ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 病院安全教育 > 今後の特集予定

 特集ラインナップ

2017年
6・7月号

 

迷える“新任”医療安全管理者のための
いまさら聞けない!? 医療安全の基礎知識

 ●【座談会】ベテランも昔は苦労した…
  新任当時に困ったこと&乗り越えるために役立ったもの  

   医療安全ネットワーク「地域で繋ぐ安全の輪」の皆さん 
   日総研グループ編

 ●過去の医療事故から学ぶ〜医療安全の温故知新
   まえさこ医院 院長/滋慶医療科学大学院大学 特任教授 江原一雅

 ●見たことある,けど「説明して」と言われたら…
  これなら通じる医療安全の理論と用語の説明の仕方
   滋慶医療科学大学院大学 准教授 笠原聡子

 ●分析手法,私の選び方
   埼玉県総合リハビリテーションセンター 医療安全管理推進室
   医療安全管理者/薬剤科 副技師長 鈴木清志

 ●姐さんが教えてあ・げ・る
  医療安全管理者いちねんせいの“ココが知りたい”Q&A
   社会福祉法人恩賜財団済生会支部 神奈川県済生会横浜市東部病院
   TQMセンター 医療安全管理室 医療安全管理者 大原志歩

 ●新任医療安全管理者のための
  キャリアの節目となる「異動」を乗り越える心のセルフマネジメント
   メンタルクリエイト 代表/精神保健福祉士/社会福祉士 江口 毅


特別企画

 ●第11回 医療の質・安全学会学術集会
  「ベストプラクティス賞(優秀賞)」受賞
  山梨OQT医療安全eラーニングプロジェクトの歩み
  山梨から全国・世界へ

   山梨OQTプロジェクトメンバー

 ●医療安全の視点で始めた,少ないマンパワーでも実現可能な
  せん妄対策プロジェクトチーム&
  認知症対策プロジェクトチームの活動報告(後編)

   独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院
   看護副部長/医療安全管理者 松島元子 ほか

 ●できていますか? 災害時のトイレ対策 前編
  こんなに大変! 大災害時のトイレリスク
   (前)東京医科大学 医学部 看護学科
   山崎絆塾 代表/NPO法人 災害看護支援機構 副理事長 山崎達枝 ほか


※2017年 6・7月号の目次はこちら


2017年
8・9月号

 

それは「トラブル」と呼べますか?
ご臨終をめぐる家族対応の問い直し

 ●対応事例から考える 
  家族と医療従事者とのズレ「言葉」「感覚」「体験」
   ヒューマンウェア コンサルティング オフィス ケアコンサルタント
   看護師 幸田有子

 ●遺族サポートの視点に学ぶ
  家族にとっての「身内の死」という体験

   龍谷大学短期大学部 社会福祉学科 准教授 黒川雅代子

 ●意外に盲点? エンゼルケアの前に留意したいご家族への配慮
  説明・案内手順のルール化とスタッフの意思統一をめぐって
   株式会社 桜 代表取締役 復元納棺師 笹原留似子

 ●オリジナル「エンディングノート」が生まれた背景と活用の実際
   医療法人社団 山形愛心会 庄内余目病院 看護部長 緑川律子

 ●「死にゆく人、その家族」と向き合うための実践ステップ 
  家族の関係性における未解決な問題へのかかわり方
   高野山大学 文学部 教授(スピリチュアルケア) 井上ウィマラ


医療安全推進に活かす病院機能評価の受審
病院機能評価受審の好機を活かした
安全推進の動き方―私の場合

特別企画

 ●チームでマニュアルを大改訂!
  転倒転落対策プロジェクトチームの活動報告 

   大阪労災病院 関節整形外科部長 中川 滋
   大阪労災病院 医療安全管理者 松島元子


2017年
10・11月号
以降の特集

 

委員会で、カンファレンスで、研修で
インシデント管理の「数字」活用術
効果的な見せ方・使い方


事故防止、緊急時、暴力対応、災害etc
各種「対策マニュアル」再点検・
改訂のポイント


意外と活用されていない?
医療安全に使える「無料」の便利な社会資源


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 



前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671