ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 臨床老年看護
 
商品番号【11・12月号】1471100
商品番号【1・2月号】1480100
商品番号【3・4月号】1480300
隔月刊誌 主任看護師 管理・教育・業務
隔月刊誌 臨床老年看護


医療としての判断と家族の見解が異なった場合の看取り事例(1-2月号)

被害妄想により食事拒否が見られる事例(1-2月号)

【老健】入所中・看取り期・亡くなった後の家族支援(1-2月号)

【特定施設】看護師の能力発揮を促進する具体的な方法(1-2月号)

隔月刊誌 主任看護師 管理・教育・業務

 1-2月号 “現場で生かせる”“参考になる”特集記事

施設入居高齢者の看取り事例
医療としての判断と家族の見解が異なった場合の看取り事例
【訪問看護】腎がん患者への15日間の看取り事例
【老健】入所中・看取り期・亡くなった後の家族支援
食事前の環境調整・食事介助の具体的な方法
口腔ケア〜介助磨きの具体的な方法
認知症の食行動への具体的な対応
被害妄想により食事拒否が見られる事例
【特養】看護師と家族・医師・介護職員との関わり方
【老健】看護の質を上げる具体的な方法
【特定施設】看護師の能力発揮を促進する具体的な方法
【看多機】看護師が果たすべき具体的な役割

 3-4月号 “現場で生かせる”“参考になる”特集記事

急変のリスク回避に確認すべきポイント【胸部痛・背部痛・めまい】
腹部を中心としたフィジカルアセスメント事例
生活を守るためのフィジカルアセスメント事例
井門式簡易認知機能スクリーニング検査の活用方法
MCIの疑いがある高齢者・家族の支援事例
前頭葉のトレーニングに最適な二重課題や有酸素運動
認知症ケアと予防に役立つ料理療法
相手を前向きにさせる励ましの言葉がけ
看護学生にホスピタリティを考えてもらう2つの場面
患者・利用者の「自尊心」を大切にした接し方・応対
人が変わるには「教育」「気づき」が必要



読者の声
介護職への指導で利用してますし、
 看取りマニュアルを作成する時にも参考にしました。
                    (特養看護師)

病院のように新しい情報が入ってこないので助かっています。
 スキンケアで写真付きのものは理解しやすいです。
                    (特養看護師)

看取りや嚥下障害で食事できない方への援助など
 参考になる情報がたくさんあります。
                    (特養看護師)

創傷ケアなどは参考にしており、
 現場で少しでも実践できるようにと読んでいます。
                    (老健看護師)

認知症・感染など欲しい情報を知ることができ、参考になってます。
                    (老健看護師)

すごく読みやすく、勉強会前の情報収集に便利だし、
 色々な施設の情報を仕入れることができます。
                    (老健看護師)

認知症ケア加算もありますし、
 認知症看護について詳しく学べるので購読しています。
                    (病院看護師)

認知症による不穏の事例が身近にあって、
 ちょうどそのような特集があったので購読をはじめました。
                    (病院看護師)

透析をしている認知症患者が不穏になった場合に生かせる内容がありました。
                    (病院看護師)

認知症による暴力への対応についての記事は役に立った。
 嚥下障害のある患者への食べさせ方も参考になりました。
                    (看護教員)

雑誌は図書室に置いて教員や学生が自由に見られるようにしています。
                    (看護教員)

このテーマについて知りたいと思ったら、
 特集になっていることが多いのでとても役立っています。
                    (特定施設看護師)

いつも気になっている内容がとてもタイムリーに載っているので、
 それに毎回ビックリしています。
                    (有料老人ホーム看護師)

看護師一人で判断しなくてはいけなかったりということがありますので、
 すごく参考になり、重宝しています。
                    (小規模多機能看護師)



 

★この商品の内容に関するお問い合わせは広島デスク お急ぎの場合は、TEL(082)227-5668におかけください。  
※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは、お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。



 


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671