ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 看護部長通信 > 今後の特集予定

特集ラインナップ

2017
2・3月号

  ■特集1
日看協版ラダー、コンピテンシーほか、
現場でのキャリア開発に生かす!

クリニカルラダーの開発&活用 最前線

限られた人材の能力開発と、有効利用は看護管理者にとって、永遠の課題とも言えるでしょう。とりわけ、新たに示された「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」の活用については、自院のものにどう生かしていくかなど、注目が集まっています。その進め方も含め、人的資源管理とキャリア開発の最前線をご紹介します。

 「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」活用のポイント
   東北文化学園大学 医療福祉学部 看護学科 教授/副学長 藤本幸三

 育成システムとしての多職種共通キャリアパスの構築と運用
   公益財団法人筑波メディカルセンター 筑波メディカルセンター病院
   副院長・法人看護部門長 山下美智子

 「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」を取り入れた
  兵庫県立病院キャリア開発ラダー作成への取り組み
   兵庫県立病院看護部長会教育研修委員会 看護師ラダー検討ワーキング
   兵庫県立西宮病院 看護部次長 熊谷はじめ ほか

 臨床現場で横断的・専門的能力を発揮するために
  「専門看護師」「認定看護師」のクリニカルラダー&育成ラダー作成・活用

   千葉県千葉リハビリテーションセンター 看護局長/看護学博士/MBA 荒木暁子


■特集2
強い看護部づくりはよい採用から!
変革期の看護師採用・確保・定着法
2016年度診療報酬改定により、病床機能の変更が活発化し、人材の移動もこれまでとは違う傾向を見せています。こうした先の読めない時期だからこそ、情報を収集し、対策を講じることが重要となります。自院のウリの見極めと、先読みによる採用・確保・定着のサバイバルの実践例をお届けします。

 中長期的視野に立ち,強い看護部づくりに不可欠な人財の見極め方、育て方
   東京医療保健大学・大学院 教授/看護学博士・教育学修士 中島美津子

 潜在看護職活用に向けた取り組み
  〜復職支援研修と研修後のサポートのあり方

   IMSグループ 医療法人社団明芳会 新戸塚病院 看護部長 岸 小春

 小児専門病院の職務継続と定着に向けた支援の実際
   地方独立行政法人神奈川県立病院機構 神奈川県立こども医療センター
   看護局長 吉岡 幸 ほか

SPECIAL TOPICS

 キャリア開発を促進・見える化する看護師の行動指標・基準〈前編〉
  〜コンピテンシーからクオリティー・インディケィター
  (NQI:Nursing Quality Indicator)へ
   アルケー・エートス研究所 所長 小島理市

2016年2・3月号の目次はこちら


2017
4・5月号

  ■特集1
地域包括ケアシステムにおける「外来機能」の
見直し・拡充の工夫

地域包括ケアシステム構築に向けて、変化の中で入院から退院後の支援までのシステム構築において、外来機能そのもの、入院前からの病棟との連携、地域との連携の見直し・拡充が注目されています。先進施設の取り組みから工夫を紹介します。

 実施率の高低傾向に基づくメリハリ指針!
  外来機能の変化と入院決定から退院後までのプロセスで求められる
  外来看護師による在宅療養移行支援のポイント

   石川県立看護大学 看護学部・看護学研究科 教授 丸岡直子

 多職種連携・協動のチーム医療による一貫した患者・家族支援システム
  PFMにおける入院前から退院後までの要となる外来役割

   東京慈恵会医科大学 葛飾医療センター 看護部長 玉上淳子 ほか

 外来看護師の入院時からの介入で実現する在宅療養支援の効率化と質向上策
  外来に通院する患者が在宅療養を継続できる仕組みづくり

   医療法人社団仁成会 高木病院 看護部長/認定看護管理者 山崎あゆ子 ほか

 シームレスで患者ニーズに寄り添う退院支援と在宅療養支援を実現する!
  「入院・外来一元体制」による継続看護の効果的な導入・実践・運営法

   社会福祉法人恩賜財団済生会 石川県済生会金沢病院
   副院長兼看護部長 浦 美奈子

 手術室と外来の一体化による入・退院支援の業務効率化と工夫点
   千葉県千葉リハビリテーションセンター
   看護局長/看護学博士/MBA 荒木暁子


■特集2
新年度に飛躍するために!
看護部目標達成と経営・組織マネジメント戦略
昨年度の目標達成状況の振り返り・可視化と、新年度に効果的に飛躍するための新たな計画・戦略・工程管理による、経営・組織マネジメントの実践事例を紹介します。

 達成率を左右するダンドリと押さえどころ!
  看護部目標の計画・立案・実施・評価と部署マネジメント

   社会医療法人財団石心会 川崎幸病院 副院長・看護部長
   認定看護管理者 佐藤久美子

 目標設定に対する看護クリニカルラダー導入の
  影響とラダーに連動した目標管理の実際

   東邦大学医療センター大森病院 副院長・看護部長
   認定看護管理者 田村清美 ほか

 看護師のやりがい感が向上し離職率の低下を導く目標管理システムの導入
   IMSグループ 医療法人財団明理会
   鶴川サナトリウム病院 副看護部長 中川佳代子

 目標管理にプロジェクト学習を導入したプロセスと効果
   JA北海道厚生連 遠軽厚生病院 看護部長 篠田千佳子 ほか

SPECIAL TOPICS

 キャリア開発を促進・見える化する看護師の行動指標・基準〈後編〉
  コンピテンシーからクオリティー・インディケィター
  (NQI:Nursing Quality Indicator)へ
   アルケー・エートス研究所 所長 小島理市


2017
6・7月号

  ■特集1
WLB最前線!
看護部における働き方改革と
働きやすい環境整備のコツ

政府の「働き方改革担当大臣」の新設、「働き方改革実現会議」の実施など、国をあげての長時間労働是正が始まっています。企業に比べ、短時間勤務や、多様な勤務形態など、WLBは進んでいる感のある看護界ですが、だからこそ、優秀な人材を惹きつけるには、医療勤務環境改善マネジメントシステムやダイバーシティ・マネジメントなど、より働きやすく働き甲斐のある職場作りの工夫が不可欠です。先進施設に学ぶ環境整備のコツを紹介します。


■特集2
予防と早めの対応がポイント!
スタッフのメンタル問題マネジメント
急激な高齢化と財源圧迫による診療報酬改定の影響は、現場業務の変化と更なる多忙を余儀なくされ、看護部及び、各部署ではこれまで以上にメンタル支援の重要性を感じていることでしょう。予防と早期発見・早期対応の実践法を紹介します。
 

2017
8・9月号

  ■特集1
2017年度最新事情! 
新看護方式PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)(R)
進化と成果を定着させる現場でのアップデート法

2017年3月で第4回を迎えるPNS研究会では、全国に広まり、進化を続けるPNSの開発施設、福井大学医学部附属病院の最新の取り組みをはじめ、全国実践施設からの活動報告、さらには各診療科別特有の運営法をめぐる交流集会などが行われます。本特集では、PNSのアップデートに役立つ最新事情をお届けします。


■特集2
生き残る病院看護部が行っている!
次世代を担う看護管理者 育成・支援と研修のコツ
看護師長は看護部の要であり、看護部長にとって次代を担う後継者たちです。その師長たちを輝かせられるかどうかは看護部長の皆さんの手腕にかかっています。本特集では、師長が個性を活かしながら現場で活躍できるための障害を取り除き、成果を生み出す管理者に成長できる支援と仕組みづくりの事例を紹介します。
 

※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 

 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671