ホーム > 情報誌 > 隔月刊 地域連携 入退院と在宅支援 > 5・6月号目次


 

 5・6月号 目次

特集1

連携実務を病院運営の改善につなげる


地域をまるごとマネジメントする
ご当地地域包括ケアシステム

医療法人聖真会 渭南病院 看護部長
竹林高子


在宅診療所支援病院としての取り組みと診療報酬への対応
特定医療法人谷田会 谷田病院 事務部長
藤井将志


多職種連携・業務改善による働きやすい病院づくり
産業医科大学病院 入院支援・専門ケア・患者相談室 看護師長
細田悦子


地域連携室の業務改善を病院経営に活かす
医療法人社団玄同会 小畠病院
地域医療部長兼地域連携室長/在宅事業部統括
佐藤千秋


地域医療連携課の業務を通して病院経営を考える
公益財団法人筑波メディカルセンター 筑波メディカルセンター病院
入退院サポートステーションさくら
事務部副部長兼地域医療連携課課長
堀田健一


 

特集2

地域包括ケア病棟新事情
〜地域ニーズに合った入退院支援と前方・後方・院内連携


都市部にある地域包括ケア病棟の在宅療養支援の現状
横浜創英大学 看護学部看護学科 助手
前川一恵 ほか


地域包括ケア病棟運営の実際
〜生き残りをかけた地域包括ケア病棟への転換

医療法人静和会 浅井病院 地域医療連携室
Group Bed Control Team(G.B.C.T) 課長
稲葉健太郎


地域包括ケア病棟と他の病棟との機能分担と在宅復帰支援
桜十字病院 地域医療連携室 主任/社会福祉士
園山和明


地域とのつながりを重視した地域包括ケア病棟の活用
砂川市立病院 地域医療連携室 副看護部長
森 佳子


院内多職種協働を促進する仕掛け
医療法人社団帰厚堂 南昌病院 医療福祉科
地域医療連携室 医療ソーシャルワーカー
菊池和友 ほか


 

新連載

生活に戻すための医療〜医療を生活資源に
四国医療産業研究所 所長
日本医師会総合政策研究機構 客員研究員
櫃本真聿


連携先駆者と考えるこれからの地域連携
全国連携実務者ネットワークだより
NPO法人 全国連携実務者ネットワーク 理事長
湯澤 克


 

連載

Dr.武藤の連携トピックス〈第39回〉
国際医療福祉大学大学院 医療福祉経営学専攻 教授
武藤正樹


地域包括ケアシステム時代の連携部門・
在宅チームのためのマネジメントの基礎知識〈第4回〉

東京医療経営総合研究所 代表
山田康夫


患者と看護師が
共に紡いだものがたり〈第6回(最終回)〉

ものがたり診療所もりおか 所長
松嶋 大


当事者のホンネ!
多職種連携と地域包括ケア〈第2回〉

武久明雄


連携室・外来・PFM・病棟・認定・
訪問看護師などから見た視点
看看連携で進める入退院支援〈第2回〉

東邦大学医療センター大森病院 地域医療支援センター
看護師長補佐/退院調整看護師
山本由香


 

特別企画

平成30年度診療報酬改定の現状と今後
〜特に地域連携の視点から

日総研グループ編


 

 

 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671