ホーム >特別企画

特別企画


目標管理で質を高める仕組み・教育の実践例

春号特集

看護の質向上・
スタッフモチベーションUPにつなげる

外来独自の目標管理

●パートスタッフの目標管理のあり方と面接の進め方
●コンピテンシーを目標管理に活用した
 パート看護師の人材育成・支援
●病棟−外来一元化の病院における
 外来看護の目標管理と面接の進め方 ほか

 
春号特集

手術・治療を受ける患者への看護支援

●ERASプロトコールを使用した術前説明のメリット
●術後呼吸器合併症の予防は術前外来から
●術前からの口腔ケア・オーラルマネジメントはとても重要 ほか

 
夏号特集

専門性を発揮する!
外来におけるチームアプローチと
看護の役割

外来で高度な医療処置を行うことが多くなった今、専門性を発揮しつつ、チームとして連携・補完し合い、患者の状況に的確に対応した医療を提供することが求められます。外来におけるチーム医療とその中での看護の役割を考えます。

 
など現場での取り組みを紹介!  
 

特集予定をみる 連載予定をみる




地域包括ケアに効く!入退院支援と連携の実践事例

3-4月号特集

最適なタイミングで最適な支援を実現!
入退院支援プロセスの最適化

「入院早期からの退院支援」や「外来受診時からの退院支援」など、 患者の入院前から退院後までの支援のプロセスには、さらなる検討の余地があります。入退院支援プロセスをどう改善していくか、その具体策を提示します。

 
5-6月号特集

地域包括ケア病棟新事情
地域ニーズに合った入退院支援と
前方・後方・院内連携

地域包括ケア病棟は、地域の状況に応じて3つの受け入れ経路から患者を受け入れ、4つの機能を発揮することが期待されています。地域の医療ニーズに合致した入退院支援、前方連携、後方連携と院内連携についてお伝えします。

 
3-4月号から新連載

連携室・外来・PFM・病棟・認定・
訪問看護師などから見た視点

看看連携で進める入退院支援

 
など現場での取り組みを紹介! 
 

特集を見る 連載を予定をみる



安心して働ける現場作りと、その活用の仕方が分かる

4-5月号特集

どこまで引き受ける? どう仕分けする?
医療安全管理者の「なんでも屋」問題
多くの医療安全管理者が口にする「医療安全は“なんでも屋”だから…」という言葉。そこには複雑な感情と思いが入り混じっています。関連分野ではあっても、本来は別な専門のセクションで担われて然るべき業務。「病院/職員を守る」ことではあっても「医療事故防止」に直接該当しない業務。院内に明確な担当部署・担当者が存在しない、雑多な業務。これらを、「職場の現実」の中で、どう扱うのか。経験者たちの軌跡に学びます。

 
6-7月号特集

迷える“新任”医療安全管理者さんのための
いまさら聞けない!?
医療安全の基礎知識

●《座談会》何で困った? どう解決した?
 医療安全管理者、初心者時代の悩み
●マスコミが知らない専門家の視点 過去の医療事故からの教訓
●知ってる、けど、「説明して」と言われたら…
 よくわかる 医療安全の「理論」「用語」 ほか

 
4-5月号から新連載
医療安全管理者のための
アンガーマネジメント
 
など現場での取り組みを紹介!  
 

特集予定をみる 連載予定をみる





 





日総研グループ Copyright (C) 2003-2010 nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671