ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 脳の看護実践
 
商品番号【12・1月号】5361200
商品番号【2・3月号】5370200

 

日総研 脳看護






 
 4-5月号

脳卒中患者の経口摂取・嚥下障害
状態の見極め方と経口摂取を可能にするための具体的方法

脳卒中患者の摂食・嚥下機能のアセスメント、状態の見極め方、個々の機能に合せた食事のサポートなど、口から食べることができるようになるためにさまざまな観点から実践に沿った内容で紹介します。


 
 6-7月号

なぜ?を分かりやすく理解
高次脳機能障害のアセスメントと
生活を見据えたケアと援助

高次機能障害の発症の仕方は、失語症・失認・失行・記憶障害などさまざまです。
複雑で異なった症状を持つ個々の患者に合った最適なアセスメント、
生活パターンを重要視した援助を含むケア計画と具体的な実践方法を紹介します。


 
 8-9月号

脳卒中急性期の重篤化回避と再発防止
急性期・入院中に行う脳卒中の
重症化軽減ケアと再発防止のためのかかわり方

脳卒中発生直後のケアは予後に大きく影響します。重篤化を防ぐためにも、
発症後のケア、治療、管理をしっかり習得しておきましょう。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 



◆その他のバックナンバーはこちら


 

★この商品の内容に関するお問い合わせは大阪デスク
 お急ぎの場合は、TEL(06)6262-3215におかけください。  

※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。

 

 




お申し込みの際は下記のボタンをクリックしてください 。
お客様情報入力画面に進みます。


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671