ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 脳の看護実践
 
商品番号【4・5月号】5370400
商品番号【6・7月号】5370600

 

日総研 脳看護




 今月のダウンロード特典
8-9月号
第10回目
 失語を少し深めよう!脳の中で何が起こっている?
6-7月号
第9回目
 てんかんと痙攣って同じ? 〜抑制神経細胞と興奮性神経細胞との攻防戦とは?


 
 8-9月号

脳卒中急性期の重篤化予防と再発防止
急性期・入院中に行う脳卒中の重症化軽減のケアと
再発防止のための関わり方とは

具体的な取り組みとそこから見えてくる問題点の解決まで踏み込み臨床現場の目線で解説します。脳卒中発生直後のケアは予後に大きく影響します。重症化を防ぐためにも、発症後のケア、治療、管理をしっかり習得しておきましょう。


 
 10-11月号

CT・MRI画像を病態・症状・状態を看護とつなげる
ベッドサイドで発見できる脳神経症状と画像の見方
〜画像を見て症状を予測・ケアを考える

異常を知るためにはまず正常な脳の姿をしっかり理解する必要があります。解剖生理をベースに各部の働きとその構造について、実際の画像を用いてわかりやすく解説します。そして、画像所見と症状・状態をつなげ、どういったケアが患者さんの回復を良好にするのかを紹介します。


 
 12-1月号

脳卒中の急性期術後管理

脳卒中患者の急性期の術後管理は、予後を左右する特に大切な時期です。術後管理の看護として、患者の状態や疾患・病態、術式に合せた観察の視点や、アセスメントのポイント、急変の予兆、特に経過に注意しなければいけないサインなどを中心に紹介します。そして、急性期からでもできる退院後を見据えたケアについても触れます。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 



◆その他のバックナンバーはこちら


 

★この商品の内容に関するお問い合わせは大阪デスク
 お急ぎの場合は、TEL(06)6262-3215におかけください。  

※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。

 

 




お申し込みの際は下記のボタンをクリックしてください 。
お客様情報入力画面に進みます。


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671