ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 看護部長通信 > 今後の特集予定

特集ラインナップ

2016
12・1月号

  ■特集1
時代を先取り!地域包括ケアシステム構築・
運営のための看護マネジメント
2025年問題対策として注目される地域包括ケアシステムですが、その具体的な取り組みは、行政が示すものにとどまらず、現場の実践から生まれる智恵、経験からの工夫が不可欠です。本特集では、現場での加算関連の取り組みをはじめ、時代を先取りした取り組みを掲載します。

 地域包括ケアシステム病院看護管理者の落とし穴と
  真に機能するためのシステム構築ポイント

   東京医療保健大学・大学院 教授/看護学博士・教育学修士 中島美津子

 総合診療サポートセンター(TMSC)の活動実践と看護管理者の役割
   愛媛大学医学部附属病院 副病院長/看護部 看護部長 田渕典子

 急性期医療と地域包括ケア病棟間をつなぐ
  〜急性期医療チームから在宅医療チームへバトンタッチする仕組みづくり
   社会医療法人財団慈泉会 相澤東病院 看護部長
   認定看護管理者 武井純子 ほか

 亜急性期中心の病院が患者ケアの質を確保し生き残る!
  地域包括ケアシステム参画の看護部長としての戦略

  〜回復期リハ病棟や地域包括ケア病棟に乗り換えられない環境での奮闘
   医療法人社団大坪会 東和病院 看護部長/認定看護管理者 友野みつ子


■特集2
中堅看護師のマンネリ打破!不満解消!
〜次期リーダーとしての教育指導
中堅のキャリアを生かした支援や、実力を眠らせないための関わりや仕掛けなどに苦慮する声も多く聞かれます。本特集では中堅のマンネリを打破し、現場を活性化するための方策を紹介します。

 中堅・ベテランナースを“寝たきり”にしない
  活性化・継続させるかかわりのスキル

   C-FEN 代表/看護学修士/GCS認定プロフェッショナルコーチ 太田加世

 中堅看護師の「教育力」向上へ向けた
  教育プログラム開発・改善・活用の工夫

   久美愛厚生病院 看護部長/認定看護管理者 島中小百合 ほか 

 新人教育担当役割を通して育成する中堅看護師の教育
   名古屋第二赤十字病院 看護副部長/認定看護管理者 寺西美佐絵

2016年12・1月号の目次はこちら



2017
2・3月号

  ■特集1
日看協版ラダー、コンピテンシーほか、
現場でのキャリア開発に生かす!

クリニカルラダーの開発&活用最前線

限られた人材の能力開発と、有効利用は看護管理者にとって、永遠の課題とも言えるでしょう。とりわけ、新たに示された「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」の活用については、自院のものにどう生かしていくかなど、注目が集まっています。その進め方も含め、人的資源管理とキャリア開発の最前線をご紹介します。

 「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」の
  特徴と現場での活用ポイント
   東北文化学園大学 医療福祉学部 看護学科 教授・副学長 藤本幸三

 「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」を取り入れた
  全県立病院キャリア開発ラダー見直し・作成
   兵庫県立西宮病院 看護部次長 熊谷はじめ

 「認定看護師」「専門看護師」のクリニカルラダー作成・活用法
   千葉県千葉リハビリテーションセンター 看護局長/看護学博士/MBA 荒木暁子

 キャリア開発を促進・見える化する看護師の行動指標・基準
   アルケー・エートス研究所 所長 小島理市

 多職種連携・協働力を高め、役割達成を可能にする
  育成システムとしての「キャリアパス」開発・活用
   公益財団法人筑波メディカルセンター 筑波メディカルセンター病院
   法人看護部門長・病院副院長 山下美智子


■特集2
強い看護部作りはよい採用から!
変革期の看護師採用・確保・定着法
2016年度診療報酬改定により、病床機能の変更が活発化し、人材の移動もこれまでとは違う傾向を見せています。こうした先の読めない時期だからこそ、情報を収集し、対策を講じることが重要となります。自院のウリの見極めと、先読みによる採用・確保・定着のサバイバルの実践例をお届けします。

 中長期的視野に立ち,強い看護部づくりに不可欠な人財の見極め方、育て方
   東京医療保健大学・大学院 教授/厚生労働省医療労働に関する研究委員
   看護職の採用と定着を考える会 理事/看護学博士・教育学修士 中島美津子

 潜在看護師の復職支援研修と研修後のサポート
   医療法人社団明芳会 新戸塚病院 看護部長 岸 小春

 中堅看護師の職務継続と定着に向けた支援の実際
   地方独立行政法人神奈川県立病院機構 神奈川県立こども医療センター
    看護局長 吉岡 幸
    副看護局長 西角一恵


2017
4・5月号

  ■特集1
地域包括ケアシステムにおける「外来機能」の
見直し・拡充の工夫

地域包括ケアシステム構築に向けて、変化の中で入院から退院後の支援までのシステム構築において、外来機能そのもの、入院前からの病棟との連携、地域との連携の見直し・拡充が注目されています。先進施設の取り組みから工夫を紹介します。


■特集2
新年度に飛躍するために!
看護部目標達成と経営・組織マネジメント戦略
昨年度の目標達成状況の振り返り・可視化と、新年度に効果的に飛躍するための新たな計画・戦略・工程管理による、経営・組織マネジメントの実践事例を紹介します。
 

2017
6・7月号

  ■特集1
予防と早めの対応がポイント!
スタッフのメンタル問題マネジメント

急激な高齢化と財源圧迫による診療報酬改定の影響は、現場業務の変化と更なる多忙を余儀なくされ、看護部及び、各部署ではこれまで以上にメンタル支援の重要性を感じていることでしょう。予防と早期発見・早期対応の実践法を紹介します。


■特集2
WLB最前線! 看護部における
働き方改革と働きやすい環境整備のコツ
政府の「働き方改革担当大臣」の新設、「働き方改革実現会議」の実施など、国をあげての長時間労働是正が始まっています。企業に比べ、短時間勤務や、多様な勤務形態など、WLBは進んでいる感のある看護界ですが、だからこそ、優秀な人材を惹きつけるには、より働きやすく働き甲斐のある職場作りが不可欠です。先進施設に学ぶ環境整備のコツを紹介します。
 

※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 

 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671