ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 訪問介護サービス 
 
商品番号【5・6月号】3480500
商品番号【7・8月号】3480700


隔月刊誌 訪問介護サービス




利益確保と法令遵守の両立
「生き残る」ための訪問介護事業所運営

 介護保険サービスはもちろんのこと、障害福祉サービスや自費サービスなど、
 これからの訪問介護事業所の「生き残り」のための手立てを考えていきます。

※2018年5・6月号の目次はこちら


 7-8月号

サ責の「困った」にアプローチ
ホームヘルパーへの接し方 こんなときどうする?
「やりすぎてしまう」「モチベーションが低い」「自分よりもずっと歳上で、言うことを聞いてくれない」
など、ホームヘルパーとの関わりで「困ってしまう」場面というのが少なからずあります。
そんな「困った」にどう対応するか考えていきます。


認知症の正しい理解と
認知症を有する利用者との適切な関わり方
認知症について正しい知識を学び、適切な関わり方を身につけることは、
コミュニケーションを円滑にするだけでなく、質の高いケアにもつながります。


 9-10月号

しっかり押さえたい・見直したい 介護報酬算定のポイントと
「できること」「できないこと」の判断
加算・減算の注意点や、正しい解釈を押さえて、「わかったつもり」から卒業しましょう。


スタッフと自分自身の心と身体を守る! 体調管理とメンタルヘルス
事業所内の職員全員が心身ともに健康であるために、押さえておきたいポイントを解説します。


 11-12月号

いつ来られても慌てない! 実地指導を安心して迎えよう
運営基準で押さえるべきポイントや、実地指導で何を見られるか、
そして事業所として日頃から心掛けておきたいことを解説していきます。


 2019年1-2月号

重度化に対応できる事業所作り!
医療職・リハ職・ケアマネとの連携のポイント
生活機能向上連携加算の見直しや服薬情報の気づきの情報提供など、
今後ますます問われる連携について考えます。


 2019年3-4月号

年度が変わる前に見直したい
適切なホームヘルパーの人事評価制度
「不公平感の無い」「やりがいのある」「続けたくなる」人事評価制度とは何か、本特集で考えていきます。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 



   読者の声

 ・介護報酬改定の際の情報が、すごく参考になりました。

 ・訪問介護の現場で実際に起こっていることが出ているのでよいと思います。
  訪問介護もいろいろ変わってきているので、とても参考になっていますよ。
                   
 ・他の雑誌よりも詳しく書いてあって、専門的な情報が得られます。
                  
 ・サ―ビス提供責任者の研修の材料に使ったりしています。
  帳票の書き方のテクニックだとか、ちょっとした
  時短の方法とか、みんなで回覧しています。
                  
 ・ケアマネジャーとの付き合い方が参考になった。
  制度改正の情報もタイムリーに得られるのが良い。

 ・実地指導の際に、書類の仕上げ方や法令遵守の部分で参考にでき、
  無事に乗り切ることができた。
                
 ・困ったホームヘルパーさんへの対応は面白く、勉強になりました。
                  
 ・大きな福祉業界の流れとか、訪問介護事業の制度の変更など、
  そういった特集を組んで頂いているのでとても助かりますし、いろいろと勉強になります。



 

 

 

★この商品の内容に関するお問い合わせは東京デスク お急ぎの場合は、TEL(03)5281-3721におかけください。  
 ※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは、お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。


 


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671