ホーム > 専門誌 > 隔月刊 地域連携 入退院と在宅支援 > 9・10月号目次


 

 9・10月号 目次

特集1

「出向く医療」
〜地域に踏み出した病院の医療連携


地域に出向く医療の実践
新潟県立津川病院 院長
原 勝人 ほか


住民との対話による地域医療構築への取り組み
一関市国保藤沢病院 院長
佐藤元美


生活モデルによる地域包括ケアシステム構築の経験から
地域共生社会を展望する

〜幸手・杉戸地域における個人に伴走するケアシステム

北葛北部医師会 在宅医療連携拠点菜のはな
東埼玉総合病院 地域糖尿病センター センター長
中野智紀


「まちづくり」を通して進める地域包括ケアの実践
医療法人博仁会 志村大宮病院 リハビリテーション科 科長
寺門 貴 ほか


研修とICTを通じた地域関係機関との関係構築
済生会唐津病院 主任医療ソーシャルワーカー
梶原 順


 

特集2

入院時・入院前の情報収集力を強化する
〜よりよい退院のための準備


入院時・入院前に収集すべき情報は何か
福岡徳洲会病院 患者サポート室 入退院支援専従看護師
訪問看護認定看護師
羽根田俊子


患者サポートセンター設立と
患者情報の院内共有の仕組みづくり

国保依田窪病院 看護部長
両角直子 ほか


患者が見える情報を収集できる人材育成
〜在宅を見据えた情報収集の取り方を考える

上都賀総合病院 患者支援センター 退院支援専従看護師
飯野直子


継続看護の視点で行う情報の共有と入退院支援
NTT東日本伊豆病院 看護部長/認定看護管理者
塩田美佐代


「患者の生き方」を支えるための情報収集
楽患ナース訪問看護ステーション 所長/取締役
岩本ゆり


 

連載

Dr.武藤の連携トピックス〈第47回〉
国際医療福祉大学大学院 医療福祉経営専攻
医学研究科公衆衛生学専攻 教授
武藤正樹


連携先駆者と考えるこれからの地域連携〈第8回〉
全国連携実務者ネットワークだより

特定非営利活動法人 全国連携実務者ネットワーク 副理事長
公益財団法人 大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院
地域医療連携・広報部 部長
十河浩史


生活に戻すための医療〈第8回(最終回)〉
〜医療を生活資源に

四国医療産業研究所 所長
日本医師会総合政策研究機構 客員研究員
櫃本真聿


多職種連携,意思決定支援に役立てる
メタファシリテーションの実践〈第5回〉

認定NPO法人 ムラのミライ
認定メタファシリテーション・トレーナー
原 康子


連携室・外来・PFM・病棟・認定・訪問看護師
などから見た視点
看看連携で進める入退院支援〈第10回〉

株式会社みゆき せたがや訪問看護ステーション 所長
松井知子


二次・三次救急医療機関より,
急性期病棟のMSWとして,今,伝えたいこと〈第7回〉

早稲田大学大学院 人間科学研究科 博士後期課程
影山康博 ほか


医療福祉連携士による
地域連携取り組み最前線〈第4回〉

姫路市医師会 会務事業部 副部長
姫路市在宅医療・介護連携支援センター センター長
医療福祉連携士/認定看護管理者/介護支援専門員
成定啓子


 

特別企画

地域のみとりを考える
徳島大学大学院 医歯薬学研究部 地域医療福祉学分野 教授
白山靖彦 ほか


セルフ・ネグレクトの人と共生できる
地域づくりと連携実務者に期待される役割

東邦大学 看護学部 公衆衛生看護学研究室 教授
岸恵美子


〈編集アドバイザー〉
武藤正樹
国際医療福祉大学大学院 医療福祉経営専攻/医学研究科公衆衛生学専攻 教授

角田直枝
茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンター 看護局長/がん看護専門看護師

〈編集協力〉
NPO法人全国連携実務者ネットワーク
東京都退院調整看護師の会


 

 

 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671