ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 病院安全教育 > 今後の特集予定

 特集ラインナップ

2017年
8・9月号

 

それは「トラブル」と呼べますか?
ご臨終をめぐる家族対応の問い直し

 ●事例から考える家族と医療従事者とのズレ
  〜「言葉」「感覚」「体験」
   ヒューマンウェアコンサルティングオフィス ケアコンサルタント/看護師
   日本医療コーディネーター協会認定医療コーディネーター 幸田有子

 ●家族にとっての「身内の死」という体験
  〜職員が気づかずにいるご遺族の思い
   龍谷大学短期大学部 社会福祉学科 教授 黒川雅代子

 ●オリジナル「エンディングノート」が生まれた背景と活用の実際
  〜元気なうちにご本人の意思を残し,伝えるために
   医療法人社団山形愛心会 庄内余目病院 看護部長 緑川律子

 ●「死にゆく人,その家族」と向かい合うための実践ステップ
   高野山大学 文学部 教授(スピリチュアルケア) 井上ウィマラ



医療安全推進に活かす病院機能評価の受審

 ●病院機能評価をきっかけとして推進した
  医療安全における多職種連携の活性化

   医療法人 西福岡病院 看護部長 馬渡加夜子

 ●日頃の課題を改善するチャンス!
  〜黒子に徹し,項目を「適正分配」する
   渕野辺総合病院 質・安全対策室 副室長
   安全対策部門 医療安全管理者 富山麗子

 ●Ver.6.0に比べれば,家に帰れた,寝られた,お風呂にも入れた(笑)
  病院改善&安全推進のチャンスととらえて臨んだ3rdG
   医療法人社団東光会 西東京中央総合病院 医療安全管理室 課長 高橋明美
   取材/日総研グループ

特別企画

 13点の動画教材付き・スタッフ教育に活用!
  医療機器の安全な取り扱い モニタ編
   社会医療法人財団大和会 東大和病院 臨床工学科 技士長
   医療機器安全管理責任者 梶原吉春

 山梨OQT医療安全eラーニングプロジェクト
  各施設におけるeラーニング教材の活用と効果 前編
   山梨OQT医療安全eラーニングプロジェクトメンバー
   東京女子医科大学 教員 奥津康祐 ほか

 チームでマニュアルを大改訂!
  転倒・転落対策プロジェクトチームの活動報告
   独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院
   転倒・転落対策プロジェクトチーム長
   関節整形外科部長 中川 滋 ほか

 できていますか? 災害時のトイレ対策 後編
  災害時のトイレリスクを軽減する知恵と工夫

   東京医科大学 医学部 看護学科 兼任准教授/山崎絆塾 代表
   NPO法人 災害看護支援機構 副理事長 山崎達枝

 過去の医療事故から学ぶ〜医療安全の温故知新(2)
   まえさこ医院 院長/滋慶医療科学大学院大学 特任教授
   前・医療管理学研究科長 江原一雅


※2017年 8・9月号の目次はこちら


2017年
10・11月号
 

委員会で、業務改善で、部署連携で!
インシデント報告の上手な使い方

 ●委員会運営・業務改善に活かすインシデントレポート活用のアイデア
   ベルランド総合病院 クオリティ管理センター 部長 楠本茂雅

 ●つじつまの合ってないインシデントレポートから原因の本質を探る
   市立東大阪医療センター 医療の質・安全管理室 室長 餅田佳美

 ●ノンテク2W1Hシートを使ってインシデント分析
   太田歯科医院 社会福祉士・介護支援専門員 水口義夫

 ●「集計した数字」の活用をめぐる悩みQ&A
   神奈川県済生会横浜市東部病院
   TQMセンター 医療安全管理室 医療安全管理者 大原志歩

 ●インシデントレポートを読んで看護師に看護のアドバイス
   稲沢厚生病院 医療安全感染制御室 那須裕子

 ●0レベルインシデント報告の推進と気づきの共有
   国立病院機構大阪医療センター

 [特別寄稿] 
 ●問題解決ツールを使ったインシデント分析と対策立案
   メディカルアートディレクター 佐藤和弘

 ●プレゼン効果アップ!医療安全管理者のためのExcel活用術
   札幌南一条病院 副看護部長 医療安全管理者 居上優香

特別企画

 ●体験型エッセンスの充実でイベント感をアップ!
  医療安全推進週間の取り組み
   医療法人財団百葉の会 湖山リハビリテーション病院
   医療安全管理室 伊藤 恵

[シリーズ]過去の医療事故から学ぶ医療安全の温故知新
 ●高岡市民病院 サクシニルコリン誤投与
   まえさこ医院 院長/滋慶医療科学大学院大学 特任教授 江原一雅


2017年
12・1月号
 

事故発生時、緊急時、暴言暴力、災害etc…
各種「マニュアル」再点検・改訂のポイント

 ●病院全体にかかわるマニュアル再点検・改定の視点
  ・ 緊急時・事故発生時の初期対応マニュアル
  ・ 重大事故発生時における院内外の対応マニュアル
   ・暴言暴力・ハラスメント等の対応マニュアル

 ●インシデントを契機とした各部署の業務マニュアル改訂事例

 ●インタビュー「マニュアルは誰のため? 何のため?」を問い直す


初めの一歩、うちの職場はコレでした
ノンテクニカルスキル“プチ導入”事例集

「ノンテク」という言葉は耳馴染みが出てきたものの、数あるスキルの何をどう採用するのか? 導入・定着すると職場・職員はどう変わるのか? その具体的なイメージが描きにくいのは身近な「モデルケース」が少ないせいでしょう。導入のきっかけ、目的、職場の状況がそれぞれ異なる施設の実践例を集め、「お隣の職場」による「半歩先のお手本」を紹介。

特別企画

 ●その後の「医療事故調査制度」 
  現場人は、事故調をどう捉えておけばよいか?
   北浜法律事務所 医師/弁護士 長谷部圭司

 ●ICUにおける作業中断の意外な原因
  事故の要因になる作業中断。その原因は?
   滋慶医療科学大学院大学 医療管理学専攻科
   医療安全管理学専攻 准教授 飛田伊都子 ほか


2018年
2・3月号
 

「社会人基礎力」育成とヒューマンエラー防止
今話題! でも…具体的にはどうする?


意外と活用されていない?
医療安全に使える「無料」の便利な社会資源


2018年
4・5月号
以降の
特集予定
 

ロールプレイ台本、動画、スライドetc…
「安全研修の教材」作るコツと実例集


医療安全文化調査から身近なデータまで
安全の度合い・変化を測る指標とその使い方


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 



前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671