ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 訪問介護サービス > 今後の連載予定

見本をみる 見本を見る
ヘルパー定着と利益確保の両立を実現する!


 

たなかいご流コミュニケーション術【3-4月号より新連載】
   田中 晶 十日町介護グループ 代表
 

 

会話で学ぶ!サ責のための書き方・伝え方入門【1-2月号より新連載】
  「後から読み返すとよくわからない記録になってしまった」「言いたいことはあるけど、ついダラダラ話してしまい相手に要点が伝わらない」といった経験はありませんか? 他人に理解してもらえる「書き方」「伝え方」のポイントを、会話形式で解説していきます。
   谷口法絵 名古屋市社会福祉協議会 昭和区介護保険事業所 副所長
◆2017年1-2月号の特集・連載はこちら

 

【好評連載中】

生活援助にこそ求められる専門性【16年11-12月号より新連載】
  報酬改定のたびに議論に挙がる「生活援助不要論」。訪問介護サービスならではの「専門性」とは何か。今問われる生活援助の意義を考えます。
   小谷庸夫 ヘルパーステーション和翔苑 管理者

利用者宅で困らない“認知症ケア”
理論と実践
【16年9-10月号より好評連載中】
   尾林和子 社会福祉法人東京聖新会 理事/東京都認知症介護指導者

訪問介護事業所で実践できるICT活用術【16年7-8月号より好評連載中】
   田中紘太 株式会社マロー・サウンズ・カンパニー 代表取締役
まごころケアマネジャー事務所 所長

遺品整理士が見た『人生最期のとき』
〜看取りにまつわるエピソード
【16年7-8月号より全4回】
   川崎 航 一般社団法人 エンディングノートプランナー養成協会 理事
一般社団法人 遺品整理士認定協会 理事

そのまま使える! 誌上レッスン
ホームヘルパースキルアップ講座【16年3-4月号より好評連載中】
  ホームヘルパーの事業所内研修を定期的に行うために、毎回「ネタ作り」に苦労する人も多いのではないでしょうか。資料作りは時間がかかり、ただでさえ多忙な管理者・サービス提供責任者には悩みのタネです。本連載では、ホームヘルパー向けの事業所内研修に「そのまま使える資料」を、毎号1テーマずつ取り上げます。
   長藤成眞 介護コンサルタント・講師
医療法人社団大成会長汐病院 医療療養病棟 准看護師
介護福祉士/介護支援専門員/認知症認定トレーナー

ここだけ押さえる! 労務管理のツボ【16年1-2月号より好評連載中】
   春日直哉 春日直哉社会保険労務士事務所 代表/社会保険労務士

ワンランク上のサ責を目指す4つの視点【16年1-2月号より全6回】

介護食の作り方と献立
   豊田綾子 地域栄養ケアセンター とよだ 認定在宅訪問管理栄養士/介護支援専門員 

突撃! 訪問介護を支える人たち

 

※ラインナップは変更になる場合がございます。ご了承ください。

 


 

 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671