ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 手術看護エキスパート 
 
商品番号【5・6月号】3980500
商品番号【7・8月号】3980700


隔月刊誌 手術看護エキスパート


それって適切な処置?
事例・Q&Aで学ぶ手術室における
看護・業務の根拠と倫理

手術室の臨床場面で、さまざまな倫理的な疑問を感じる場面に遭遇しませんか?
そんな時、どんな視点をもつべきか対応・解決策がわかります。
新人の手術看護教育や倫理カンファレンスなどにも使えます。

※2018年5・6月号の目次はこちら


 7-8月号

器械出しスキルアップ!
これだけは押さえたい手技+周囲と違いをみせる看護
「外科の器械出しで押さえておきたい知識・手技」(解剖生理の知識、術式の流れ・場面にそった基本的手技)と
「周囲と違いをみせる器械出しのコツ」(手術の進行を把握した行動、術野情報からのアセスメント、
医師とのコミュニケーションなど)を術式ごとに一緒に学習できます。


 9-10月号

運用・活用はどうしてますか?
手術室のクリニカルパス、クリニカルラダー


 11-12月号以降

非常時の患者・手術室の安全保障! 手術室の災害・安全対策
安全が絶対の手術室で、予期しない災害から患者・医療者の生命・安全を守るために、
看護師・医療者としてどう行動したらよいか、
どう組織的な仕組みを作っていくか、災害看護の知識と災害時の対応を学習します。


手術室看護師も知っておきたい 画像検査の読み方
手術看護においても検査画像から得られる情報はたくさんあります。
画像読影の基本と手術室で必要となるポイントに絞った解説で
周術期看護に活かすアセスメントを学び、よりよい看護を実践しましょう。


手術室看護師の術前外来の取り組み
これから術前外来を導入する施設、術前外来を導入して試行錯誤している施設など、
同じような背景の施設の事例や先進的に実践してい施設の取り組みなど、
その運営・改善の参考にしていただける情報をお届けします。


術式別に細かく学ぶ感染対策・対策方法
消化器外科、心臓血管外科、脳外科、整形外科など各手術・術式ごとの感染対策の知識と工夫を紹介します。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。




 ・とても内容がわかりやすいです。それと、テーマがタイムリーだなと思いますね。
 
 ・テーマがタイムリーな感じで、このようなことに取り組もうかなと思っていたり
  したときに、いつもその話題の本が運ばれてくるので、すごい!と思いながら
  活用させてもらっています。実践に役立ちそうなものがけっこう多いですよね!

 ・勉強しようと思ってもなかなか参考書みたいなのは開いていられないことも
  多いですが、これなら手軽に開けられます。よく活用させてもらってます。
 
 ・知ってる先生の記事も載ってたりして身近に感じられ、
  毎回いいなぁと思いながら読んでます。
  ナラティブの特集などは読んでて面白かったです。
 
 ・管理者向けの記事も多く、詳細な研究をなさっていますよね。
  それがすごく参考になっています。
  たとえば、勤務形態や処遇改善などいろいろなテーマで研究されていて、
  それを参考にして私も研究させてもらい、学会発表などもしました。

 ・手術室にはなかなか情報が入ってこないので、
  副師長や主任などもマネジメントの参考にしています。
  こういう手術室の取り組みがあるんだね、などとバイブルにしています。

 ・個人的に管理の内容について知りたかったときに、
  災害看護や急変時の記事があったので、よかった!と思って購読しました。

 ・別の情報誌と購読を検討していましたが、こちらのほうが看護研究などのときに
  役立てられそうだと思い、購読することに決めました。



 

 

 

★この商品の内容に関するお問い合わせは名古屋事務所 お急ぎの場合は、TEL(052)569-5628におかけください。  
 ※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは、お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。


 


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671