ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 急変ABCD+呼吸・循環ケア
 
商品番号【12・1月号】2481200
商品番号【2・3月号】2490200
商品番号【4・5月号】2490400

 

隔月刊誌 急変ABCD+呼吸・循環ケア



 
 12-1月号

関連図でわかりやすい!
循環器・呼吸器疾患のアセスメント&ケア
患者情報を上手に掘り下げて看護支援へつなげよう

病態生理、治療、症状の経過、アセスメントの視点、
実施すべきケアを関連図に沿ってわかりやすく解説。先を見据えた看護展開や
アセスメント視点が間違っていないかを振り返りながら理解できる

 
 19年2-3月号

ショックを基礎から紐解こう
早期に察知、病態把握、適切なケアで回避や早期改善につなげる

 ●ショックのはじめの一歩と起きたらまずはどう動くか 
 ●循環血液量減少性ショック ●心原性ショック 
 ●心外閉塞・拘束性ショック ●血液分布異常性ショック


現場発!心臓リハビリテーションの工夫と実践

 ●心リハを受ける患者の疾病教育の理解度をクイズ形式で評価する
 ●心リハ記録シートを活用した情報共有と質向上
 ●病棟看護師が行う休日の心臓リハビリテーションの進め方
 ●患者のQOLを軸とした心リハと循環器緩和ケアの両立と融合
 ●心不全看護サマリーを活用した退院時の情報共有
 ●多職種で行う心リハにおける医療安全管理の進め方



 
 19年4-5月号

急性期現場の「倫理的問題」相談所
こんな時どうする?カンファレンス・事例検討場面で
倫理的感受性を根づかせる

 ●急性期現場の看護倫理って? ●現場で倫理的問題を考えるためにはどうするべき?
 ●現場から寄せられたお悩み解決! 具体的な事例から倫理的問題を検討しよう
  代理意思決定をめぐる対立、治療中止・治療の差し控え、
  治療方法の選択・代替医療、急な決断の意思決定支援、移植 ほか


がん+心疾患のメカニズムと
看護ケアへの生かし方

 ●腫瘍循環器とは ●心毒性の分類と抗がん剤の種類
 ●心不全をきたすがん治療 ●血管新生阻害薬に関連する心毒性
 ●がん関連血栓症 ●免疫療法と心毒性


 
 19年6-7月号

苦手克服!「心臓と脳」の密接な
関係がわかる基礎講座


呼吸器・循環器・脳疾患患者の
危機を回避する災害対応

※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

 



◆バックナンバーはこちら





★この商品の内容に関するお問い合わせは札幌デスク
 お急ぎの場合は、TEL(011)272-1821におかけください。
 
※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。




お申し込みの際は下記のボタンをクリックしてください 。
お客様情報入力画面に進みます。


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671