ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 達人ケアマネ  
 
商品番号【4・5月号】3880400
商品番号【6・7月号】3880600


隔月刊誌 達人ケアマネ


介護・医療・福祉のトリプル改定!
介護保険制度改正で変わるコト・とるべき対応

※2018年4・5月号の目次はこちら


 6-7月号

管理者・主任ケアマネ必読!
ケアマネジャーへの指導の
仕方・同行研修・事例検討の進め方!
 2018年改定及び新カリキュラムから見る主任ケアマネの役割を"フカヨミ"
 ケアマネジャーへの指導で身につけておきたい“教えるスキルの基本”
 多様なキャリアに応じた指導のポイント
 実習の受け入れの心構え・ケアマネジメントの技術指導のポイント
 主任ケアマネが行う事例検討会の上手な進め方・実践での留意点


 8-9月号

なぜそのサービスが必要? 課題設定の根拠は?
再点検! アセスメントの基本と根拠あるサービスへのつなげ方

新運営基準導入により“ケアプラン”は他職種の眼に触れる機会が増えます。
課題やサービスを導き出した根拠を示す事が重要です。その元となるのが“アセスメント”です。
ここでは、アセスメントの基本と根拠あるサービスへのつなげ方について紹介します。



※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 



   読者の声

 ・連携の作法、居宅ケアマネ実務のQ&A等勉強になります。
  また、雑誌を読むことで“気づき”をもらっています。(管理者・8年目)

 ・実地指導の特集がありましたよね。法令関係のところを具体的に
  解説してくれたので勉強になりました。(管理者・5年目)

 ・いまさら聞けない居宅サービス計画書の立て方はとても良かったです。
  ちょうどケアプラン点検が入る時期だったのでとても助かりました。(管理者・3年目)

 ・困難事例についての特集がありました。困難は当たり前じゃないと思っていましたが、
  雑誌で紹介している事例を通して、新たな考え方や違った見方があるのだなと思いました。
  (管理者・9年目)

 ・先輩のケアマネジャーが「この本はいい」と言うことで購読しています。
  サービス担当者会議の進め方が難しいと思っていましたが、特集で分かり易く
  解説してくれていたのでとても勉強になりました。(介護支援専門員・2年目)

 ・自分が一番正しいって訳じゃないので、他の方の見解を知りたいと思って
  購読しています。(介護支援専門員・2年目)

 ・困難ケースがあったときに、このような場合は皆さんどうしているのかな?
  解決の糸口があればよいなと思って読んでいます。(管理者・2年目)





 

 

 

★この商品の内容に関するお問い合わせは大阪デスク お急ぎの場合は、TEL(06)6262-3215におかけください。  
※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせはお客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。

 

 


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671