ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 訪問介護サービス > 今後の特集予定
 特集ラインナップ

2017年
7・8月号

 

利用者もヘルパーも安心・安全な
三大介護のポイントと教え方

1対1でサービスを行う訪問介護は、ケアの進め方が我流になりがちです。正しい介護技術を身につけることは、利用者だけでなくホームヘルパーの安心・安全にもつながります。食事・入浴・排泄の場面別に、適切な介助のポイントとホームヘルパーへの教え方について解説します。

 安心・安全な食事介助と口腔ケアの進め方
   あぜりあ歯科診療所 歯科衛生士 藤田まどか

 事故を起こさない入浴介助の手順とリスクマネジメント
   株式会社大起エンゼルヘルプ 介護福祉士実務者研修講座
   主任教員 松尾隆史

 排泄ケアで求められるアセスメントのポイントと尊厳を守るための配慮
   森ノ宮医療大学 作業療法学科 教授
   おむつフィッター倶楽部 代表世話人
   おむつフィッター1級・講師/福祉用具プランナー 講師
   作業療法士 小林貴代

 ●「何か変」に気づくための視点と緊急時対応
   市立池田病院 看護部 老人看護専門看護師 稲野聖子

苦手意識を克服!
「さすがヘルパーさん」と言わせる
生活援助の進め方

「調理は得意だけど洗濯が苦手」「掃除は得意だけど調理には自信が無い」など、ホームヘルパーそれぞれに得手不得手があります。本特集では生活援助にスポットをあて、円滑に進めるためのポイントなどについて考えていきます。

 生活援助で「できること」の伝え方と,「できないこと」を頼まれた際の対応
   有限会社和の輪 代表取締役 青木文江

 サービス提供の際に押さえたい
  ホームヘルパーならではの視点と工夫〜事例を基に
   鎌倉市社会福祉協議会 登録ホームヘルパー 中田光彦

 ホームヘルパーの特性をどうとらえるか〜かかわりの実際
   みどりの園鎌倉 訪問介護事業
   定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業 課長 冬木祐介

特別企画

 今のうちに整理しておきたい介護保険法等改正のポイント
   日総研グループ編

※2017年7・8月号の目次はこちら


2017年
9・10月号

 

「対人スキル」に自信が持てる!
サ責のためのコミュニケーション術

対人援助のプロであるサービス提供責任者は、実にさまざまな人と日々コミュニケーションを取る必要があります。しかしコミュニケーションについて学ぶ機会は多くなく、対人スキルに自信が無いサービス提供責任者も少なくないのではないでしょうか。本特集で学んでいきましょう。

 説明上手なサ責を目指す!要点のまとめ方とわかりやすい伝え方のコツ
 欲しい情報を引き出す!身に付けたい質問力
 ホームヘルパーが「辞めない」「頑張る」!上手な関わり方
 存在感を発揮!業務を円滑にする他職種との連携のポイント


そこが知りたい
障害福祉サービス提供 実務のポイント

通常の介護保険によるサービスに加え、障害福祉サービスにおける居宅介護が重度訪問介護などを提供する事業所が増えています。「基準はどうなっているの?」「介護保険サービスも提供している場合は?」など、実務上の疑問点について考えていきます。障害福祉サービスの提供をはじめている事業所はもちろんのこと、これからサービス提供をしようとしている、あるいは検討している事業所の方も必読の特集です。

 似て非なるもの? 介護保険サービスとの違い
  〜「何を」「どこまで」提供できるか
 【居宅介護】【重度訪問介護】押さえたい「基準」と、サービスの進め方
 65歳到達時のポイント〜介護保険への移行で、何が変わるか
 介護保険サービス併用の条件と提供時の注意点


2017年
11・12月号

 

目指せ残業ゼロ!
余裕を生むためのサ責業務時短術

自分自身の業務に加え、代行訪問などのホームヘルパーの業務も行うこともあり、とにかく多忙を極めるサービス提供責任者。「しなければならないこと」を減らすことはできませんが、日々のムダを少しでも減らし、効率良く業務を進めていきたいところです。本特集では、サービス提供責任者の業務負担感を少しでも減らすためのポイントを考えていきます。


ホームヘルパーにそのまま見せたい
誰が見てもわかりやすい
サービス提供記録の書き方

実際に利用者と日々接するのは、ホームヘルパーです。サービス提供責任者が利用者の状況を知る方法の1つが、ホームヘルパーが記載するサービス提供記録です。利用者の状況を正しく把握するためには、ホームヘルパーの的確な記録が求められます。研修などでホームヘルパーにそのまま見せたくなる、「わかりやすい的確な」サービス提供記録の書き方について解説します。


2018年
1・2月号

 

困ったときの知恵袋
事例で学ぶ支援困難ケースへの対応

在宅生活を続ける利用者を取り巻く環境は千差万別です。さまざまなケースの中には、サービス提供責任者が「支援困難感」を抱くものもあります。利用者の特性を踏まえた上で対応することが求められます。本特集では、事例を通して「より良い対応」とは何かを考えていきます。


2018年
3・4月号

 

介護保険制度改正・介護報酬改定
どうなる?どうする?これからの訪問介護

目前に迫った介護保険制度改正・介護報酬改定。当誌では、改正・改定のポイントを踏まえて、今後の訪問介護事業所のあり方や対応策を解説します。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 



 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671