ホーム > 専門誌 > 隔月刊誌 介護人財 教育研修支援教材 >研修教材



 研修教材ラインナップ(Web配信)

介護職としての
「気づき力」を高める基礎研修
(配信中)

 高齢者の疾患/急変対応
  (1)脱水 (2)脳血管疾患 (3)糖尿病 (4)高血圧 (5)腎不全/腎機能障害 (6)嚥下障害 (7)肺炎
  (8)風邪・インフルエンザ (9)転倒・骨折・頭部外傷 (10)心疾患

 観察力と記録力
  (1)介護のプロに求められる観察 (2)3大介護別に考える 観察するべき視点
  (3)記録の持つ意味とその重要性 (4)良い記録・悪い記録 (5)記録を書いてみよう

 生活支援技術〜基礎知識編
  (1)食事の支援 (2)排泄の支援 (3)清潔の支援 (4)体位変換・移乗・移動の支援
  (5)こんな時どうする? 生活支援全般編

 介護拒否場面での不適切ケアへの気づき
  (1)不適切ケアの基礎知識 (2)水分摂取拒否 (3)服薬拒否 
  (4)入浴拒否 (5)レク拒否 (6)食事拒否 (7)排泄拒否

 認知症ケア〜基本から応用まで短期習得
  (1)今さら聞けない! 認知症の基本 (2)ここまでは知っておきたい! 認知症ケア応用問題
  (3)こんな時どうする!? 認知症ケア事例問題

 権利擁護/虐待防止〜基礎知識編
  (1)世界基準で考える権利擁護(高齢者の国連原則から) (2)基本的人権とはどんな権利?
  (3)権利擁護に関する法制度 (4)高齢者虐待の実態(施設編) (5)高齢者虐待の実態(居宅編) 

 


まずはここまで! 新人研修教材(配信中)

 社会人基礎教育
  (1)社会人としてのマナー (2)電話応対 (3)接遇マナー (4)身だしなみ (5)言葉遣い

 法令遵守/職業倫理
  (1)介護保険制度と介護職の役割 (2)介護職が取り扱う個人情報 (3)プライバシー保護

 職場内コミュニケーション
  (1)介護職に求められる報連相 (2)報連相トレーニング

 


利用者・家族の信頼を得る!(7/20配信予定)

 感染症および食中毒の発生の予防 まん延の防止研修
  感染予防の基礎
   1)感染症が発生したらどうなる? 2)感染症と感染経路 3)感染予防の3原則
  感染症・食中毒の予防&対応(前編)
   1)食中毒 2)疥癬

 権利擁護/虐待防止研修〜事例検討編(1)
  「明らか」な虐待行為 「顕在化」している虐待行為
  「意図的」な虐待行為 虐待している職員への指導

 福祉制度/介護保険制度研修
  介護保険サービス 介護報酬関係 実地指導・監査
  制度概要と利用プロセス 利用者負担関係

 リスクマネジメント研修
  高齢者の事故の特徴 危険予知訓練(KYT)とは KYTでリスクマネジメント

 介護職の医療的行為
  浣腸 ストマケア 傷の処置 点眼薬 爪切り


【9/20配信予定】
 ●危険予知トレーニング(実践編) ●チームビルディング&コミュニケーション
 ●感染予防(ノロウイルス/インフルエンザ/結核/多剤耐性菌)

【11月以降の配信予定】
 ●接遇 ●コーチング ●ストレスマネジメント などのテーマを追加予定です。
 一部カスタマイズ用のパワーポイントデータもご用意します。

 

※研修教材は予告なく変更する場合があります。

 

 



前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671