ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 介護人財 教育研修支援教材  
 
商品番号【5・6月号】3580500
商品番号【7・8月号】3580700


隔月刊誌 介護人財 教育研修支援教材


 

「気づき力」を高める基礎演習 (各講座約30分)

 高齢者の疾患/急変対応
  1)脱水  2)脳血管疾患 3)糖尿病  4)高血圧
  5)腎不全/腎機能障害  6)嚥下障害  7)肺炎
  8)風邪・インフルエンザ  9)転倒・骨折・頭部外傷
  10)心疾患

 観察力と記録力
  1)介護のプロに求められる観察
  2)3大介護別に考える 観察するべき視点
  3)記録の持つ意味とその重要性
  4)良い記録・悪い記録
  5)記録を書いてみよう

 生活支援技術〜基礎知識編
  1)食事の支援 2)排泄の支援 3)清潔の支援
  4)体位変換・移乗・移動の支援
  5)こんな時どうする? 生活支援全般編

 介護拒否場面での不適切ケアへの気づき
  1)不適切ケアの基礎知識 2)水分摂取拒否
  3)服薬拒否 4)入浴拒否 5)レク拒否
  6)食事拒否 7)排泄拒否

 認知症ケア〜基本から応用まで短期習得
  1)今さら聞けない! 認知症の基本
  2)ここまでは知っておきたい! 認知症ケア応用問題
  3)こんな時どうする!? 認知症ケア事例問題

 権利擁護/虐待防止〜基礎知識編
  1)世界基準で考える権利擁護(高齢者の国連原則から)
  2)基本的人権とはどんな権利?
  3)権利擁護に関する法制度
  4)高齢者虐待の実態(施設編)
  5)高齢者虐待の実態(居宅編)


 まずはここまで! 新人研修教材

 社会人基礎教育

  1)社会人としてのマナー  2)電話応対
  3)接遇マナー  4)身だしなみ  5)言葉遣い

 法令遵守/職業倫理
  1)介護保険制度と介護職の役割
  2)介護職が取り扱う個人情報
  3)プライバシー保護

 職場内コミュニケーション
  1)介護職に求められる報連相
  2)報連相トレーニング

 いつから?どのように?
「夜勤デビュー」に向けた新人教育

 ●ここまでできれば一安心!
  夜勤デビューできる? できない?の判断基準

 ●不安を軽減!
  新人向け夜勤マニュアルの作り方

 ●「夜勤に入る新人」への
  申し送り・情報共有のポイント


 ●どうしていますか?
  介護施設における「夜勤OJT」
  1)老健編
  2)特別養護老人ホーム編
 
 3)グループホーム編

 ●心身の負担を上手に解消!
  私の夜勤スタイル

  1)2交替編
  2)3交替編


 モチベーションを向上させる好事例!
 介護スタッフの「働き方&休み方」改革

 ●スタッフ自らが発案した子連れ出勤制度「リズムキッズ」
 ●夜勤専従スタッフの活用
 ●有休および公休の取得支援
 ●週休3日制導入
 ●ファミリーサービスデーの導入
 ●短時間正社員制度


 採用担当者のお仕事
 〜人材確保の効果/効率を高めるポイント

 ●「今どきの介護人材」が持つ就職観
 ●学校/学生への求人アプローチ
 ●就職フェアへの参加/施設PR
 ●HPによる施設情報/求人情報の発信
 ●派遣業者の活用方法
 ●口コミ対策
 ●SNSの活用

 7-8月号  

 福祉制度/介護保険制度研修
  福祉と介護のお金の流れ
  介護保険と日常業務のつながり ほか

 リスクマネジメント研修
  介護事故の傾向・対策、KYTでリスク感性を磨く ほか

 権利擁護/虐待防止〜実践編
  基本的人権の尊重、不適切ケア ほか

 季節ごとの感染予防研修
  基本の確認、最新エビデンス、実践の具体例 ほか

 ※内容は都合により変更する場合があります。

介護事故を回避する「気づき力」の高め方

 ●転倒転落事故の受傷程度を軽減させる!
 ●中堅・ベテラン職員の「慣れ」に潜むリスク
 ●ヒヤリハット分析と事故防止対策
 ●「いつもと違う」に気づくための観察力の高め方
 ●熟練スタッフの失敗談とそこからの学び


 ロボット・ICTの活用から見る
 介護現場の未来

 ●ロボット・ICT開発の現状と普及に向けた課題
 ●【事例報告】ロボット・ICTの導入効果
   業務の「見える化」と「改善」
   職員のモチベーションUP
   記録のスリム化/コミュニケーション向上 ほか


 介護人材のダイバーシティ
 〜「対象別」採用/定着のアプローチ

 ●介護人材の変化と人事・採用担当の役割
 ●採用・定着アプローチの好事例
  外国人/アクティブシニア
  一度離職したスタッフ/他業種からの転職

 ※内容は都合により変更する場合があります。
 9-10月号  

 介護職としての専門性を深める!

 ●認知症困難ケースへの対応

 ●看取りの困難ケースへの対応

 ●職場の問題解決演習 ほか



※内容は都合により変更する場合があります。

 

 後悔しない/させない 看取り介護の実務
 教育&ストレス緩和の具体策

 苦情・クレームを予防する!
 「不適切ケア」一掃大作戦!

 ここまでできればOK!
 採用面接のノウハウ&テクニック


 ※内容は都合により変更する場合があります。



 

 

★この商品の内容に関するお問い合わせは仙台デスク お急ぎの場合は、TEL(022)261-7660におかけください。  
※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせはお客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。

 

 



 


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671