Q&Aでやさしく学ぶ
デイ稼働率オーバー90
マーケティング
ケアマネがどんどん紹介してくれるマーケティングの仕組みづくり

デイサービス経営は経営者を迷わせます。お客様は利用者だけであるはずです。しかし、利用者のことだけを考えていては、経営が成り立たないという錯覚に陥るのです。
 国の施策を把握しておかないと、経営が成り立たない可能性があります。ケアマネジャーから評価されないと、利用者が集まらない可能性があります。スタッフを採用できないと、サービスを提供できない可能性があります………

続きを読む

2017年度版
ケアマネ知恵袋
社会資源・制度活用
上手なつなげ方
利用者を救う
現場発の知識と知恵!

お仕事お疲れさまです。介護に直面した利用者や家族の,介護生活にかかる良きアドバイザーであり,各種介護サービスなど社会資源のトータルコーディネーターでもあるケアマネジャーとして,日々ご活躍のことと思います。
 本書は,日ごろのケアマネジメントに生かせるさまざまな社会資源の中から,制度(法律)を中心にまとめてみました………

続きを読む

 

食べられるようになる
スプーンテクニック
知識が無ければ観察はできない、観察ができなければ適切なケアはできない

 私は,重度の認知症のある方でも食事場面に介入するだけで,より安全に,より円滑に,よりきれいに,より速く食べられるようになったという体験をたくさんしました。今回,その体験と考え方を1人でも多くの方に届ける機会をいただけたことをとてもうれしく思っています。「認知症のある方の食べ方が下手なのは病気のせい」………

続きを読む

認知症利用者・
中重度利用者
生活機能訓練
ケア場面別の留意点と工夫

私は理学療法士として,地域リハビリテーション活動を行ってきました。在宅や介護現場で高齢者の身体機能に合った介助法の提案,機能訓練を実施したり,環境設定を考えるといった活動です。そういった活動の中で,昨今,胃ろうやウロバッグ(蓄尿バッグ)といった経管処置をされているような医療依存度の高い重症の人や,認知症を患った人が在宅で生活するケースが急激に増えたと実感しています。

続きを読む

 

地域包括ケア時代の
施設ケアプラン
記載事例集
我流ではなく、適切な
ケアプラン立案を事例で学ぶ

介護保険制度の開始と共に在宅のケア現場にケアマネジメントの手法が導入され,チームケアの連携シートとしてケアプランが活用されるようになりました。しかし,それから10年を経過しても,施設でケアプランが十分に活用されるようにはなりませんでした。「なぜ施設では十分に活用されないのか」。この現状に一石を投じたのが前著『施設ケアプラン記載事例集』です………

続きを読む

地域貢献事業
40の実践例
企画・準備・
運営メソッド
地域ニーズの特性に合わせた公益的な取り組みを!

社会福祉法人は社会福祉事業を主たる事業とする非営利法人です。一方で,公的制度や市場原理では対応が難しい地域のニーズや個人のニーズに取り組む「公益的な活動」が求められています。
 このたび社会福祉法の改正により,社会福祉法人に「地域貢献事業(活動)」が義務づけられました。この事業は社会福祉法人が地域の「福祉拠点」となるだけでなく………

続きを読む

 

混合介護
導入・運営 実践事例集
新制度・新時代の追い風を活かした事業展開の具体策!

社会保障制度改革によって,介護保険制度を維持するための重点化,効率化が進みます。軽度者や専門性の低いサービスは介護保険制度から外され,介護保険サービスが提供できる領域は整理され,縮小していきます。団塊の世代へと利用者の世代交代が進む中で,介護サービスのニーズが複雑に多様化します。その環境変化の
中で,介護保険と介護保険外の2つのサービスを併せて提供する混合介護が………

続きを読む

居宅ケアプランと
連動した訪問介護計画
監査・実地指導で
突っ込まれない指針・見本

本書は,介護保険制度下の訪問介護サービスの事業所に従事する,サービス提供責任者の皆さんがお読みになり,これまでの業務を振り返り,今日から明日から改めて,管理者やホームヘルパーと協働で,利用者を担当するケアマネジャーと連携しながら,本質的・法律的に,利用者一人ひとりのニーズに応じた適確なサービスを提供していただくための,具体的・実務的なポイントを押さえています。

続きを読む

 

生活困窮者の
支援方法と連携の仕方
介護保険以外の制度を理解!生活困窮者を支えるサービスを解説。

本書を手にしていただいた皆様の多くは,医療または福祉に関する何らかの専門資格を有して福祉に従事していらっしゃると思います。皆様の多くが,困難事例に接して困った経験をお持ちではないでしょうか。
 困難事例は,複数の要因が複雑に絡み合って事例を困難化しており,その対応は毎回同じものでは通用しません。しかも,対応にあたる時間的余裕もない場合がほとんどです。

続きを読む
 

   

 


 


日総研グループ Copyright (C) 2016 nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671