ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 急変ABCD+呼吸・循環ケア > 今後の特集予定



特集ラインナップ

2017年
8・9月号

 

【WEB連動】
画像の基本,正常・異常の理解と
看護への生かし方

 【画像を交えて学ぶ】胸部X線の見方
   滋賀医科大学 呼吸器内科 講師 長尾大志

 【動画を交えて学ぶ】冠動脈CTの基本的な見方
  〜動脈硬化性プラークを診よう! 
   医療法人社団 誠馨会 新東京病院 放射線科 副技師長
   診療放射線技師 中山一夫

 【動画を交えて学ぶ】心エコー検査の基本と画像の見方
   独立行政法人国立病院機構 北海道医療センター 臨床検査科
   生理学主任/臨床検査技師 鮫川正美

※「呼吸音・心音」は,都合により掲載できなくなりました。ご了承ください。


呼吸器疾患(COPDなど)
終末期の緩和ケア・意思決定支援

 終末期の呼吸器疾患患者に必要な緩和ケアのポイント
   北海道医療大学病院 看護師長/慢性疾患看護専門看護師 長谷佳子

 ●事例で学ぶ! 終末期の緩和ケアと意思決定支援
   KKR札幌医療センター 呼吸器内科 医長 福家 聡


看護師が知っておくべき!
合併する病態や疾患を考慮した「臨床栄養管理」

 栄養評価の基本を知ろう

 慢性閉塞性肺疾患(COPD)編

 心不全編
   オフィスJ-Kawamura 管理栄養士
   前・函館五稜郭病院 医療部 栄養科長 川村順子

特別企画
 ●薬剤管理シートを活用した多剤投与時の配合変化回避への取り組み
   昭和大学江東豊洲病院 ICU・CCU
   集中ケア認定看護師 武田かおり ほか

※2017年8・9月号の目次はこちら


2017年
10・11月号

 

何を報告し、どう動く? 情報を看護にどう生かす?
不整脈と疾患・病態の結びつきを学ぼう

急性心筋梗塞、弁膜疾患などの疾患・病態と波形の変化、危険な予兆、看護師に必要な判断・報告・対応のポイントなどを具体的に解説します。


こんな疾患・病態の時にどうする?
やさしくわかる輸液管理の根拠

基礎知識から心不全・敗血症などの病態別の輸液管理について、臨床現場で見逃してはいけない必須項目、アセスメントと状況に応じた対処、押さえておくべきケアのポイントなどを解説します。


2017年
12・1月号

 

危険な訴え・変化を逃さない! 安静時、体動時の苦痛を減らす!
心不全患者の身体症状マネジメント

終末期に出現する呼吸困難、疼痛、倦怠感、抑うつ、せん妄などの苦痛症状を適切にアセスメントし、どう看護介入するかをエキスパートが解説します


心臓カテーテルを少し深く考えてみよう
薬、医師の指示の意味、ケアのこと

現場からのリクエストが多い心カテ看護について、基礎知識ではなく、
教科書にはあまり載っていないけど大事な知識や実践を、掘り下げて解説します。


2018年
2・3月号

 

これだけは押さえておこう! 知らないと危険な
心疾患患者に使用する薬剤知識

心疾患に対する薬剤は幅広く、日々進歩していくので、アップデートが求められます。
現場で遭遇することの多い薬剤の特徴や注意点を疾患や病態の治療と関連づけて解説します。


2018年
4・5月号

 

図解解説! やり直し
呼吸器・循環器の解剖生理と呼吸循環のなぜ?


※内容は、事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 


◆バックナンバーはこちら

 

前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671