ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 看護部長通信 > 今後の特集予定

特集ラインナップ

2017
8・9月号

  ■特集1
〈PNS研究会監修〉2017年度最新事情! 
新看護方式PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)(R)
進化と成果を定着させる現場でのアップデート法

2017年3月で第4回となるPNS研究会では、全国に広まり、進化を続けるPNSの開発施設、福井大学医学部附属病院の最新取り組みをはじめ、全国実践施設からの活動報告、さらには各診療科別特有の運営法をめぐる交流集会など、盛況に開催されました。本特集では、PNSのアップデートに役立つ最新事情をお届けします。

 2017年PNS研究会最新事情&「PNSの価値」を見いだし,
  今こそ看護現場の「働き方改革」を実現しよう

   前・福井大学医学部附属病院 副病院長・看護部長
   PNS研究会 会長/福井医療大学 保健医療学部 看護学科 橘 幸子

 正しいスタイルを身につけ、進化を促進!
  「守・破・離」プロセスに学ぶPNS実践法と管理者としての仕掛け方
   福井大学医学部附属病院 看護部 PNS担当看護師長
   統括看護師長/PNS開発者 上山香代子

 ICTとデータ活用による可視化がカギとなる
  PNSにおける業務の可視化とタイムマネジメント法
   福井大学医学部附属病院 看護部
   企画・経営担当副看護部長(医療情報担当兼任)
   診療情報管理士/医療情報技師 大北美恵子

 看護部の立て直しをかけた挑戦
  PNS導入3年間の歩みと副院長としての奮闘

   医療法人泰庸会 新潟脳外科病院 副院長 長谷川雅子

 評価者によるバラツキを防ぎ,“なんちゃってPNS”撲滅に効果的!
  PNS「監査評価基準」作成による監査精度の向上と実践ポイント
   徳島大学病院 副看護師長/集中ケア認定看護師 河原良美 ほか

 PNSにおいてパートナーが成果を出せた要因に基づくペア行動成功のコツ
   鈴鹿中央総合病院 看護部 主任 松田陽子 ほか


■特集2
いざという時にあわてない!
災害時の看護管理者の役割と対応手順
「災害は、忘れた頃にやってくる」といわれますが、毎年のように天災・人災が起きており、人事では済まされません。日頃から非常時を想定した、組織の機能を止めないための指揮管理やマニュアル整備・見直しが不可欠です。本特集では、過去の経験からの学びや専門家からのアドバイスを指南します。

 クライシスマネジメントとしての
  災害時の看護部長の判断&意思決定手順とマニュアル整備・見直しのポイント

   看護学博士・教育学修士/東京医療保健大学・大学院 教授 中島美津子

 被災地看護管理者の苦悩〜体験から学んだネットワーク構築の必要性
   東京医科大学 医学部看護学科 兼任准教授/山崎絆塾 代表
   NPO法人 災害看護支援機構 副理事長 山崎達枝

 地域における看護部長による災害に関する病院間連携の取り組み
  〜Disaster Imagination Gameを活用して〜
   創価大学 看護学部 基礎看護学 教授 鈴木恵子

 災害拠点病院における発災時看護マネジメントの実際
   社会福祉法人恩賜財団 済生会横浜市東部病院
   救命救急センター 病棟師長 小原澄子

2016年8・9月号の目次はこちら



2017
10・11月号

  ■特集1
生き残る病院看護部が行っている! 
次世代を担う看護管理者 育成・支援と研修のコツ

看護師長は看護部の要であり、看護部長にとって次代を担う後継者たちです。その師長たちを輝かせられるかどうかは看護部長の皆さんの手腕にかかっています。本特集では、師長が個性を活かしながら現場で活躍できるための障害を取り除き、成果生み出す管理者に成長できる支援と仕組みづくりの事例を紹介します。

 組織・チームに向き合う力を高め、自立した看護管理者を育てる!
  師長・主任へのSOC(首尾一貫感覚)を用いた教育研修・指導のポイント
 「ダメダメ、絶対できない」を解消し、モチベーションと帰属意識UPに効果あり!
  「SHIEN」マネジメント研修による師長の活性化・支援の具体策
 「看護師長がスタッフに意図的に示している部署責任者行動」を
  踏まえた師長育成
 「看護師長のマネジメント実践における対人的能力に係る
  経験学習のプロセス」に基づいた師長教育
 共に成長できる関係をつくる先輩師長から新任師長への支援


■特集2
採用から業務の質保証まで
看護補助者への業務委譲・役割分担の工夫による
生産性向上と教育研修整備
労働人口減少時代に突入し、看護補助者の採用・確保は年々厳しくなっていると聞きます。採用のための工夫と共に、将来のチーム医療を担える人材を選ぶ基準も大切です。そして、より生産性の高い業務運営のための任せる業務基準の線引きの工夫も必須です。本特集では先進事例を紹介します。

 先読み&逆算による施設タイプ別対応策!
  看護補助者を取り巻く環境変化で求められる業務改善と人員管理、教育研修
 独立組織“看護部 介護科”立ち上げに向け!
  チーム医療の一員として、プロとして、やりがい感を高める
  看護補助者業務・勤務体制の見直し、教育・支援
 看護補助者の効果的な採用・育成・活用・効果測定の具体的方策


2017
12・1月号

  ■特集1
成長・定着の成否を左右する!
新人・若手看護師の
教育研修・支援体制見直しのコツ

多忙な臨床現場で、新人・若手看護師が順調に成長し、定着する病院と、そうでない病院では、集合研修、各部署でのOJT、指導で何が違うのでしょうか。本特集では、成功施設から、成長と定着のコツを紹介します。


■特集2
真に機能を発揮し、目指す目的達成につながる!
チーム医療、多職種連携・協働 運営の仕方
「チーム」医療というまでもなく、本来医療はチームでなければ行えないもの。そうわかってはいても、職種間、施設間の隔たりは大きく、患者にとって最適な体制で臨むことは容易ではありません。本特集では、看護師の立場で行える多職種への働きかけなどマネジメントを中心にチーム医療、多職種連携・協働の運営法を紹介します。
 

2018
2・3月号

  ■特集1
人員不足を脱却し、求める人材を確保!
激変期を生き抜く看護師採用・確保、
定着の戦略的アプローチ

超高齢社会と人口減少時代の到来、それに伴う働き方改革など、看護師採用や労働環境を取り巻く変化の激しい現在、これまでと同様の方法では、求める人材の質・量ともに確保が困難になっています。本特集では、そうした時代において、自院の求める採用・確保、定着を可能にするアプローチを先進施設の例から紹介します。


■特集2
モチベーションを高め、組織の活性化を促す!
人事、昇進・昇格の仕組みづくりと運用手順
組織活性化のためには、優秀な人材の登用や、昇給、適材適所による人材の活用など、人事戦略は看護部長の皆さんの持つ大きな権限であり、その成否は皆さんの選択にゆだねられています。本特集では、現場の納得と、本人のモチベーションアップによる組織活性化を促す人事、昇進・昇格の仕組みづくりと運用手順を紹介します。
 

※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 

 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671