ホーム > 情報誌 > 隔月刊 地域連携 入退院と在宅支援 > 9・10月号目次


 

 9・10月号 目次

特集1

入退院支援の質を高める「人づくり」
〜病棟・外来看護師が患者の
 在宅療養を考えて看護するための院内教育


病棟の退院支援力を高める教育プログラムの開発
東京女子医科大学 看護学部 老年看護学 准教授
坂井志麻


訪問看護師教育プログラム作成の取り組み
〜法人内で教育体制の統一を図るために

社会医療法人 入間川病院 看護部長
細谷美穂 ほか


地域生活支援室を核とした病棟の
退院支援力強化への取り組み

社団医療法人新和会 宮古山口病院 地域生活支援室 WRAPファシリテーター
小成祐介 ほか


クリニカルラダーとリンクさせた退院支援教育の実際
日本赤十字社 和歌山医療センター 看護部 PFM
患者総合支援センター 在宅看護専門看護師
戸石未央


外来から始まる退院支援のための外来看護師教育
〜入退院支援室・おうちサポート外来を通して

社会医療法人きつこう会 多根総合病院 看護部長
大崎和子


 

特集2

患者情報の「流通」をよくする工夫
〜情報収集と共有の最適化とツールの改善


「私の健康手帳」「在宅連絡ノート」の
活用に見る情報共有の重要ポイント

南牧村出張診療所 野辺山へき地診療所 所長
座光寺正裕 ほか


「ナラティブブック秋田」による
多職種間の情報共有の実践

伊藤医院 院長
伊藤伸一


「連携・情報共有ツール」と
「ヒューマンネットワーク」を基礎とした多職種連携

宮城県ケアマネジャー協会気仙沼支部
小松 治


入退院時の連携シート開発による円滑な入退院の実現
社会医療法人仙養会 北摂総合病院 退院調整担当看護師長
在宅看護専門看護師
野口 忍


 

新連載

2次・3次救急医療機関より,
急性期病棟のMSWとして,今,伝えたいこと

医療法人社団 川満惠光会 川満外科 医療ソーシャルワーク室 主任
影山康博 ほか


 

連載

Dr.武藤の連携トピックス〈第41回〉
国際医療福祉大学大学院 医療福祉経営学専攻 教授
武藤正樹


連携先駆者と考えるこれからの地域連携〈第3回〉
全国連携実務者ネットワークだより

特定非営利活動法人 全国連携実務者ネットワーク 理事
瀬尾利加子


生活に戻すための医療〈第3回〉
〜医療を生活資源に

四国医療産業研究所 所長/日本医師会総合政策研究機構 客員研究員
櫃本真聿


当事者のホンネ!
多職種連携と地域包括ケア〈第4回〉

武久明雄


地域包括ケアシステム時代の
連携部門・在宅チームのための
マネジメントの基礎知識〈第6回(最終回)〉

東京医療経営総合研究所 代表
山田康夫


連携室・外来・PFM・病棟・認定・
訪問看護師などから見た視点
看看連携で進める入退院支援
〈第4回〉

医療法人凌仁会 ホームケアクリニック田園調布 看護師長
神尾千穂

〈第5回〉
日本医科大学武蔵小杉病院 患者支援センター/がん相談室
がん看護専門看護師/緩和ケア認定看護師
藤原佳美


 

特別企画

地域とつながるとは
〜「大阪のおばちゃん」モデルから考える地域包括ケアシステム

株式会社メディサイト 代表取締役
松村眞吾


 

 

 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671