-5月号 特集・連載の成功例・参考例

秋田大学 大学院医学系研究科 苦手意識を払拭しよう!看護診断プロセスを理解する
戸田中央総合病院  院内での看護診断プロセス指導の進め方の実践例
大阪赤十字病院 看護診断委員会を機軸とした看護診断研修の企画・実践事例
飯塚病院 ムリ・ムダ・ムラを省き、記録時間時間短縮に取り組んだ事例
小諸厚生総合病院  クリニカルパス、看護記録の重複記録は何か、その理由どこか
大和高田市立病院  在宅療養の継続的支援につなげていく記録の活用方法
若草第一病院 連携強化を目指した高齢者に優しい退院支援パスの活用事例 
多摩北部医療センター 退院支援、情報共有をどのように進めていくべきか
浜松医科大学医学部附属病院 多職種間でスマートに共有する診療記録の活用例




読者の声
重症度、医療・看護必要度の監査方法や評価精度の見直しを行っていますので,
 特集や連載の内容がとても役に立ちました。
               

記録委員会とリンクナースとの結びつき,看護過程研修の工夫など、
 看護記録委員会の取り組み事例が具体的で、大変参考になります。
                    

アセスメント能力の向上を記録の視点から捉えているので、
 臨床現場の状況に落とし込んで理解が深まります。
                   

いろいろな施設の看護記録の実践事例が読めるのがうれしいです。
                   

看護記録監査の取り組み内容がとても参考になり,監査表や進め方の改善に役立っています。
                   

記録が書けない、看護が見えない記録になっている、SOAPが書けていない・・など、
 日々の記録業務にまつわる課題を、具体的な実践例で紐解いてくれるので、重宝しています。

                   

看護診断学習会をどう組み立てて、院内で指導していくべきか、活用事例が豊富で、
 とても参考になります。

                   

病院機能評価を受審するにあたって、記録とのつながりがみえる記事内容が
 わかりやすくて、とても良かった。

                   

最近、話題となっている、多職種との記録や入退院調整に絡めた記録、
 PNSでの記録も載っているので、セクションごとのケアのレベルアップの
 見直しに役立てています。

                   

電子カルテでの省力的な記録業務の改善、様々なテンプレートの工夫についても
 載っているので、とてもありがたいです。



 

★この商品の内容に関するお問い合わせは名古屋事務所 お急ぎの場合は、TEL(052)569-5628におかけください。
 ※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは、お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。


 


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671