ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 脳の看護実践 >今後の特集予定



特集ラインナップ

2018年
4・5月号

 

やさしく学ぶ
脳神経看護のフィジカルアセスメント

【コーディネーター】
 河北総合病院 急性・重症患者看護専門看護師 後藤順一

脳外患者の状態を正しく把握し理解するためには、脳と循環・呼吸・
麻痺などとの関係をしっかりと理解した上での観察が最も重要です。
この特集では、脳と各器官のつながりを解説し、基礎知識を基にした
フィジカルアセスメントを分かりやすく解説します。

 ●呼吸と脳
   日本赤十字社 神戸赤十字病院 ICU 集中ケア認定看護師 吉村 宙

 ●循環と脳
   昭和大学病院 ICU 急性・重症患者看護専門看護師 住永有梨

 ●意識と脳
   岡山大学病院 高度救命救急センターEICU
   急性・重症患者看護専門看護師 宮岡里衣

 ●麻痺と脳
   東邦大学医療センター大森病院 特定集中治療室
   集中ケア認定看護師 座間順一

 ●目と脳
   河北総合病院 急性・重症患者看護専門看護師 後藤順一

 ●日常看護のフィジカルアセスメント
  ドクターコールのタイミングと判断
  アテローム血栓症〜左麻痺の出現と右脳梗塞
   大阪市立総合医療センター 集中治療センター HCU 主査
   集中ケア認定看護師 宮原聡子

 ●日常看護のフィジカルアセスメント
  ドクターコールのタイミングと判断
  急性期管理中の血圧上昇時の看護
   杏林大学医学部付属病院 急性・重症患者看護専門看護師
   外科系集中治療室 副主任 齋藤大輔

※2018年4・5月号の目次はこちら




 7月より季刊化!(年4回配本)
2018年
7月配本号

 

納得のベッドサイドケア
全国から選りすぐりの工夫・改善・取り組み事例

 ●せん妄患者の症状のとらえ方とケアの基本
  精神看護専門看護師の介入事例でわかるかかわり方の工夫と実践方法
   大阪大学医学部附属病院 看護部 精神看護専門看護師 岡野照美

 ●脳卒中で認知症を持つ患者の摂食嚥下ケアはどうすればよい?
   秋田県立リハビリテーション・精神医療センター 看護部
   認知症看護認定看護師 北埜さつき

 ●グリーフケア
 
 急性期病院での取り組み方と実際
   医療法人社団英明会 大西脳神経外科病院 看護部長 上原かおる ほか

 ●脳外看護の疼痛管理
  苦痛や不快感を可視化し減らすケア
   関西福祉大学 看護学部 看護学科 副学部長
   基礎看護学領域 教授 掛田崇寛

 ●日常生活を早く取り戻すために!
  状態に合わせたリハビリと看護

   社会医療法人大道会 森之宮病院 看護科 科長
   脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 中島ゆかり

 ●安全の確保
 
 日常ケアに潜むリスクと対策
   社会医療法人財団石心会 川崎幸病院 看護部
   脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 三浦彩香

 ●再発・再入院をさせない工夫
   市立島田市民病院 看護部/脳卒中リハビリテーション看護
   認定看護師 藪崎優子 ほか


2018年
10月配本号

 

脳神経看護で求められる患者とのかかわり方
損傷部位の見極めと
コミュニケーション・支援・援助・介助のコツをつかむ

 意思表示ができない、言葉が出ない、動けない、うまく理解できないなど、
脳外疾患患者とのかかわり方では難しいことが山積みです。
特に新人や経験の浅い看護師は意思疎通ができない患者へのかかわりに苦慮し、
脳外看護本来の面白さよりも、その負担が重荷になっていることもあるようです。
本特集では、日常で手こずる状態の患者とかかわり方について成功事例と
失敗事例から学びとることで、よりよいコミュニケーションを目指します。



2019年
1月配本号

 

早期離床と在宅復帰に向けた看護


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671