ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 脳の看護実践
 
商品番号【10・11月号】5361000
商品番号【12・1月号】5361200

 

日総研 脳看護






 
 2-3月号

排泄ケアの向上と支援
排泄・排尿のメカニズムから皮膚トラブル解消まで

脳外看護では、患者さんの入院中のQOLの維持は大変重要です。プロのケアがモノを言う場面でもあります。本特集では、患者の状態に合わせた頻尿・切迫時の適切な対応、感染対策、排泄行動の援助などについて最良のケアを考えます。


 
 4-5月号

脳卒中による障害と摂食嚥下機能

患者本人、そして家族は口から食べることを切望しています。現場であきらめることなく、
安全に口から食べることが出来るサポート方法を様々な観点から実践にもとづいて紹介します。


 
 6-7月号

高次脳機能障害

高次機能障害はその発症の仕方は失語症・失認・失行・記憶障害など様々です。
複雑で異なった症状を持つ患者さんに合った個々のケアを解説します。


 
 8-9月号

脳卒中の再発防止への取り組み

脳卒中は再発しやすい病気で、再発した場合は最初の時よりも重い後遺症が残ることが多いようです。効果のあった再発防止への取り組み、工夫を紹介します。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 



◆その他のバックナンバーはこちら


 

★この商品の内容に関するお問い合わせは大阪デスク
 お急ぎの場合は、TEL(06)6262-3215におかけください。  

※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。

 

 




お申し込みの際は下記のボタンをクリックしてください 。
お客様情報入力画面に進みます。


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671