ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 脳の看護実践 >今後の特集予定



特集ラインナップ

2017年
12・1月号

 

脳卒中の急性期術後管理

【コーディネーター】
 愛知医科大学 医学部付属シミュレーションセンター 講師
 医学教育センター 急性・重症 患者看護専門看護師 川原千香子

脳卒中患者の急性期の術後管理は、その患者の予後を左右する
特に大切な時期です。術後管理の看護として、患者の状態や疾患、
病態、術式に合わせた観察の視点、アセスメントのポイント、
術後に起こるせん妄や意識障害、急変予兆、また、特に注意すべき
経過中の患者のサインの見方や、急性期からできる退院後を見据えた看護を紹介。

 ●くも膜下出血,脳動脈瘤破裂
  再出血を起こさないための観察・ケアと脳圧亢進の留意点
   東京医科大学病院 救急看護認定看護師 滝澤 桂

 ●高齢者に多い慢性硬膜下血腫
  リスクファクターと入院〜手術〜術後の経過・看護
   埼玉医科大学総合医療センター
   脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 熊倉美知子

 ●脳梗塞
  
〜急性期術後管理の看護と治療の要点
  rtPA、出血性合併症への対応、急性期再開通療法
   東京医科大学病院 看護部
   脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 篠崎良子

 ●頭蓋内圧亢進の予防,緩和のための看護ケア
  意識レベル・瞳孔・麻痺・呼吸循環の観察で防ぐ
   大垣市民病院 看護部
   脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 市川和哉

 ●事例で学ぶ 脳室ドレナージの管理
   昭和大学江東豊洲病院 3学会合同呼吸療法認定士
   脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 中村麻由美 ほか

 ●高齢者の3分の1が発症する術後せん妄
  
〜発症時の対応と看護
  不穏とせん妄どう見分ければいいの?高齢者は意識が低いだけ?
   愛知医科大学病院 診療看護師 森 一直

 ●ギャッチアップ 初めて離床する際のポイント
  廃用性症候群の予防・正しい離床の準備
   愛知医科大学病院 脳神経外科病棟
   脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 善家真紀

※2017年12・1月号の目次はこちら


 


2018年
2・3月号

 

脳神経看護の急変対応【事例解説】
後輩に伝えておきたい!
予兆・判断・ケア・医師への報告・患者家族説明

【コーディネーター】
 東京女子医科大学病院 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 茂木奈津

急性期に近いほど迅速さが必要とされる中で、 どの時点で
医師に報告すればよいのか、患者の経過を観察するポイント
などについて事例を通して、紹介します。

 ●脳神経看護の急変対応で求められる必須知識
   東京女子医科大学病院
   脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 茂木奈津

 ●急性期 頭蓋内圧亢進の予兆のつかみ方とケア
   聖マリアンナ医科大学病院
   脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 木村慶子

 ●急性期 ドレナージ管理とそのポイント
   虎の門病院 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 中島ひろみ

 ●術前・術後の観察とアセスメント(術後合併症)
   東京女子医科大学病院 集中ケア認定看護師 古川智美

 ●悪化しやすい症例 動脈原性脳塞栓症(A to A embolization)
   静岡赤十字病院 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 梶原聡子

 ●意識レベル低下
   茨城西南医療センター病院
   脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 小澤さおり

 ●リハビリ病棟における脳梗塞再発症例
   東京都リハビリテーション病院
   脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 佐藤かおり


2018年
4・5月号

 

やさしく学ぶ
脳神経看護のフィジカルアセスメント

【コーディネーター】
 河北総合病院 急性・重症 患者看護専門看護師 後藤順一

脳外患者の状態を正しく把握し理解するためには、脳と循環・呼吸・
麻痺などとの関係をしっかりと理解した上での観察が最も重要です。
この特集では、脳と各器官のつながりを解説し、基礎知識を基にした
フィジカルアセスメントを分かりやすく解説します。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671