ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 達人ケアマネ > 今後の特集予定


特集ラインナップ
2016年
12・1月号

 

【実地指導対策保存版
実地指導・監査の流れの理解

準備すべき書類・対応ポイント

 実地指導・監査を詳細に理解しておけば何も怖くありません。本特集は、実地指導・監査の流れと準備すべき書類、加算を取得している場合などはどのような点に留意すべきかなどについて紹介します。

 慌てない! 焦らない! 実地指導のおさらいと心構え
   株式会社ケアファクトリー 代表取締役 能本守康

 ●人員・運営に関する基準への対応
   社会福祉法人光寿会 本部長 笠松信幸

 「指定居宅介護支援の具体的取扱方針」に係る項目についての対応
   JA長野厚生連 北アルプス医療センターあづみ病院
   居宅介護支援事業所 介護支援専門員 中村雅彦

 実地指導に備えたスタッフ教育と書類整備の具体策
   おひさまケア 管理者 新井千春

 報酬・加算算定に係る項目への対応
   日総研グループ編

スキルアップ情報

 ●社会福祉士資格を取得して相談援助のスキルを高めよう
   一般財団法人 日本総合研究所 社会福祉士養成所 通信課程事務局

2016年12・1月号の目次はこちら



2017年
2・3月号

 

知識を身につけ、適切なチームアプローチを実践!
精神疾患の知識・適切な対応の仕方・
専門機関へのつなぎ方

 利用者の「こだわり」が精神疾患なのか性格的なものなのか判断がつかない。精神疾患の知識がないために問題をこじらせてしまうなど、精神疾患のある方には専門的な知識と対応が求められます。本特集では、ケアマネジャーとして押さえておきたい精神疾患の基本的な知識、社会資源、精神疾患のある方へのアプローチの仕方などについて紹介します。

 ●精神疾患(依存症・総合失調症・パーソナリティ障害・うつ病)の
  基本知識と正しい対応の仕方
   医療法人三幸会 北山病院 看護介護部長 坂井加津美

 ●精神疾患に関する社会資源・関連する制度
   関西福祉科学大学 心理科学部 講師 木村志保

【事例】
 ●
アルコール依存症の独居男性への危機介入〜18日間の支援
   公益社団法人 京都府介護支援専門員会 会長 井上 基

 うつ病になった母親と同居する、
  うつ病と境界性パーソナリティ障がいのある娘への支援
   八尾こころのホスピタル 医療福祉支援課
   精神保健福祉士/社会福祉士/看護師 塚本真代

 統合失調症のある利用者の事例から学ぶ支援・連携のポイント
   北アルプス医療センターあづみ病院 居宅介護支援事業所
   主任介護支援専門員/社会福祉士 中村雅彦

 うつ病のある利用者の事例から学ぶ支援・連携のポイント
   株式会社カラーズ 居宅介護支援事業 精神保健福祉士/介護支援専門員 小島進也


2017年
4・5月号

 

業務効率化・省力化を実現!“ デキル”ケアマネはここが違う!
業務マネジメント(仕事)の進め方・工夫の仕方

 多忙を極めるケアマネジャー。書類の作成、サービス事業者との連絡調整、会議運営に係る準備など利用者と直接関わらない仕事に多くの時間を費やしています。利用者の自立支援をマネジメントすることがケアマネジャーの仕事ですが、本特集では、自分自身の仕事をしっかりと“マネジメント”するための進め方・工夫について紹介します。

 “見通し力”が仕事の差を生む!
  
急な入院でも対応できる仕事の進め方・工夫の仕方
   京都介護医療総研株式会社 代表取締役 吉良厚子

 書類の山とはおさらば!
  ペーパレス化で実現できる効率的な仕事の進め方

   有限会社あおいとりケアサービス 介護支援専門員 関本崇詞

 “まとめる力”が仕事の質を高める!
  チーム間のコミュニケーションのとり方・情報共有化のコツ

   愛の園居宅介護支援事業所 管理者 崎山賢士

 私の業務効率化・省力化の一工夫
   有限会社きちっと 代表取締役/きちっと居宅介護支援事業所 管理者 佐藤文恵
   指定居宅介護支援センターおとなりさん 介護支援専門員 岸 治代

 ルールを確認し、仕事の無駄を洗い出す!
  
押さえておくべき居宅介護支援の“基本”
   社会福祉法人芳春会地域包括支援センター 管理者
   地域密着介護老人福祉施設ビオラ和泉 施設長 村山尚紀

 “事務作業”を徹底的に効率化!時間を生み出す仕事術
   まぶち介護・社会福祉士事務所 主任介護支援専門員 馬淵晃浩


2017年
6・7月号

 

医療との連携がポイント!
難病・看取りのケースに
ケアマネジャーがすべきこと

 ALS・パーキンソン病などの難病のケースは、緩やかな経過をたどるため、長期的な支援が必要です。一方ターミナルのケースにおいては、限られた時間の中で質の高い支援が求められます。いずれのケースにおいても経過に応じた支援が必要になります。本特集では経過に応じた支援のポイントについて解説します。


2017年
8・9月号

 

介護保険サービスだけじゃ救えない! 社会資源を上手に活用!
他法・他制度を活用した支援と
関係職種との連携ポイント

 要介護認定がおり、介護保険サービスを入れてうまく進むケースばかりではありません。他法・他制度をうまく活用しながらマネジメントすることもケアマネジャーの役割です。本特集では、社会資源を上手に活用した事例を紹介しながら、関係機関職種との連携の取り方について説明します。


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671