ホーム > 情報誌 >隔月刊誌 急変ABCD+呼吸・循環ケア
 
商品番号【12・1月号】2471200
商品番号【2・3月号】2480200
商品番号【4・5月号】2480400
隔月刊誌 主任看護師 管理・教育・業務
隔月刊誌 急変ABCD+呼吸・循環ケア


慢性心不全の苦痛・不安の効果的な緩和と症状マネジメント(2-3月号)
 国立循環器病研究センターを中心としたエキスパートの実践!

疾患・病態で異なる心疾患薬物療法の最新情報とアプローチ(2-3月号)
 榊原記念病院の医師が教える最新の実践!

心臓と脳の大事な関連性!合併した患者の適切なケア(4-5月号)
 愛知医科大学病院を中心としたエキスパートの実践

隔月刊誌 主任看護師 管理・教育・業務

 12-1月号 掲載の実践・工夫を紹介

姫路循環器病センター 身体症状マネジメントの基本は症状評価
三菱京都病院 呼吸困難は薬物だけでなく非薬物療法も有効
国立循環器病研究センター 疼痛は痛みの性質をまず評価
久留米大学心不全支援チーム 耐え難い倦怠感にはPSTも検討 
神戸百年記念病院 抑うつには原疾患、合併症の管理と環境整備
姫路循環器病センター せん妄は薬物の副作用に注意
東海大学医学部附属八王子病院  緊急カテを短時間で、効率よく準備する方法
東海大学医学部附属病院 IVUSで回避できる合併症とその画像の見方
はくほう会セントラル病院 カテ室で使う薬のこれだけは覚えておこう
青森県立中央病院 患者、家族が抱える不安と看護師としてのかかわり
東大和病院 見落としがちなカテ室の医療安全と実践に使える工夫

 2-3月号 掲載の実践・工夫を紹介

防衛医科大学校病院 病態を評価し治療ターゲットを絞る
榊原記念病院 循環器内科 予後改善と症状改善の視点でアプローチ
榊原記念病院 循環器内科 病態ごとに異なる緊急度に合わせて判断
榊原記念病院 循環器内科 降圧薬の正しい選択と併用 
榊原記念病院 循環器内科 心腎連関を踏まえた薬剤の特徴と管理
砂川市立病院 成人学習へ移行する新人への体験型研修
札幌医科大学附属病院  中堅看護師のニーズと組織分析でプログラム
手稲渓仁会病院 リーダーには経験から学ぶ力をつける場づくり
旭川医科大学病院 リフレクションで思考の言語化とケアへの活用
市立札幌病院 インストラクショナルデザインでの後輩への関わり
大阪市立総合医療センター 心停止からROSC後の急変を見逃さない!

 4-5月号 掲載の実践・工夫を紹介

愛知医科大学病院 心臓と脳の関連をしっかり理解
愛知医科大学病院 心疾患患者が抱える脳血管疾患へのケア
名古屋医療センター 訴え、症状から異常なサインの察知とケアの事例
順天堂大学医学部附属静岡病院 五感を使い、少ない情報、短時間での判断事例 
名古屋掖済会病院 日常のデータ・状態からみる病棟での急変対応
済生会熊本病院 不可欠なモードの基礎+最新知識でモニタ解読
済生会熊本病院 VCV・PCVを中心に波形を見抜く
済生会熊本病院 圧波形・フロー波形・Volume波形を応用する
済生会熊本病院 病態に応じてどう変わる?波形のチェックポイント
済生会熊本病院 波形から換気のサインを読み取ろう
東北大学 心不全+他疾患・病態への心臓リハの実践
昭和大学病院 難しい言葉、式を使わずに酸塩基平衡を学ぶ




読者の声
医師だけでなく、看護師が疾患・病態などを解説している記事が、
 体験談に基づいている感じで好きですよ
                    (購読5年目 副主任)

情報が新しく、変わっていくエビデンスなど含めて書かれているので勉強になります
                    (購読3年目 慢性心不全看護認定看護師)

呼吸と循環を関連づけたアセスメントや、新人に教えてあげられる
 ヒントなども多く役に立っています
                    (購読2年目 集中ケア認定看護師)

院内教育に活用する上で、病棟で使える内容が多いというのがよいと思っています
                    (購読3年目 看護師長)

基礎から書いてあるので、新人教育の参考にしやすいです。術後の急変や
 どういう経過をたどって退院へつながるのかなども記載されているので活用できます。
                    (購読4年目)

基礎の振り返りや、研修にもあまり行けないので最新情報を知るために活用しています。
                    (購読3年目)


 

★この商品の内容に関するお問い合わせは札幌デスク お急ぎの場合は、TEL(011)272-1821におかけください。  
 ※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは、お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。


 


前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671