ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 脳の看護実践 > 8・9月号目次



 8・9月号 目次

特集

生活を見据えた急性期から回復期につなげる
急性期の観察・アセスメントと看護の根拠

 企画・編集・監修 質保証コーディネーター
  千里金蘭大学 看護学部 看護学科 教授/博士
  山本直美

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師教育から何が見えてくるのか?
脳卒中患者の命(健康)と生活を守る看護実践

徳島大学大学院 医歯薬学研究部 看護学講座 療養回復ケア看護学 助教
日坂ゆかり


超急性期でできる退院後の生活を見据えた看護
〜SCUで過ごす脳卒中患者の24時間の生活と看護の展開

西宮協立脳神経外科病院 SCU 主任/脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
山添 幸


これだけ予後に違いが出る!?
急性期看護ですべきこと,してはいけないこと

高次脳機能障害の看護視点を見据えた
回復期看護実践から急性期看護実践に求めること

甲南女子大学 看護リハビリテーション学部 看護学科 講師
山居輝美


脳卒中超急性期の看護実践における行動制限
〜身体拘束について考える

京都医療センター 救命救急センターICU 副看護師長
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
樋口泰子


医療システムの現状から見る
急性期脳卒中看護実践とリハビリ技士との協働

独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)星ヶ丘医療センター
リハビリテーション士長
稲村一浩


他職種が語る脳卒中看護実践と協働とは
〜期待以上にセラピーが効果を発揮する作業療法士と看護師の協働
機能回復ゼミひょうご施術センター 作業療法士
濱島善次郎 ほか


看護実践が脳卒中患者に何をもたらしたか?
 
  ケース1
尿閉患者の自然排泄,排泄行動の確立に向けた看護実践

 独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)星ヶ丘医療センター 副看護師長
 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
 小林重美
   
 
  ケース2
小脳出血,血腫除去術後機能障害と急性期看護の視点

 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
 軽部奈弥子
   
 
  ケース3
急性期における誤嚥性肺炎予防のための
嚥下機能維持と体位の工夫

〜ワレンベルグ症候群患者に看護師ができること

 川崎市立多摩病院 脳神経外科・内科混合病棟 副師長
 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
 竹内廣美
   
 
  ケース4
意識障害を呈し人工呼吸器を使用中の患者に対する
離床とコミュニケーション取得に向けたかかわり

 岡山市総合医療センター 岡山市立市民病院 看護部
 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
 源内しの
 
  ケース5
重度の意識障害がある時期から経口摂取を目的としたかかわり

 医誠会病院 看護部 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
 石崎妙子

 

連載

そのケアの先に生活がみえますか?
患者を早期離床に導く
急性期からの看護介入・ケアの実践と根拠

札幌麻生脳神経外科病院 臨床看護研究所 所長
品地智子


ケーススタディ 脳卒中急性期看護
姫路中央病院 5F西病棟 看護師
勝又綾子 ほか


脳神経疾患特有の看護記録の書き方と指導のポイント
大分市医師会立アルメイダ病院 脳神経外科病棟
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
佐藤恭平


 

特別企画

『脳卒中治療ガイドライン2015』レビュー
看護師の私たちが理解しておくべき主な変更点

旭川赤十字病院 脳神経外科センター
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
武藤 環


急性期の栄養管理が注目される理由
脳卒中患者の急性期における栄養管理と看護

札幌市立大学 看護学部 看護学科 成人看護学領域 講師
神島滋子


 



 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671