ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 脳の看護実践 >今後の特集予定



特集ラインナップ

2016年
12・1月号

 

くも膜下出血患者の脳血管攣縮の
“予兆の判断”と“再出血予防”

【企画・編集・監修 質保証コーディネーター】
 名古屋第二赤十字病院 SCU 係長
 脳卒中リハビリテーション 看護認定看護師 池田 亮

最新の治療法などの理解や脳虚血を防ぐ血圧管理・降圧薬の使用ポイントなど、
安全な管理・ケアに必要なことを看護レベルで解説。

 ●脳動脈瘤好発部位の立体的理解と画像の見方
   豊田厚生病院 HCU 係長
   脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 三田洋希

 ●図と画像で理解しよう! くも膜下腔と脳脊髄液の流れの立体的理解
   木沢記念病院 回復期リハビリテーション病棟 主任
   脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 酒向あかね

 ●くも膜下出血の再出血の予防 発症〜手術までの管理
   徳島大学病院 SCU 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 野崎夏江

 ●くも膜下出血の治療と術後管理
   小倉記念病院 SCU病棟 主任
   脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 相間知子

 ●脳血管攣縮の発生機序と病態〜看護師が注意したい観察ポイント
   京都第一赤十字病院 救命救急センター
   脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 藤野早苗

 ●脳血管攣縮期の治療管理
   倉敷中央病院 NCU病棟 主任看護師
   脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 高岡将治

 ●脳血管攣縮の合併!?看護師が行うべき観察・アセスメントと看護
   藤田保健衛生大学病院 看護部 看護主任 谷川阿紀

 ●そこが知りたい!正常圧水頭症の病態と治療,画像の見方
   北原国際病院 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
   看護科教育統括 早瀬恵美

 ●水頭症の看護の実際
   名古屋第一赤十字病院 脳神経センター 係長
   脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 井内豊子

※2016年12・1月号の目次はこちら




2017年
2・3月号

 

排泄ケアの向上と支援
排泄・排尿のメカニズムから皮膚トラブル解消まで

【コーディネーター】
 徳島大学大学院 医歯薬研究部 看護学系 療養回復ケア看護学 准教授
 日本ニューロサイエンス看護学会 理事 南川貴子

脳外看護では、患者さんの入院中のQOLの維持は大変重要です。プロのケアがモノを言う場面でもあります。本特集では、患者の状態に合わせた頻尿・切迫時の適切な対応、感染対策、排泄行動の援助などについて最良のケアを考えます。

 ●排尿・排便のメカニズムとケアの基本
 ●排泄の状態の評価と患者さんの排泄能力の正しい評価
 ●オムツやパットの適切な使用方法と皮膚トラブルの解消
 ●脳神経外科病棟でよく見る尿路感染症と管理
 ●患者さんの状況・状態に合わせたケア 
  頻尿・切迫時の対応、促し方及び尿道カテーテル抜去のタイミング
 ●高次脳機能障害の方に対しての排尿サポート


2017年
4・5月号

 

脳卒中による障害と摂食嚥下機能

【コーディネーター】
 茨城県立医療大学 副学長・教授 市村久美子

患者本人、そして家族は口から食べることを切望しています。現場であきらめることなく、安全に口から食べることが出来るサポート方法を様々な観点から実践にもとづいて紹介します。

 ●脳卒中による障害と摂食嚥下機能
 ●口腔ケア実践
 ●摂食嚥下の評価と摂食訓練のテクニック
 ●食事開始の判断と段階的にアップする際の基準のアセスメント
 ●栄養管理と食事の形態などについて
 ●高次脳機能障害患者へのベッドサイドアプローチ
 ●経口摂取のための気管カニューレ留置中の患者さんへのケア


2017年
6・7月号

 

高次脳機能障害

【コーディネーター】
 札幌市立大学 看護学部 成人看護学 准教授 神島滋子

高次機能障害はその発症の仕方は失語症・失認・失行・記憶障害など様々です。
複雑で異なった症状を持つ患者さんに合った個々のケアを解説します。

 ●高次脳機能障害の概要と全体像
 ●失語症
 ●失行・失認・半側空間無視
 ●遂行機能障害と記憶障害
 ●行動と情緒の障害(社会的行動障害) 
 ●高次脳機能障害の生活支援〜事例から考える生活自立へのアプローチ
 ●患者当事者と家族の困難と工夫〜高次脳機能障害をもつ患者・家族の退院後の生活


2017年
8・9月号

 

脳卒中の再発防止への取り組み

脳卒中は再発しやすい病気で、再発した場合は最初の時よりも重い後遺症が残ることが多いようです。効果のあった再発防止への取り組み、工夫を紹介します。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671