ホーム >特別企画

特別企画


地域の信頼を得る事業推進と人材マネジメントの要点をつかむ!

3-4月特集

介護スタッフの学習意欲を高める!
OJT/集合研修の組み立て方と
指導テクニック

介護現場では、幅広い年代、多様な経験を持つ介護スタッフが働いています。介護知識やスキルの維持、向上に対するモチベーションも様々であり、その指導に悩むことも多いのではないでしょうか。本特集では、「学習意欲を高める」をキーワードに、OJTや集合研修における教育アプローチについて考えていきます。

 
購読者特典WEBダウンロード

スタッフのキャリアアップ!
研修教材・マニュアル

そのまま使える&カスタマイズ自由!

施設内研修の企画、運営が楽になる!

 
5-6月特集

態度/表情/言葉遣いがグンと良くなる!
介護スタッフの「接遇・マナー」
スキル向上大作戦!

介護に「サービス」の要素が求められるようになった今、「接遇・マナー」の重要性は高まっています。介護スタッフの接遇・マナースキルを底上げし、「いつでも」「どこでも」「誰でも」実践できるようになるための具体策を紹介します。

 
9-10月特集

待遇? 方針? 人間関係?
介護スタッフが辞めない
職場づくりの好事例

今後さらに増加するであろう介護需要に対して、介護事業ではより一層の人材確保が必要となることでしょう。また、さまざまな加算取得においても人員要件があり、人材の有無は介護事業の方向性を左右する要因にもなります。本特集では、「介護スタッフが辞めない」をテーマに、先進施設の成功例からその工夫とアイディアを紹介します。

  
など現場での取り組みを紹介!  
 

特集予定をみる 連載予定をみる




今までと同じやり方では、もう生き残れない!
地域の中で存続するために打つべき次の一手が分かる!

5-6月特集

人的資源の確保と労働環境を整備
成功するマンパワー強化策と
人材不足対策

介護業界は「人材の募集をしても応募が少なく採用率がなかなか上がらない」といった悲鳴が止みません。そこで、今いる人材の離職を少しでも防ぎ、別の切り口からマンパワーの確保を試みてはいかがでしょうか? そんな取り組みに成功した事業所を紹介していきます。

 
7-8月特集

管理者・リーダーとして問われる姿勢
業務・スタッフ教育の
場面で生かす「伝え方」の技術

指示・指導したことがスタッフに伝わらないなど、理解してもらうところでつまずくと指導の効果が見込めません。そのため「伝え方」がいかに重要であるかがわかります。では、スタッフに理解を得るためどう伝えたらよいのでしょうか。管理者およびリーダーとしてスタッフに「伝える」テクニックについて考えていきます。

 
11-12月号特集

その予兆…管理者として気づいていますか?
スタッフに退職の引き金を
引かせない対応策

 

など現場での取り組みを紹介!  
 

特集予定をみる 連載予定をみる



「失敗事例」「成功事例」2つの視点でケアを改善!

春号特集

虐待・不適切ケアの予防と
スタッフへの徹底のしかた

介護施設におけるスタッフによる虐待は、厚生労働省の調査によると年間で300件に上るそうです。施設における虐待や不適切ケアを防ぐための、スタッフ教育や現場での指導方法について事例を交え解説します。

 
好評連載中

マクドナルドの成功・失敗に学ぶ!
介護現場の人づくり

一定レベルの人材に育てられるマクドナルドの人材育成マニュアルや研修プログラムを紹介。マクドナルドの凋落についても解説し、同じ失敗をしないための方策を伝授します。

 
好評連載中

介護現場で活かす
ディズニーランドの人材育成

ディズニーのスタッフ育成ノウハウを介護現場に落とし込む

 
など現場での取り組みを紹介!  
 

特集予定をみる 連載予定をみる

ヘルパー定着と利益確保の両立を実現する!

5-6月特集

実地指導で慌てない!
「知らなかった」では通用しない
法令・通知 かみ砕き講座

居宅ケアマネジャー同様、サービス提供責任者や管理者もさまざまな法令・通知を適切に解釈しなければなりません。押さえておかなければならない法令・通知を取り上げ、かみ砕いて解説します。また、実地指導で問われるポイントについても触れていきます。

 
7-8月特集

利用者もヘルパーも安心・安全な
三大介護のポイントと教え方

1対1でサービスを行う訪問介護は、ケアの進め方が我流になりがちです。正しい介護技術を身につけることは、利用者だけでなくホームヘルパーの安心・安全にもつながります。食事・入浴・排泄の場面別に、適切な介助のポイントとホームヘルパーへの教え方について解説します。

 
9-10月特集

「対人スキル」に自信が持てる!
サ責のためのコミュニケーション術

利用者・家族、ヘルパー、ケアマネ。対人援助のプロであるサービス提供責任者は、実にさまざまな人と日々コミュニケーションを取る必要があります。しかしコミュニケーションについて学ぶ機会は多くなく、対人スキルに自信が無い方も少なくないのではないでしょうか。サービス提供責任者のコミュニケーション術について考えていきます。

 
など現場での取り組みを紹介!  
 

特集予定をみる 連載予定をみる





 





日総研グループ Copyright (C) 2003-2010 nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671