ホーム > 情報誌 > 隔月刊 地域連携 入退院と在宅支援 > 3・4月号目次


 

 3・4月号 目次

特集1

できる限り再入院をさせない
入退院支援の具体策


慢性期重症循環器病患者の再入院を防ぐ
入退院支援体制

横浜市立大学附属病院 CCU
慢性疾患看護専門看護師
鈴木姿子 ほか


慢性心不全患者に対する施設との連携
〜退院後30日以内の再入院低下への取り組み
トヨタ記念病院 心臓病センター 看護師
原 明枝 ほか


再入院回数を減少させた心不全チームの介入
社会福祉法人京都社会事業財団 京都桂病院
慢性心不全看護認定看護師
深見智子 ほか


訪問NSTによる
誤嚥性肺炎予防への支援

JCHO中京病院 摂食・嚥下障害看護認定看護師
小久保佳津恵


再入院防止における自宅退院後の
ADL調査の重要性と改善の実際

医療法人三九会 三九朗病院 地域連携推進部 部長
村田元徳


データに基づいた再入院の抑制対策
社会医療法人白十字会 白十字病院 脳血管内科 医師
医療情報管理・経営企画センター長
入江克実


 

特集2

予防から疾病管理まで
保健師との協働で進める地域連携


今後の地域連携における
保健・医療協働の重要性とその具体的方策

兵庫県但馬県民局 豊岡健康福祉事務所(豊岡保健所) 所長
柳 尚夫


市町村保健師との連携で
慢性疾患患者の在宅療養を支援する

福島県立医科大学会津医療センター附属病院 患者支援センター
在宅看護専門看護師
柏木久美子 ほか


地域包括支援センターの保健師と
病院看護師が協働する地域づくり

中芸広域連合地域包括支援センター センター長
廣末ゆか ほか


行政保健師と医療機関が連携した地域づくり
〜市民が住み慣れた地域で暮らし続けることができるために

新潟市保健衛生部 地域医療推進課 課長補佐 保健師
清水智子


地域包括ケアシステム構築における
保健師の役割

埼玉県熊谷保健所 副所長/保健予防推進担当
浅井澄代


地域包括ケア実現に向けた
地域づくりと病院と行政保健師との連携

大津市保健所 保健総務課 地域医療戦略室 兼
長寿政策課地域包括ケア推進室 主査
坂口和代


 

新連載

医療福祉連携士による地域連携取り組み最前線
一般財団法人広南会 広南病院 神経内科 医師
NPO法人 医療福祉連携士の会 代表理事
中村起也


 

 

連載

Dr.武藤の連携トピックス〈第44回〉
国際医療福祉大学大学院 医療福祉経営学専攻 教授
武藤正樹


多職種連携,意思決定支援に役立てる
メタファシリテーションの実践〈第2回〉

認定NPO法人 ムラのミライ
認定メタファシリテーション・トレーナー
原 康子


2次・3次救急医療機関より,
急性期病棟のMSWとして,

今,伝えたいこと〈第4回〉
医療法人社団 川満惠光会 川満外科 医療ソーシャルワーク室 主任
影山康博 ほか


 

特別企画

ICTを使った遠隔医療による健康管理システム
〜介護施設での早期発見で再入院防止へ

医療法人芙蓉会 代表・理事/芙蓉グループ 代表
一般社団法人日本遠隔医療介護協会 理事長
前田俊輔


〈編集アドバイザー〉
武藤正樹
国際医療福祉大学大学院 医療福祉経営学専攻 教授

角田直枝
茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンター
看護局長/がん看護専門看護師

〈編集協力〉
NPO法人全国連携実務者ネットワーク/東京都退院調整看護師の会


※今号に掲載を予定していました連載
「生活に戻すための医療〜医療を生活資源に〈第6回〉」
「連携先駆者と考えるこれからの地域連携 全国連携実務者ネットワークだより〈第6回〉」
「連携室・外来・PFM・病棟・認定・訪問看護師などから見た視点 
 看看連携で進める入退院支援〈第8回〉」
「当事者のホンネ!多職種連携と地域包括ケア〈第7回〉」
は次号の掲載とさせていただきます。ご了承ください。

 

 

 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671